最近の記事

2018年10月30日

2018年J2第39節 徳島ヴォルティス-横浜FC「俺たちの夢はアワに消えない」

ポカリスエットスタジアムの北側に城の天守閣があったのをご存知だろうか。あれは撫養城(むやじょう)という城の天主である。試合前、私はあの城にいた。試合前に見ていたのは、鳴門の渦潮。高いところなので風は強くて気持ちいいが、渦潮の最後の波に足を掬われてはいけない。阿波で夢を散らせていけない。7位から昇格圏内に進むには、ライバル達が倒れる事を祈りながら、私たちは前に進まなければならない。そう思いながら、あの城を出てスタジアムに向かった。



序盤からゲームは、今シーズン一番退屈なものになりかける。横浜はイバが警告の累積で出場停止で1トップには戸島。それでもイバと比べると1トップとしての迫力には欠ける反面、運動量で徳島にプレスをかけ続けることが出来た。徳島はサイドからの攻撃が狙いのようだが、横浜がブロックを作るとディフェンスラインにまで下げてしまいゲームメイクはほぼできない。相手に持たせた。徳島は裏へのボールも単調でコントロールできず横浜としては非常に守備しやすいゲームで、ロドリゲス監督が「われわれのチームスタイルやアイデンティティーは示せた試合だった」と語っているのだが、にわかに信じがたい内容だった。



横浜もイバが不在で前線でボールが収まらず、タヴァレス監督が言う様に横に横にスライドしている展開で、そこからクロス、戻してシュートなどを放つも精度が低くゴールの匂いどころか、チャンスを迎えた高揚感も感じ取れずにいた。縦にボールを付けられない徳島、クロスが明後日の横浜。どちらが先に動くか。それがこのゲームの興味だった。

横浜はメネゲウがハーフタイムにシンガードを持って移動。結局ハーフタイムに交代はなかったが、それを付けてベンチに戻って来たので彼の投入は予感があった。先に動いたのは横浜。昇格する、勝ちに行くという姿勢ははっきりしていた。問題はメネゲウがどこまでパフォーマンスを見せられるか。
水戸戦はコンビネーションも何もなく45分間フィールドをフワフワしていただけだったが、この試合ではコンディションが整ってきた。レアンドロ・ドミンゲスとの関係も良くなり、縦パスを出す佐藤、受けるレアンドロ、そして散らすメネゲウと役割が分担されていた。タヴァレス監督が言う様に、ラインブレイクを狙っているのは明らか。それが実現するかどうかが鍵。



横浜にアクシデントが発生したのは、後半21分。野村が負傷退場。その前のプレーで後ろからタックルを受けたのが影響したのか。前にボールを運べる選手を奪われると苦しいが、代わって入った瀬沼は直線的に突破を狙い徳島守備陣を脅かす。

ゴールが生まれたのは、後半34分。メネゲウが大きく左サイドに展開したボールを、レアンドロ・ドミンゲスがクロス。ここに戸島が合わせて横浜が先制。決定機の少ないゲームにおいて、ピンポイントで合わせてゲームを動かした。



徳島は、失点前にウタカを入れ、失点直後に杉本竜を入れてサイドに起用して縦にボールを動かす。最後は佐藤を入れてロングボールを狙っていく。徳島・バラルのシュートもポストに嫌われてしまい、横浜は肝を冷やす。

最後は永田を負傷交代で失うも武田英二郎が左サイドバックに入って横浜はゲームを終わらせた。0-1の勝利で4位浮上。愛媛・小池、京都・カイオといった元横浜の選手たちの援護射撃は、横浜にとっては濡れ手にアワ。



残り3試合で4位でもまだわからない。決まったのは今期7位以上というだけ。7番目なら、20番目と何ら変わりないのだ。阿波では夢は終わらせない。泡の様に消えさせない。アワてるな。俺たちはまだ何も手にしていない。
posted by おかき at 20:55| Comment(2) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
ラスト3節、最高のフィニッシュを迎えたいですね。
全員で攻めて全員で守って全員で声出して、J1に戻りましょう!
Be Brave!!
Posted by northflight at 2018年11月03日 09:17
大分戦、最高の結果でしたね!

残り2戦まず横浜はきっちりやる事をやりましょう!

>northflightさん
>
>いつもありがとうございます。
>ラスト3節、最高のフィニッシュを迎えたいですね。
>全員で攻めて全員で守って全員で声出して、J1に戻りましょう!
>Be Brave!!
Posted by おかき at 2018年11月05日 12:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]