最近の記事

2019年11月18日

2019年J2第41節 ファジアーノ岡山-横浜FC「巡り合わせは、自分達で起こすもの」

きっと失点していたら批判は免れなかっただろう。それでもそのリスクを見越して、後半アディショナルタイムに田所を投入。田所自身が「本来だったら僕が入り込む余地はない」という状況の中でベンチメンバーとして下平監督は彼を連れてきた。サポーターもメンバー発表を見て、岡山に長年所属し今シーズン限りで引退を発表田所をこの試合だから連れてきたのだろうと感じ取った。彼に出番のある余裕のある展開になればいいと。そう願っていた。

ただ、ゲームはそんなに甘くはなかった。前半良い形で横浜はボールを持てるが、相手ゴールに迫るまでには至らない。長崎戦からコンビを組む佐藤と中村のコンビでポゼッションは支配し、大きく崩れることもないが、サイドの選手を落としながら構える岡山の守備に手を焼き、良い形で相手ゴールに迫る事ができないでいた。



前半24分、図らずもチャンスがやってきた。佐藤の大きなサイドチェンジは、岡山・廣木の足元にそのまま入ってしまったがトラップが大きくボールがこぼれてしまう。北爪はすかさず奪い取り敵陣深く侵入し、左で待ち構えていた松尾にパス。松尾は相手の逆を取り、右側に巻くようにしてボールを流し込んで横浜が先制。



自動昇格争いで大宮と同じ勝ち点で得失点差1差になった今節、横浜は是が非でも勝たないといけない。勝ち点6は至上命題。それは昇格プレーオフ圏内を目指す岡山も同じ。そこから先制点を許した岡山の反撃が始まる。横浜は後半岡山の攻勢に晒される。横浜は運動量が下がり、ボランチの両脇を使われ始める。これは前節の徳島戦と同じ傾向。ただ、その先の鋭さは徳島程感じない。
岡山の2枚の交代を見て、横浜も斉藤と田代を投入。ポゼッションを少し捨ててカウンター傾向を強くして、岡山を揺さぶろうとする。直前の中山のカウンターからのシュートを見て、この方向への移行を考えたか。それでも横浜の守勢は中々変わらず、ボールを懸命にはじき返す時間が続く。前線に中々ボールが収まらず、岡山の攻撃が続く。


両チームにとって、このゲームは自分達が上にいけるかどうかの権利がかかった試合。どちらも一歩も引けない戦いになった。後半44分には、岡山イ・ヨンジェにヘディングシュートを許すも、ポストに弾かれた。前半松尾の放ったシュートは、ポストに弾かれてゴールに吸い込まれ、今度は防がれた。ゴールポストの跳ね返りの巡り合わせは試合の命運を決定づけたか。

そして、田所が登場。左サイドハーフは横浜で殆ど経験のないポジションではあったが、長年いた岡山との試合に出場させて勝たせてやりたいという監督はおろか横浜全部の希望をのせて最終盤に彼はフィールドに立った。プレータイムはわずか1分、プレー機会はたった1回だったが、その1回も相手ボールをしっかり跳ね返した。

アディショナルタイム3分が過ぎて笛が鳴り、横浜は自動昇格争いに生き残った。試合後、最初に掲示されたのは、岡山から「田所諒選手お疲れ様でした」のメッセージ。何の巡り合わせだろうか。むしろ、この試合の直前だからこそ横浜は田所の引退を公表した気がしないでもない。岡山とのゲームがあるから、あのタイミングで公表し岡山側にもそれが伝わり準備するタイミングがあった。スタジアムを半周して岡山のサポーターの拍手を一身に浴びながら去っていくシーンを演出出来たのも、このタイミングでの発表なしにはかなわなかったはずだ。

「田所の為に」これでチームもサポーターも一つになった。勝って有終の美を。田所を昇格に貢献した選手にしよう。ふと、そういうものを感じていると思い出すのは、2006年優勝直前に明かされた城の引退。あれで横浜は「優勝して昇格しよう」と一つになった。あれと同じ感情が沸き起こってくる。城も4年、田所も4年の所属。これも何かの縁か。



田所の引退発表をここにもってきたのは一種作為的で、引退ブーストをここで仕掛けた部分があると思っている。巡り合わせは、偶然起きるものではなく作り出すものかも知れない。
大宮が新潟と引き分けた為、次節横浜は自力でJ1昇格する権利がある。対戦相手は、愛媛。横浜が昇格した2006年の最終節で対戦したのも愛媛。これも何かの巡り合わせだろうか。2シーズン目に入った監督の途中交代、後任は元日本代表経験者でヘッドコーチから昇格、シーズン途中で2桁以上連続無敗試合を続け、シーズン終盤で選手の引退発表、最終節は愛媛戦。2006年と同じ様な行程を辿る、まさに奇妙な巡り合わせである。



ただ2006年と違うのは、横浜はまだ何も手にしていないという事だ。あの時は、既に昇格も優勝も決まっていた。岡山戦の勝利で決まったのは2位か3位というだけ。昨年も3位になったが昇格プレーオフで敗退した事はまだ記憶の片隅からは消し去れない。
岡山戦の様に作為的にブーストを仕掛け、そして監督はリスクを承知で起用し、選手もそれに応えて、一つになる。最終戦、愛媛の勝つという巡り合わせを達成しなければ昇格出来ないと考えた方が良い。大宮が負けたら良いではなく、横浜が勝つ。昇格という巡り合わせを自分達の手で手繰り寄せる。
posted by おかき at 18:57| Comment(4) | 横浜FC2019観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっとここまで来ましたね。
でもおっしゃる通り我々はまだ何も手にしていません。
選手もそうですが、我々もいい準備をして試合に臨みたいです。
13年前の光景が今でも思い出されます。
幸い自分達の力だけで夢を手繰り寄せられる環境にあります、しかもホーム三ツ沢の丘で。
勝ちましょう、勝たせましょう!
Posted by northflight at 2019年11月18日 21:38
そうですね。自分たちの手で決められる状況ですから、勝つしかないですね!

> northflightさん
>
> やっとここまで来ましたね。
> でもおっしゃる通り我々はまだ何も手にしていません。
> 選手もそうですが、我々もいい準備をして試合に臨みたいです。
> 13年前の光景が今でも思い出されます。
> 幸い自分達の力だけで夢を手繰り寄せられる環境にあります、しかもホーム三ツ沢の丘で。
> 勝ちましょう、勝たせましょう!
Posted by おかき at 2019年11月18日 21:49
岡山には応援に行けませんでした。(行きたかった〜)
とにかく大きい1勝。
13年前も最終戦は愛媛だったけど、その時はJ1昇格が決まった後の試合でしたよね。
今回は違います。絶対に勝たないと。
そのためにも応援しないと。今まで以上に大きな声で。
そして13年前と同じ感動を味わうんだ!
Posted by こうおや at 2019年11月18日 23:43
そうですね。まだ何も決まってなくて、数字上どころか引き分けでは転落の可能性があります。
テンション高いのはいいですが、浮かれるのはないですね。
今は目先の試合に集中するだけですね。

> こうおやさん
>
> 岡山には応援に行けませんでした。(行きたかった〜)
> とにかく大きい1勝。
> 13年前も最終戦は愛媛だったけど、その時はJ1昇格が決まった後の試合でしたよね。
> 今回は違います。絶対に勝たないと。
> そのためにも応援しないと。今まで以上に大きな声で。
> そして13年前と同じ感動を味わうんだ!
>
Posted by おかき at 2019年11月19日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]