最近の記事

2008年03月17日

2008年J2第2節 横浜FC-湘南ベルマーレ 「いいえ、ツナミです。」

アンデルソンが中田洋からのクロスを完璧なタイミングで合わせ、右足で放ったボレーシュートは湘南ゴールに吸い込まれていく。後半34分の出来事。後半湘南に押し込まれて、湘南・加藤望のFKで1点差に迫られていた中で、突き放すゴールには大きな意味があった。



だが再び2点差になっても横浜FCはゲームを締められない。選手がアンデルソンのゴールで喜んでいる間に、サポーターが勝手に勝利を確信している間にゲームは再開され、湘南・三田のクロス気味のボールはそのままゴールに入ってしまった。

俄然勢いづく湘南サイド。「攻撃にかかりたいとき、あるいは劣勢を挽回したい時に中盤を厚くするための策として用意している形」と都並監督が話したオプションが守備では殆ど機能しない。中盤の真ん中にスピードの無い三浦淳と山田を据えた為、湘南・アジエルの突破を止められず、その対処に左右の選手が引っ張られ、サイドが空く悪循環を繰り返した。中盤でチームを落ち着かせているとは口が裂けても言えなかった。湘南のBIG WAVEに飲まれかけていた。



そもそも心配の種は前半からあった。シュートを乱れ打ち、圧倒的攻勢に出たチームの疲労を考えると、このサッカーがどこまで持続できるか。アンデルソンのPKで得た2点目が、精神的な休息と緩慢な動きを与え一気に緊張の度合いが増していく。

勢いを増す湘南の波。投入されたのは加藤望。彼は3年前の横浜FCとの試合でも直接FKを決めている。その嫌な予感は的中。アジエルに与えた反則で得たFKを加藤は難なくねじ込み1点差。



最後は何とか逃げ切ったが、消化不良のゲームだった。取るべきところを取る、守るべきところを守る。それができないうちは決して強いとは思えない。我々はまだ弱者だ。



そう考えると「今は勝てばいい」そういう考えもあるだろうが、自分達のやりたい事をやった上で、結果として勝てたならいい。だが、この試合の様に前線の空いているスペースに放り込み、アンデルソンらFWを走らせるサッカーだけでは、限界がある。

それよりも、それでは「勝てばいい」で昇格したが、J1では何も出来なかった2006年の反省がなされていないと感じる。連携が悪いのもわかるし、手探りでチームを作る難しさはある。だが、それを織り込み済みで選手を大量解雇しているのであり、J2を2回経験した都並監督を招聘しているのだから、考えてみればこれはわかっていた話なのだ。
このアンデルソン頼みのサッカーに、連勝という結果から喜びを感じると同時に、不安も感じずにいられない。その部分は都並監督も納得はしていないようではあるが。



「はい、ツナミです。」彼の采配を見ている限り、そう言える位の大きな波を起こすにはまだ時間は相当かかりそうである。今はまだ「いいえ、ツナミです。」としか。
タグ:湘南 横浜FC J2
posted by おかき at 09:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 横浜FC2008観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89871319

この記事へのトラックバック

[横浜FC]J2 第2節対湘南ベルマーレ戦@ニッパツ三ツ沢
Excerpt: 横浜FCは、大型ディスプレーの設置や、ネーミングライツで名前の変わったホーム・ニッパツ三ツ沢球技場のこけら落としの試合でありホーム開幕戦を、今年ともに昇格を狙うライバルになると目される湘南ベルマーレ..
Weblog: ウタカタ ノ ヒビ
Tracked: 2008-03-17 11:19

「横浜FCvs湘南ベルマーレ」観戦記 〜見えてきたもの〜
Excerpt:  まずは、ホーム開幕戦であり「ニッパツ三ツ沢球技場」こけら落としとなった、この試合を勝った事について、素直に喜びたい。  試合に...
Weblog: Re:F's blogroom
Tracked: 2008-03-19 16:55