最近の記事

2018年11月19日

2018年J2第42節 ヴァンフォーレ甲府-横浜FC「神亡き道に、光を放つ」

前半41分横浜に衝撃が走る。ここまで横浜の攻撃陣をけん引してきたレアンドロ・ドミンゲスが右足を負傷して交代を余儀なくされる。この前の岡山戦ではゴールを決め、その前の大分戦、徳島戦と横浜のゴールは全て彼の右足から生まれてきた。昇格戦線を戦う上で、彼の離脱は痛い。自動昇格どころか条件次第では優勝もありうるこのゲームは勝利が至上命題。そこに影を落とす、神の退場劇となってしまった。

後半横浜はゲームを立て直した。前半甲府にボールを持たせるのはよいが、奪った後の攻撃がスムーズではなく遅く、バックラインでボールを回すだけのサッカーになってしまった。バックラインでボールを回しているのはよいが、リズムが良くなかった。両チームがボールをもたされては展開ができないという全くゲームになっていなかった。これも独特の緊張感が選手たちを襲っているのだろうか。横浜はプレーオフ以上は確定している。負けても失うものはないのだが、勝利を欲すれば欲するほど選手たちは固くなっていた。



その身体をほぐしていったのは、サポーターだろう。アウェイゴール裏に退去して、選手を後押ししたがこの数は多分過去最大。昇格した2006年の終盤の柏戦でもここまでではなかった。イヤーエンドパーティでも「ホームでもあれくらい入ってくれたら」と言われてしまう密度の濃いゴール裏のサポーターの応援が横浜を後押してしていた。上に上がりたいという強い横浜のコールは人数に勝る甲府のコールに負けていなかった。



そしてレアンドロ・ドミンゲスの交代。流れが悪くなりそうな中で、後半はイバにボールを集める旧来の戦いに戻して横浜は流れをつかんだ。レアンドロ・ドミンゲスの代わりに野村が入り、イバの良き相棒として時には裏に顔を出し、時には3ボランチの前にファーストディフェンダーとして甲府をけん制して、横浜は次第に高い位置でボールを奪い始める。



最初に決定機を迎えたのは、甲府だった。甲府・道渕のクロスに飛び込んだのは小塚。きれいな形でヘディングシュートは枠を捉えていたが、GK南のビッグセーブでこれを凌ぐと横浜に決定機。左サイドを抜け出したイバのクロスに、2列目から飛び出してきた齋藤が触れてコースを変えるも甲府・GK岡のビッグセーブに遭いゴールにはならなかった。
が、後半25分イバが獲得したFKを蹴るのは永田。このボールは、甲府・GK岡に弾かれるがペナルティエリアの外にいた齋藤が滑り込みながら右足を振りぬくと一直線にゴールに突き刺さった。甲府キラーなのか、甲府戦2試合で2ゴール。この相性の良い齋藤のゴールで先制した横浜はここでイバを下げて渡邊を投入。



瀬沼を1トップにして後ろをけん制させながら中盤は激しくプレッシャーを掛けて何度もボールを奪う戦いを目指した。野村と瀬沼のコンビも相性が良く甲府のディフェンスラインから良い形でボールを出させなかった。甲府は松橋、山本を入れてバランスをとりつつ、サイドからの攻撃にこだわりを見せるも横浜の守備陣が跳ね返し続けた。上野監督のサッカーとは思えない程のロングボール、サイドからのクロス一辺倒でゲームになっていなかった。横浜は右サイドを攻略されかかるも、渡邊、北爪、川崎がしぶとく粘り強く対応し、甲府に形を作らせなかった。



相手コーナー付近で永田が時間稼ぎをする中でアディショナルタイム5分が経過して横浜は勝利を収めた。サポーターは各種速報サイトなどを見る。徳島のアディショナルタイムの勝ち越しゴールに期待をしたが実現せず。(徳島が1-0で勝利すると、勝ち点、得失点差で横浜と松本は並ぶが、総得点は横浜の方が多いので横浜が2位滑り込みとなっていた。)大分、町田とも引き分けた為、町田を上回ることは出来たが、大分を上回ることは出来ず3位でレギュラーシーズンを終えてJ1昇格プレーオフに進むことになった。
ただ、レアンドロ・ドミンゲスが抜けてもベンチメンバーが機能してこれをカバーして勝利。シーズン終盤にイバが出場停止で離脱した時も戸島、そして瀬沼がカバーして逆に新しい形を見せながら勝利できた。今度はレアンドロ・ドミンゲスの退場も齋藤のゴールで乗り越えた。横浜の神が去り、サッカーの神様は横浜に微笑まなかったが、その度に横浜は光を放つ。



J1昇格プレーオフも簡単な道ではないだろう。厳しい試練しか待っていない。それでもだ。横浜はこの光で一寸先は闇のトーナメントを切り裂く。本当の戦いはここからである。
posted by おかき at 00:16| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]