最近の記事

2020年07月23日

2020年J1第6節 横浜F・マリノス-横浜FC「どこまで耐えられるか」

悔しさを感じる前に、自分は不安が先に立った。コンセプトがはっきりして、負けてもサッカーの内容は清々しい。ただ、それでよいのだろうかと。前半から横浜は、自陣低い位置からボールを繋いで敵陣に攻め込み、プレスバックをしっかりしてボールを奪いにかかる、再開後貫かれているサッカーだ。今節アタッキングサードの攻撃を改善する為だろうか、手塚を瀬古に代えて入れたがF・マリノスは昨年のJリーグ覇者。簡単には決定機を作らせてもらえない。
消耗していくのは横浜だ。マリノスの速い揺さぶり、そして自分達でウィングバックは高い位置を取るので、自然とその裏のスペースのケアに体力を割かないといけない。右はマギーニョ、左は松尾。対面するのは、遠藤と仲川。前半からこのエリアの戦いは激しく、両者とも消耗して、肝心なところで出ていくだけの推進力を徐々に失っていった。

前半の失点は不運だった。右サイドから上がったクロスをクリアしようと田代が足を伸ばすが、クロスに合わせるお手本のごとくオウンゴールとなってしまった。それでもまだ前半は良い戦いをしていたと言える。

後半、予想通り横浜の足が止まりだす。ウィングバックの運動量が落ち始める。激しい上下動を繰り返せば疲弊する。そうするとマイボールになった時に、前にポジションを取れないので、低い位置にいる選手は大きく蹴るしかないが、前線の選手との距離が長くなりセカンドボールを収められなくなっていく。
失点を重ねた後半は、ほとんどがサイドのクロスから。前半からセンターバックもボール回しに参加し、さらに守備にも追われていく中で足が止まってしまい、マーカーを外してしまってほぼフリーで決められてた。

同じメンバーでゲームを重ねるとチームとしてはつながりが出てきて、再開後ということでゲーム勘も戻り、意思統一が図りやすくなるのだが、反面7月4日再開で18日で5試合目。相当な疲労がきているはず。F・マリノスが、選手を代えても走行距離が落ちないのを見ていると、横浜はスタメンでよいメンバーを組めても、選手交代と共にそのクオリティが下がっていくのを感じてしまう。そうなると、必然的に早い段階で先制点を奪って、先行逃げ切りが出来るか。そういう意味で斉藤光毅がチャンスで決めきれなかったのは、痛かった。

今の横浜のサッカーは、どこまでウィングバックと3バックが動けるかという部分が焦点になる。どこまで耐えきれるか。良いサッカーをしていても、結果的に2試合で合計9失点の事実も忘れてはいけない。例えば、星はこの試合徐々にパフォーマンスが下がり、最後は押し込まれて雑に長いボールを蹴るだけになってしまったのも振り回されすぎたからだろう。そういう意味で、チームの状況も報道などもないので何も言えないが、再開前のスタメンだったキャラや伊野波の状況も気になる。使えないのか、使わないのか。

もう一つ、サポーターもこの状況にいつまで耐えられるか。良いサッカーをしていても、結局欲しいのは勝利。今年J1は降格がないとはいえ、勝利する事で気持ちよくなりたいし、誇らしい気持ちを味わいたいはず。2年見据えて臨んでいそうな気配はあるが、ここ2試合大敗が続くとこのサッカーでよいの?と思う方も出てくるだろう。来年の為といつまで言い聞かせられるか。

試合後松尾はユニフォームで顔を覆っていた。良いサッカーをしようとしている、良いサッカーをしているが、徐々に悪くなり大敗で連敗。しかも、神奈川ダービー、横浜ダービーという近隣のクラブに。張り裂けそうな私たちの気持ちを代弁しているようだった。
posted by おかき at 08:35| Comment(1) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。本当に悔しい。でもその悔しい気持ちの行き先がはっきりしないことがもやもや。
お久しぶりです。大敗続く中、okakiさんの試合アップでちょとだけ(^^)救われてます。DAZNでシモさんが伊野波とキャラの件ちょっとコメントしてましたね。両方怪我みたいですが復帰は近いニュアンスがします。他も怪我がいるようで、、以下自粛。次節はやはりもやもやしてるチーム。ここできっぱり、スッキリしたいですね。
Posted by PIKA at 2020年07月23日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]