最近の記事

2018年11月11日

2018年J2第41節 横浜FC-ファジアーノ岡山「俺らって何か手にしたっけ?」

ある人がこう言った「あと一つだ!」と。最終節の甲府戦に勝利すれば、自動昇格の可能性は残してはいるのだが、それは他の3チームの動向次第でしかなく、生殺与奪の権利は横浜にない。勝ち点を少しでも高めて、上位の他のチームにプレッシャーを掛けるしか横浜には手段がない。この観戦記を書いている今でも3位。翌日に試合を行う松本、町田の結果次第ではまたしても4位になることもある。それは最終節も同じ。あと1つどころか、昇格プレーオフを含めたら最大残り4つである。

その残り4つか1つかの可能性を高めていく上で勝利することが横浜の絶対条件である。少なくともこの第41節に勝利すれば、他のチームの状況に関係なく昇格プレーオフ圏内は確定する。前節大分に勝利して、横浜界隈はこの試合へのテンションが高かった。この試合の布陣も、出場停止明けのイバや野村を戻すのではなく、前節で大分に勝利したメンバーが優先されて起用された。また控えにDF登録の選手を置かず、とにかく勝ちに行くという気持ちがあった。



ちょうど1年前の2017シーズンの41節の相手も奇しくも岡山だった。そこで後半アディショナルタイムに同点ゴールを許して、横浜の昇格への夢は潰えた。中里はへたり込み、佐藤謙介は人目をはばからず涙をこぼした。残酷なれどそれが現実。あれから1年横浜は岡山相手にどう立ち向かえるか。それはサポーターも選手も抱いていただろう。

その思いが早々に形になる。岡山DFのクリアボールを1トラップして振りぬいたレアンドロ・ドミンゲスのミドルシュートが岡山ゴールを捉えて先制。1万人を超える観衆の中で戦う緊張感とは無縁の経験豊富な男の一撃が横浜に落ち着きをもたらす。前半はこのゴールから横浜に流れが傾き、岡山はハーフウェイから裏へのロングボールばかりで横浜としては、失点する気配はまるでなかった。




攻撃面では相手のボールを奪ってから特に左サイドでポイントを多く作ることは出来たが、余裕からなのか崩し切るという形にすることができないままで、相手を押し込みながらも追加点が奪えないままゲームは前半を終えた。

後半、横浜に追加点が入る。永田からオーバーラップしたカルフィン・ヨン・ア・ピンにボールが渡るとクロスを上げ、中央で戸島が潰れたが裏に走りこんだレアンドロ・ドミンゲスがまたしても岡山ゴールにシュートを決めて2点目。
横浜としては昨年の悪夢を振り払うのに大きなリードとなった。

ところが、ここから残念なゲームになる。試合勘を戻す意味も含めてイバを入れたのが影響したのか、チーム全体が下がり気味になり、運動量も落ちてしまう。これから昇格を目指すんだというチームとは思えないほど、相手に侵入を許す。そして後半30分、岡山に失点。瀬沼が突破されてクロスを許し、その跳ね返りを拾われてミドルシュートされる。これはブロックしたが、こぼれたところにいた岡山・大竹にシュートを決められる。
これもあって瀬沼の運動量が落ちているから交代すると思っていたが、北爪を下げて渡邊を投入。ポジションとして、北爪が本来ケアすべきところを瀬沼がカバーした点が、北爪に運動量がないとタヴァレス監督は判断したのだろう。



1点差。昨年の悪夢が頭をよぎる。勝てば可能性をつなげたゲームでの引き分け。岡山は得点して勢いが出てくる。後半45分、与えてしまったコーナーキック。上がったボールにフリーで先に反応したのは岡山・増田だった。ボールはゴールマウスを捉える。サポーターが「やられた」と反応するより速く、GK南の右腕が反応しボールを弾き出した。



昨年と同じようなゴール前の混戦での決定機を脱したことで、横浜に余裕が生まれた。そしてアディショナルタイム4分が経過してタイムアップ。横浜は2-1で勝利して、昇格プレーオフ以上の権利が確定した。昨年と同じ轍は踏まない。踏まずに済んだという方が正しいか。南の右腕が今シーズンの横浜の全てを救ったと言っても過言ではない。



裏を返すと、昇格を目指すチームがその状況を招いてしまったのは大きな問題で、2点差になって余裕を見せすぎてしまった。チーム全体がレアンドロ・ドミンゲスに3点目を取らせようとおぜん立てをしてみたり、シンプルに仕掛けてよいところに、工夫をかけてしまったり。そうそう、俺らって何か手にしたっけ?
昇格プレーオフはあくまで権利。その道だと最大3試合追加される可能性がある。その途中で敗れたら7位以下のチームと横一線で2019年を戦うことになる。あと1つという意識が強く、そこで燃え尽きてはダメだろう。立場を考えたら、あと1つならラッキー、あと4つなら全勝しかない。最大4つある仮定の上で、最終節勝利して他のチームの結果を待つ。強いチームなら4つ勝つ。あといくつあるか何て考えず、目の前の試合全て勝つ。その意識で臨む。
posted by おかき at 14:42| Comment(2) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仰せのとおり 
残り試合をすべて勝つ!
That's the Way! さすれば 道が拓く。

Posted by きみばんざい at 2018年11月11日 19:09
残り試合がいくつか関係なく、勝つ。横浜はそれだけですからね。

>きみばんざいさん
>
>仰せのとおり 
>残り試合をすべて勝つ!
>That's the Way! さすれば 道が拓く。
>
>
Posted by おかき at 2018年11月12日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]