最近の記事

2013年02月03日

「やってもうた。初めての飛行機乗り遅れ」 1/4〜6

さてメキシコから日本に向かう1/4である。フライトは朝10時20分。ホステルから地下鉄で行くことにした。前日のツアーの帰りの交通渋滞と、どこでもであるがタクシーの高さを考えた。地下鉄は2ペソ(15円程度)なのだ。ホステルから、メキシコシティのベニート・フアレス空港までは地下鉄で30分程度。

DSC02505_20130104.jpg

7時30分
ホステルを出発。スーツケースを引きながら地下鉄に。
7時40分
乗り換え駅で地下鉄が来ない。事故なのかで、乗客も戸惑っている。10分以上待っても来る気配がないので仕方なく、違うラインを乗り直す。

8時
違う線に乗り換えて、空港を目指す。
8時30分
空港第1ターミナルに到着

ところが、ここからが長い。なぜかチェックインカウンターが見つからない。デルタ航空のチェックインカウンターがない。20分ほど歩いて気が付いた。デルタ航空は第2ターミナルだと。

9時
ターミナルを繋ぐAIR TRAINの駅に着いた
9時10分
第2ターミナル到着。慌ててチェックイン機でチェックインをすると。。。英語で書かれた一枚の紙が出てきた。

DSC02507_20130104.jpg

「チェックインを受け付けられません。係員に聞いて下さい。」と。

そして、コードシェアなのでアエロメヒコ航空のカウンターに聞いてみると「システムが終了しています。」と。顔が真っ青になって、何度何を問い合わせても「システムが〜」で終わり。その後どのカウンターに聞いてもアウト。1時間前にチェックインすら出来ないなんて初めて。厳しい日本でも45分前とか普通にあるのに。

続きを読む
posted by おかき at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

「パワースポット、テオティワカン遺跡へ」1/3 その2

テオティワカンは紀元前3世紀頃から繁栄した都市。まるで宗教都市でも言うような場所で、月のピラミッドと太陽のピラミッドが聳え立っている。この広大な都市を紀元前にどうやって建てたのか、今でも誰もわからない。

DSC02424_20130103.jpg
月のピラミッド

DSC02429_20130103.jpg
月のピラミッドからテオティワカンを眺めてみる

DSC02444_20130103.jpg
太陽のピラミッドに登る。これは急な階段を登って〜

DSC02456_20130103.jpg
強い風を浴びながら、素晴らしい景色に浸る

続きを読む
posted by おかき at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

「メキシコシティツアー その1」 1/3 その1

泊まったホステル主催でツアーをしている事をチェックインの際に聞いたので、翌朝申し込んだら既に定員一杯だとか。で、ルートを練り直していたら、トンガレロを被った陽気なメキシカンに泣く真似をされたり、跪かれたりと懇願され結局ツアーに参加。メキシコシティは大きいので、ちょっとのツアーで街全体を回るのは無理。なので、興味のあるテオティワカンツアーに参加する。

それでもそのツアーも遺跡テオティワカンだけではなく、他にも何カ所かツアーで巡るというお得なもの。350ペソ。3000円位かな。最初に向かったのはメキシコシティの中心部にある三文化広場。その名前の通り、3つの文化があるところで、一つはアステカ時代のトラテロルコ遺跡、もう一つはその脇にスペイン軍が建てたサンティアゴ教会、そして最後の一つは現代の高層マンションがそれらを囲むように建っているからそう呼ばれているらしい。

DSC02348_20130103.jpg

DSC02357_20130103.jpg

DSC02362_20130103.jpg

DSC02366_20130103.jpg

スペイン人もツアーにいて、メキシコ人ガイドは気を遣いながら解説していた。ま、当人達に罪は無い訳で、どうしようもないのはお互い様ではあるが。ただ、勝者が敗者の文化に蓋をするように建造物を建てるのは日本も同じだったりするのを思い出した。

新年3日目とは言え、思ったよりも静かなメキシコだった。この静けさが逆に強い印象を私に残した。

ツアーとは言え、乗っているのはバスじゃなくバン。そこに15名位を詰め込んでいるので死ぬほど狭いww

そのギュウギュウ詰めのまま次の目的地に進む。
続きを読む
posted by おかき at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

「グアダラハラからの別れ」 1/1〜1/2

メキシコでの新年である。とは言っても、きらびやかな何かがある訳ではない。この日は、昼前に教会のミサに出席。大きな教会を沢山の人が埋め尽くしていた。スペイン語なので何を言っているかわからないが、Paulinaが丁寧に訳してくれた。が、今ではもう覚えていない。釈迦に説法?馬の耳に念仏である。

DSC02266_20130101.jpg

元日のこの日はミサを終えると一家で「Plaza Andares」というショッピングモールに行くというので連れて行ってもらった。でも新年だけあって殆どが休み。それでもメキシコのCDはちゃっかり買ってしまいました。グアダラハラ発祥のマリアッチ、どこでもかかってるサルサ、そしてPaulinaお勧めのメキシコアーティストの3枚。計400ペソ=3000円位と思えば高くはない。
そして、夕食は自分が寿司を作る予定だったが、Lizの体調が優れずパーティが中止になってしまった。で一人寂しくホテル向かいのセブンイレブンで買ったサンドイッチが夕食になってしまったw

1/2
グアダラハラ最終日。フライトは目一杯遅くして夜7時過ぎ。それまでの間、またいつものメンバーと遊ぶ。この日は、大晦日に行けなかった"NEW"のOmniLife Stadiumに向かう。ホテルに荷物を預けたまま

「行きたい」と言った自分が調べてツアーは昼12:30だった。まずバスで北方向に向かい、そこからタクシーで150ペソ=900円位。ちなみにタクシーで30分以上乗っていたから日本に比べたらかなり安い。

DSC02277_20130102.jpg

幹線道路から降りて周りには何もない場所にエスタディオ・オムニライフはそびえていた。マウンテンと呼ばれるようなせり上がった外壁、そしてCloud=雲と呼ばれる屋根。無表情なコンクリートの塊よりも、遙かにオシャレ。ワクワクしてくる。が、自分達以外誰も見当たらない。リーグ戦はないし、新年2日という事もあるが本当に人っ子一人いない。

DSC02280_20130102.jpg

でも、スタジアムに入るとツアーを案内してもらって、その頃になると大勢集まってツアー開始。まず入ったのはコンコースに設けられているギャラリー。クラブの歴史などがわかるし、数あるトロフィーも展示されている。100年以上まえのユニフォームも展示されている。

DSC02282_20130102.jpg

DSC02283_20130102.jpg

続きを読む
posted by おかき at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

メキシコ旅行2012 グルメ編 その2

DSC02137_20121230.jpg
トナラというグアダラハラ南東部の街の屋台街で食べたお菓子。4ペソ=30円位。日本で言うリング焼?、小さなお好み焼きみたいな味。ここでもオニオンとチリが用意されている。でもオニオンもチリも大好きなのでジャンジャンかけて食べました。

DSC02148_20121230.jpg
グアダラハラに戻ってきて飲んだBohemiaビール。黒いビール大好きな自分にはちょうど良い。しかも甘い。香りも強め。いいよいいよ〜こういうビールは大好き!

DSC02149_20121230.jpg
名前忘れたwこれはパンから明らかに具がはみ出している大きなパン。ミソなのは、添えられているライムを搾って、チリをかけて食べる事。これだけで味に深みが増す。自分がメキシコ料理を受け入れられたのは、ライムとチリに全く抵抗がなかったから。柑橘系大好き、辛いの大好きなのが幸い。

DSC02150_20121230.jpg
確かトルティーヤのスープ、ソパ・デ・トルティーヤ。これがまた美味しい。さすがメキシコ伝統の料理だけあって、旅ではこれが一番かなという位美味しかった。価格は不明、、何せ基本Cinthya達が払うというVIP状態だったので。。。w


続きを読む
posted by おかき at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

「メキシコの大晦日」12/31 その2

「Estadio Jalisco」に行ったのが午後4時近く。そこから別のスタジアムに行くのは厳しいので、また後日という事でこの日は一時撤収。夜大晦日は家族みんなでパーティをするというので、彼女たちは一旦先に戻り、自分も着替えて行く事に。
夕方6時頃彼女たちがホテルに迎えに来てくれた。バスに乗って彼女たちの祖母の家に向かった。それにしてもとにかく強い雨が降り続ける。

中には、Cinthyaの両親、祖父母、大叔父が揃っていた。恒例なのか彼女達はちょっと素敵な服に着替えに行った。その間自分は強いテキーラを入れながら、Cinthyaの両親に詰問されて、いやいや日本の事やグアダラハラやメキシコでの滞在の話などを聞かれていた。ちなみにテキーラはグアダラハラの名産で、かなり強いと言われていたが、ソーダで割ったらガバガバ飲んでしまっていた。

そして、人が入れ替わり立ち替わりして、叔父夫婦が寄ってくれたり自分が年越しうどんをふるまったり(まぁあまり好評ではなかったw)していたら、時間はもう既に夜も11時30分。そこから本当のパーティの始まり。大きな食卓を10人近くで囲んで、パンとスープとそしてチキンでお祝い。Cinthyaは女系家族という事もあり、女性が多いので自分がチキンのモモをじゃんじゃん食べるという嬉しい拷問にw

続きを読む
posted by おかき at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

「大晦日だというのに。。。」 12/31 その1

さて、大晦日。メキシコはグアダラハラまで来てスタジアム巡りを敢行する事に。そして、それに付き合ってくれる友人に感謝。

DSC02215_20121231.jpg

朝10時にホテル待ち合わせのはずが、なぜか昼1時に変更になりぽっかり3時間も時間が出来てしまった。前日のTapatioツアーでバスで通過した建物を見に行く事にする。最初はオスピシオ・カバーニャス。市の中心部にあるこの建物は元々は病院、孤児院で、一時期解放運動の間には兵舎にもなったがその後も孤児院として運営を続けていたという。
この世界遺産に行こうと思ったが、入り口からは他の外国人観光客とおぼしき人たちが諦め顔で引き返してくる。どうやら大晦日だからなのか休みらしい。。。え〜〜悔しいので外観だけでも写真に。

DSC02216_20121231.jpg

とは言え悔しいので、今度はハリスコ州庁舎に向かう。ここは、メキシコ独立の父イダルゴ神父が奴隷解放宣言をした場所として有名で、特に階段天井の壁画には松明をかざすイダルゴ神父が迫力一杯に描かれている。描いたのはオロスコ。

DSC02210_20121231.jpg

DSC02222_20121231.jpg

ちなみにカンファレンス(会議場)には、自由を叫ぶイダルゴも描かれている。レフォルマとは、改革の意。
DSC02228_20121231.jpg

DSC02221_20121231.jpg

この2つをじっくりと見学してホテルに戻って、1時からスタジアム巡り!
と思いきや、Cinthyaは自分が昔バイトしていた店に寄るとかで逆方向にww

続きを読む
posted by おかき at 16:44| Comment(4) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

メキシコ旅行2012 グルメ編 その1

DSC02107_20121228.jpg

DSC02108_20121228.jpg

デルタ航空の機内食。うーん、アメリカ系だったからもっとワイルドな感じかと思いきや、逆にこじんまりしていた。この行きの便は隣がいなかったからかなり快適な空の旅になりました〜

DSC02111_20121228.jpg

シアトルのデニーズで食べた料理。ソーセージと、目玉焼きとその下にはポテトと野菜炒め。分かりづらいかな。陽気なラテン系の人が持ってきてくれたのが面白かった。アメリカのデニーズは、日本のデニーズとは違うってのを、食べた後調べて知った〜

続きを読む
posted by おかき at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

「Tapatioって?」12/30

※グアダラハラで初めての夜を過ごして、明けて2日目。Cinthyaから「今日はTapatioツアーだよ」と連絡が入った。

やはり海外での目覚めは良い。前日も10時近くに眠ったというのに朝4時にはベッドから飛び起きていた。8時過ぎにはホテルのレストランで朝食をモリモリと食べる。この時間は非常に重要。その国の味付けが口に合わないと旅の先が思いやられる。メキシコは合う。前日チリを余裕で食べられたし、メキシコの料理は自分には合っている。

DSC02124_20121230.jpg

10時過ぎにホテルに迎えに来るはずが、結局11時過ぎになった。今日は一人多い。Cinthyaの妹Paulinaも加わって女子3人と一緒に観光に参加。公園で2階建てバスに乗って市内3ルートを周遊する。ちなみに120ペソ=1000円くらい。日本語の音声ガイドも流れているのでヘッドホンを借りて参加。

DSC02130_20121230.jpg

グアダラハラは、古代の遺跡は少ないが中世の解放運動が始まった都市の一つでもある。それらを楽しみにしていたのだが、振り返ってみると建物はほとんどバスで通過するだけというツアーになってしまった。

元々病院・孤児院だったオスピシオ・カバーニャスもバスで通りがかるだけ。あらら。

DSC02141_20121230.jpg

戦争兵器の博物館も信号待ちで止まっただけ。おーい。

続きを読む
posted by おかき at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

「たまにはこんな旅もいいじゃん」12/28〜29 

グアダラハラのホテルの一室でふー、と一息つきながらベッドに大の字になった。旅費がクソ高くなる年末年始によく海外に来たなぁと思った。

来るきっかけはCinthyaとの出会いだった。2010年南アフリカW杯でメキシコから母親と二人でやってきた彼女と同じホステルになって、一緒にヨハネスブルグを回ったりもした。そして大会終了後もやりとりは続き今回メキシコに来ない?という話になったのだった。
普段ならサッカーやスポーツの観戦ついでに海外に行くけど、たまには「友達に会いに海外に行くのもいいかな?」って旅をしようと思った。

12/28
仕事を午前で終えて成田空港に向かう。PM3時のフライトだが、デルタ航空の優先チェックインでさっさと手続きを終えてすぐに搭乗。一路シアトルへ。シアトルには朝7時に到着。乗り換えは29日の早朝。約24時間ある。シアトルの空気は冷たい。

DSC02109_20121228.jpg

ホテルにチェックインしたのは午前10時。一休みして観光に行くつもりだったが、一眠りをして目を覚ましたらもう夕方を過ぎていたので諦めて、夕食を近くのデニーズでとってまた寝る。29日シアトルからメキシコへのフライトは朝6時過ぎなのだ。

DSC02112_20121228.jpg

12/29
午前2時には目を覚ましてシャワーを浴びて、身支度をして空港に。アラスカ航空でメキシコシティに向かうのだが、シアトルはアラスカ航空のハブ空港とあって大混雑。早く行ったけど良い席が取れず残念。ロサンゼルスを経由して、メキシコシティにはほぼ定時に到着。

続きを読む
posted by おかき at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ旅行記2012.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする