最近の記事

2018年10月22日

2018年J2第38節 横浜FC-大宮アルディージャ「傷つきながらも」

後半、相手選手との競り合いの中で、藤井が足を負傷し担架で運ばれていく。大宮サポーターも声を失う。彼らは藤井の前所属チームのサポーターであって、心配する気持ちはその他のチームと比べても大きいだろう。それが深刻さを物語る。この負傷が最も痛いのは横浜だ。ジョン・チュングンが出場機会を求めて移籍をした時に活躍していたぺスンジンを9月から負傷で欠き、左サイドバックもセンターバックもそしてボランチまでもこなせる田所も負傷で今季は絶望。さらに横浜は、右サイドバックもセンターバックも出来る藤井を負傷で今後欠場を余儀なくされるだろう。

ボロボロである。ボロボロであるが、私たちはここで立ち止まれない。田所をJ1でプレーさせようと誓ったのと同じく、ここまで連れてきてくれた選手達の負傷も乗り越えていかなければならない。ゲームに出られない彼らの悔しさの欠片をサポーターはそれぞれ手にして進んでいくことになる。

ゲームは、J1昇格プレーオフ圏内のチーム同士の拮抗した戦いとなった。横浜としては、本当に怖いのはシモビッチではなく、マテウス。実際シモビッチに収まったボールをしっかりプレスバックして奪い取る事が出来ていた。マテウスの速い縦へのボール運び、そしてゴールへの姿勢にはヒヤヒヤさせられたが、スピードダウンさせた後は大きなチャンスを許していない。
前回の対戦では、開始早々マテウスにゴールを許し、サイドも好き放題に突破されていたが、シモビッチが入った事で全体的に切り裂く様な攻撃ではなく、シモビッチの高さを使いつつ全体を押し上げていく中でゴールを狙う戦いになった事で大前の流れの中での決定力も生きず、横浜としては助かったと思っている。




それでも、横浜は先制点を許してしまう。後半7分、まだ集中しきれていないこの時間帯のコーナーキックを大宮・河本に合わせられて失点。ホームで大宮に勝利したのことの無い横浜には重い1点となりかけた。「またか」きっと多くの横浜サポーターはそう思ったに違いない。ただ、失点してからの横浜は非常に良い流れを生み出していた。
左サイドの永田、野村、そこにキャラが絡み、大宮のブロックを切り崩しにかかる。大宮は先制点を挙げたが、それ以上前に出てこない。前半見られた様な前半からのプレスは下がり、ブロックを作って横浜をかわそうとした。ただ、それは昇格したいという気持ちには感じられなかった。横浜は最初のアタックこそ大宮のゴール前での密集で佐藤謙介がイエローカードをもらう結果にはなったが、左サイドからの攻撃は有効だった。選手各々がSNSだったり、メディアで語るように昇格したいという思いを前に出して大宮ゴールに迫った。




そして生まれた同点ゴールは後半31分。左からのボールのこぼれ球を北爪は一度相手に当ててしまうものの、そのこぼれ球を強く振り抜き大宮ゴールに突き刺さった。大宮としては、シモビッチを下げて富山を入れて前線からプレスをかけつつ裏に走る選手を入れる事で、横浜の低い位置からのボールをけん制する意味があったが、横浜としてはそれに屈せずボールを動かして相手ゴールに迫れた事がゴールへの遠因となった。

もう一つは、この日の主審がどちらのチームに対しても不幸だった事。そのおかげで、大宮はペナルティエリア付近でのファウルになりそうな接触は極力避けていた部分もあり、密集戦を厭わない横浜のゴールへの執念が実った一撃でもあった。



その後、スペースも出来てオープンな戦いになったが、両チームともゴールは奪えず1-1の引き分けでゲームは終了。これで横浜は勝ち点1を得たが、7位東京ヴェルディが勝利したため逆転で7位となってしまった。ただ、上位では松本も福岡も引き分け、町田が敗戦となった事で首位松本まで勝ち点差6差の中で7チームがひしめく大混戦は変わらない。

そしてこのゲームでは、大黒柱のイバがイエローカードをもらった事で累積により2試合の出場停止が確定。後ろはけが人、前線は累積で選手がいない。それでも横浜は勝たなくてはならない。残り4試合。泣いても笑っても、この4試合で2019年の立ち位置、もっと言えば人生が決まる。傷つき倒れたものがいても、私たちはその気持ちを継いで前に進む。苦しいのは知ってる。追い上げるのが大変なのも知っている。結果昇格できないかもしれないのも知っている。リーグ最終盤、選手のみならずサポーターも疲弊している。それでも挑戦せず後悔したくない。まだ横浜は死なない。

posted by おかき at 17:37| Comment(2) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今までの横浜であれば、あの失点からズルズルと行ってしまったはず。
そうならないのが今の強みだし、完全にひっくり返すことができないのが弱み。

昇格できてもできなくても、このメンバーで戦えるのはあと4試合+α
この時期に昇格の夢を持って試合に臨めるのはとても幸せなこと、でもまだ何も得ていません。
横浜に関わる全ての人と共に戦い、勝ち取りましょう!!
Posted by northflight at 2018年10月22日 23:41
まだ何も決まってないですし、下を向いたら負け。

上を見て戦い、最後は横浜が勝ち取ります!

>northflightさん
>
>今までの横浜であれば、あの失点からズルズルと行ってしまったはず。
>そうならないのが今の強みだし、完全にひっくり返すことができないのが弱み。
>
>昇格できてもできなくても、このメンバーで戦えるのはあと4試合+α
>この時期に昇格の夢を持って試合に臨めるのはとても幸せなこと、でもまだ何も得ていません。
>横浜に関わる全ての人と共に戦い、勝ち取りましょう!!
>
Posted by おかき at 2018年10月23日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]