最近の記事

2020年10月20日

2020年J1第23節 横浜FC-FC東京「神無月でも三ツ沢には神がいた」

10月横浜は未勝利だった。10月最初の試合となった柏レイソル戦はオルンガの個の力に屈して完敗し、鹿島戦は一時2点リードを奪うもののゲーム終盤でひっくり返されての逆転負け。前節仙台戦は下平監督が「自分達のやりたい事が出来た」と話した様に、圧倒的にボールを保持したものの決定機は少なくスコアレスドローだった。



この試合も、特に後半はFC東京の猛攻に耐えるゲームが続いた。後半43分、引き分けでもと思い始めた時、FC東京のお株を奪うカウンターが決まり最後は草野が決勝点をゴール左隅に流し込んだ。それにしても草野は10月にめっぽう強い。2019シーズンも、柏戦、金沢戦と10月の三ツ沢での2試合で3ゴール。おまけにどちらの試合も彼のゴールがゲーム終盤の決勝点になるという神がかり的な強さ。その草野が年が変わってもこの10月の強さは変わらなかった。



その神が舞い降りるまで横浜は苦しいゲームだった。前半ショートカウンターを狙ってくるFC東京相手に中盤までボールはつなげるものの、そこから先に進めずバタバタしてしまう。苦し紛れのロングボールは自陣からは形にならない。FC東京の切り替えは早く、ブロックを作られた時に中々攻め手がない。一種の膠着状態と言ってよいが、悲観する必要はない。FC東京に鋭いカウンターを許すシーンは少なく、ボールを奪われても多くは中盤でボールを回収出来ている。手塚、安永でボールが安定して回っている、あるいは相手の攻撃を封鎖出来るか否かが今の横浜の生命線だ。

後半システムを4-4-2と横浜と同じシステムに変更し、ディエゴ・オリベイラの個の力でねじ伏せに来る相手に横浜は振り回され続けた。さらに横浜に疲労が見えるとアダイウトン、原という屈強な2人を前線にいれて前半以上に長いボールを入れてくる。こういうショートカウンターでゴリゴリしてくるチームは、我慢するしかない。
横浜も疲れの見えた斉藤と志知を下げて、草野と袴田を投入。前半だけで松浦と一美を負傷で交代せざるを得なかった横浜としてはこの交代が最後のカードだった。FC東京はそれを見て、中村拓海を入れる。横浜はフレッシュな選手を入れ、FC東京は攻撃的な選手を入れた。



その采配に神が宿った。FC東京・アダイウトンの縦パスをカットした袴田から皆川にパスが出る。その落としを逆サイドに走っていた瀬沼に瀬古がパス。一度はFC東京・渡辺にカットされてしまうが、瀬沼が諦めずにプレッシャーをかけて再び奪い返すと、戻って来たシルバと競ってこぼれたボールは、前線に走り込んでいた草野の足元に。
追いすがる森重を交わして先制点を決めたのだった。何より途中出場の4名が全員ゴールに絡む采配が的中したゴールだった。



これで終わらないのが三ツ沢の神。まだドラマの続きがあった。後半アディショナルタイムにFC東京のコーナーキック。ディエゴ・オリヴェイラがそのこぼれ球に合わせてシュートを放った。至近距離にいて腕を内側に畳んだ瀬古の腕にボールは弾かれてゴールを割らなかった。FC東京は猛抗議をするが翻ることはなかった。相手サポーターからすると手に触れたという事実はあるので反則に見えるが、今のルールではその事実だけを以って反則にはならない。それと飯田主審は、この試合でミドルシュートをブロックした安永の腕も畳んでいたからハンドではないというジャッジをその前にしている。しっかり見ているということだ。とはいえ、クレバーなプレーで反則を取られない為の準備をしていた瀬古はまさしく神だった。

10月は神無月と言われるが、三ツ沢には神がいた。神頼みは好きじゃないけど攻守の神様、また三ツ沢に降りてきて。
posted by おかき at 23:08| Comment(1) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
確かに神はいましたね、瀬古くんのプレーンは全く問題なしで反則ではありません。
50分過ぎのレオのブロックは怪しかったですけど、その状況でしっかりボールをキャッチしたロクさんはすごいと思います。
次回ホームは大分戦、アイツが松沢に来ますね(笑)
Posted by northflight at 2020年10月21日 09:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]