最近の記事

2013年11月25日

2013年J2第42節 横浜FC-水戸ホーリーホック 「卒業」

2013シーズンの横浜の卒業式には4発の花火が上がった。前半20分過ぎまでは思い出に浸る時間が続いたが、武岡が卒業生に向けて送る惜別弾を決めたのを皮切りに、怒濤の4得点でゲームを決めた。

この試合を迎えるまでのウィークデイは、横浜サポーターにとっては寝耳に水とでも言うべき戦力外通告の発表があった。田原、永井、そしてシュナイダー潤之介。11月30日が戦力外の通告期限なのは知っているが、このタイミングでというのには驚かされた。



またメンバーも横浜にとっては印象深い選手ばかりで、それはサポーターだけではなく選手も同じだった。先制点を決めた武岡は、ゴールを決めると一目散にベンチのシュナイダー潤之介の元に駆け寄り熱い抱擁を交わした。そのシーンが選手をこの試合は、感傷に浸るものではなく、盛大に送り出す卒業式の場所、今シーズン最後のホームゲームであると思い出させた。

シュナイダー潤之介は2013シーズンの横浜のキャプテンなのである。そのキャプテンが戦力外になってしまう。悲しいがそれがサッカーの世界。技術や能力だけではなく、その時々のクラブの財政や環境、チーム内の成長度、本人の成長の伸びしろなど様々に絡んでくる。クラブはスタッフへの就任を要請したが、現役続行を本人は選び退団となった。誰が悪いとも言えない。本当に厳しい世界なのである。





ゲームは先制点を挙げた横浜が水戸を圧倒し始め、前半終了間際に内田が追加点を挙げた。後半開始早々には大久保がクロスにヘディングで飛び込み3点目。ほぼゲームが決まった。

続きを読む
posted by おかき at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

2013年J2第40節 横浜FC-カターレ富山 「見えない翼」

なぜだろう。彼を後ろから見ていたら、そのゴールへの道筋がくっきり見えたのだ。後半25分、高地がスローインからボールを受けるとスルリスルリとまるで背中に翼が生えたように自由自在のフェイントで居並ぶ富山守備陣を無力化し、ゴールを奪ったのだった。



富山・安間監督によれば当時暴風雨警報が出ていたという。雨は一時弱くなったが、ほとんどの時間で強いままザーザーと降り続く。時折吹く強い風が体感温度をどんどん下げていく。ピッチのあるところはぬかるみ、あるところははげてボコボコでボール回しすらままならない。瞼を開くのも辛い雨の中で、前半から両チームともボールは相手ゴール近くまで運べるが、ゴールまでには至らない。もっとも、富山はGK渋谷が弾いたミドルシュートを始め何度も際どいチャンスを迎えていたのに対し、横浜は前半11分のフリーキックのこぼれ球を押し込んだ時くらいしかチャンスはなかった。

今までの横浜は、耐えながらも自分達のサッカーを表現しようとしすぎて、何でもかんでもつなぐサッカーをしようとしていたが、この日はグラウンドの芝の状況が悪い事もありシンプルに裏を狙うか、前を向いたらグイグイ仕掛ける姿勢が目立った。状況に応じて戦い方を変えるのは当たり前なのだ。



特に小野瀬は左右から積極的に仕掛けていた。昨年大活躍した雨の町田戦を彷彿とさせるような鋭い動きで、富山守備陣を徐々に疲弊させていく。おかげで富山は後ろでのボール回しが増えて攻撃に厚みがない。降り止まない雨の中で、彼の背中にも小さな翼が見えていた。



続きを読む
posted by おかき at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

2013年J2第39節 横浜FC-松本山雅FC 「イタダキ」

この試合はどうか知らないが、松本の試合では「雷鳥は頂を目指す」という段幕が出ている。当初は「頂」の「丁」の部分を「J」と見立てて、Jリーグ昇格への団結の象徴を表していると私は感じた。初めて見たのは、天皇杯の湘南戦。PKで湘南を倒した時の事。時は流れ、松本はJリーグ昇格を果たし「J」という意味合いにもズレが出てきて、Jというくくりだけではなく常に上を目指す姿勢として、本格的に「頂」となった。



そういう意味で、手を伸ばせば届くところに目標があるチームとそうではないチームとの差が顕著に出てしまった戦いになった。前半から積極的にボールホルダーにプレッシャーをかける松本。横浜はかいくぐり前を向こうとするが、シュートシーンまで持ち込めない。
逆に松本は前線の塩沢の高さをいかして、セカンドボールを収めてチャンスを演出する。そして前半15分、コーナーキックを何度も堪えたが我慢しきれずに失点。一度触られてファーに流れたのを松本の「頂」塩沢に弧を描くようなヘディングシュートを決められた。デザインされていたとは思うが、それよりも何度もコーナーになるまでシュートを打つという部分に、松本の勝利への重みを感じる。

数字上可能性がある中で横浜は攻撃陣が停滞しがちだったが、一人だけその空気とは違うところにいたのがカズ。左の中島のクロスに後ろから入りこみヘディングシュートを決めて同点に。ゴールを挙げて横浜を鼓舞したが、それ以外の場面では埋没。日本サッカー界の「頂」にいた男も、この試合牽引するまでには至らない。



後半になって横浜がややゲームを支配する部分も出てきたが、カウンターから失点しゲームは松本に傾いた。コンディションの良くない野上は簡単に振り切られ、ゲーム勘のない森本はハイボールでも勝てず横浜はアクセルを踏もうとするが、後ろにプレッシャーを掛けられて思うように進めない。

続きを読む
posted by おかき at 04:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

2013年J2第38節 横浜FC-ジェフユナイテッド市原・千葉 「ミッションインコンプリート」

後半42分。千葉・ケンペスにゴールを許した時、呆然自失と立ち尽くしてしまった。反撃に残された時間は多くはなかったが、サイドでボールを回しているだけのチームを見て空を見上げるしかなかった。主審の笛が鳴る。その瞬間、今シーズンの昇格というミッションはインコンプリート、つまり失敗に終わったと言っても良いだろう。



残念な結果に終わった試合を何度振り返っても、今シーズンの状況そのままだったと言っても良い。相性の悪い千葉相手に押し込まれながらも、何度かカウンターに近い形からGKと1対1になるシーンもあり、決定機だけを数えるなら互角に近い展開だった。こういうゲームを持って行けるかどうかは、ミスで決まる。



先制点を許したシーンはそのミスからだった。大きく弾んだボールを佐藤と野崎がお見合い。拾った千葉・佐藤健に裏に蹴り込まれる。それに走り込んでいた千葉・田中が野上を振り切ってゴールにボールを流し込んだ。岐阜戦もそうだったが左膝の負傷の影響なのか、野上も精彩を欠き激しく寄せるまでにはいかなかった。



シーズンが37試合も経過しても、まるでシーズン開幕当初のようなミスを犯して失点。このチームは何をしてきたのだろうとため息が出てしまう。山口監督は「調子の良い選手を使う」とことある毎に話しているが、猫の目の様にスタメンが変わっては夏以降に変更した戦術が深まるはずもない。
千葉にもミスはあったが、それを徐々にでも修正できる、ふさぐ事が出来るから上位にいるのである。チームは生き物。昨年よかったから、今年も良いとは限らないのに、どうして期待してしまうのだろう。期待してはいけないのだろうか。

続きを読む
posted by おかき at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

2013年J2第35節 横浜FC-FC岐阜 「無敗<連勝」

波を打ったような静けさだった。嵐の前のそれではなく、絶望感という黒い雲が三ツ沢を覆っていた。まるで私たちを慰めるかのような優しい雨が落ちてきた。可能性はまだ残っている。だが、そんな意志を萎えさせるには十分な雨だった。

試合開始から強い意志を見せたのは岐阜だった。降格争い真っ直中の岐阜は前半だけで4枚ものイエローカードをもらうほど激しいプレスをかけてきた。それをいなして前進しようとする横浜だったが、久しぶりに出場の黒津がボールを収められず、あるいはサイドに展開しても岐阜を崩せず、本当にプレーオフに最後まで食らいついていく気概があるのか、そんな姿は2回の決定的なチャンスを除いては感じられなかった。ただそのチャンスもフイにしモヤモヤした気持ちだけが募っていった。



それでもサッカーというのは、時に信じられない出来事が起きる。あれだけ緩んでいた空気の中、コーナーキックにジャンピングボレーで黒津の放ったシュートは、高く弾みGKの手を越えてゴールに突き刺さった。トラップミスで何度も相手にボールを渡していた黒津のゴール。それでも涼しくなった三ツ沢の空気が変わる事はなかった。



後半軽いプレーをしていた野上が剥がされて、左サイドの突破を許し、飛び込んできた岐阜・染矢に失点。後半始まって5分も経っていない、所謂集中しきれていない魔の時間帯に失点。これが上を狙うチームの戦う姿なのだろうか。

続きを読む
posted by おかき at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

2013年J2第36節 横浜FC-モンテディオ山形 「この丘を越えられないのには訳がある」

後半ロスタイムに運命の糸が切れてしまった。勝利目前3分前に山形に同点ゴールを許して、横浜は1-1の引き分け。プレーオフ圏内の6位とは残り7試合で勝ち点差12では、リーグはほぼ終戦に等しくなった。

試合終了と同時に引き上げてくる審判団に大きなブーイングを浴びせた横浜側のサポーター達、そしてロスタイムの失点でうなだれて戻ってくる選手達には、小さなブーイングと幾ばくかの拍手、そして横浜コール。現実的に、上に繋がる道が途切れた時にそれを鼓舞する言葉は難しい。残り1%以下であってもそれに向かうのか、あるいはそこではなく劣勢の中で勝ち点を拾えた事に安堵するのか、あるいは勝てた試合を落としてしまった怒りをぶつけるのか。様々な表現の方法があったとは言え、審判へのブーイングで全てが霞んでしまった感じがした。



本当にプレーオフに滑り込むという夢を見たいなら、細かいジャッジなんかスルーして「勝ちたい」という部分だけにフォーカスすべきだった。メインスタンドに座っていたが相手チームへの野次はともかく、味方選手への試合中の野次も一杯あった。そんな事をして勝ち点が手に入るならいつもやるさ。
沢山の人で埋め尽くされているにも関わらず、プレーオフが目の前にある山形サポーターが一番集中しているという、勝利を後押しするには絶望的な環境が試合を支配していた。



前半から劣勢に立たされて押し込まれるばかりで山口監督は「怖さはなかった」と話すが、結果としてここを起点にしての失点がないだけであって簡単に切り崩されてしまっていた。前半は、カズと野上という右サイドのコンビは運動量とポジション取りが悪く受け身になってしまい侵入を許した。
後半はそれを逆手に取り、縦に突破出来る武岡を入れてサイドを挽回して、結果的にロングボールの競り合いから武岡が倒されてPKを獲得し、それを彼が決めて横浜が先制をした。ラッキーな先制点はあるが、それもサッカーだ。

続きを読む
posted by おかき at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 横浜FC-ツェーゲン金沢「ため息とブーイングと」

90分の笛が鳴った時、勝ち鬨をあげたのは金沢だった。こんな悔しさを感じないジャイアントキリングは珍しい。J2所属のチームの怖ろしさを味あわせる事も出来ないばかりか、J2ってこんなレベルなのか?と観客に思わせてしまうほどの恥ずかしいパフォーマンスを露呈しただけだった。

前半は特にそれが顕著だった。失点した事以上に、シュートがゼロ。相手ゴールに迫ったのも数度。きっとJリーグの相手と戦うという事で耐えるシーンが続くと思っていたはずが、完全に拍子抜けしたはずだ。横浜の右サイドは長いことゲームから離れており、床ずれを起こしたまま止まっていた。



それでも右サイドは金沢が中々起点にする事もなかったからまだよかった。本当の問題は真ん中だった。黒津、中里の役割が整理されていないのか後ろ向きでボールを回すばかりでゲームにならない。本来は黒津が裏を狙っていくべきだが、下がって受けに来るから大久保が活きない。いくら不調とは言え、横浜がボールを持つとブロックを低めに取る金沢相手に崩すのか、裏狙うのかボールを曖昧なまま動かしてはカットされて侵入される。



そしてプレスも簡単にいなされる。決定的なシーンこそ許してないが、バイタルエリアでのプレスで金沢の選手を捕まえられない。そしてキーパーは新人の渋谷。強い日差しが出てきた自分の背中に、汗じゃなくジワジワと嫌な予感が吹き出してきた。それが前半33分。ディフェンスラインを金沢・清原に突破され、グラウンダーの折り返しを金沢・菅原にスライディングシュートで決められて先制を許す。



しかし、それで目が覚めるでもなく前半愚鈍なパスを後ろで回しては、金沢のゴール裏からブーイングをされる始末。そのまま前半が終わる。

続きを読む
posted by おかき at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

2013年J2第32節 横浜FC-ザスパクサツ群馬 「夕暮れに吹く冷たい風は秋の訪れか、それとも。。。」

暦の上ではもう9月になったというのに、朝からうだるような暑さだった。それでも試合はやってくる。スタンドはともかく、グランドレベルに降りてもまだまだ汗がシャツににじむ。ところが、キックオフ直前になって涼しい風が吹き抜けていく。前節のガンバ戦の半分以下になった閑古鳥の鳴くスタンドだからではない。大気の状態が不安定だと言っていた。これはもしかして来るか。



キックオフの笛で現実に引き戻される。試合開始勢いがあったのは群馬。ロングボールに飛び出す平繁に苦戦する。高地と佐藤のポジション取りが曖昧で上手く中盤で挟み込めず後ろからボールを入れられてしまう。決定機も許したが、これを逃れると次第に横浜がボールをキープする時間が増えていく。センターバックの裏を何度も狙って選手が代わる代わる飛び出して、相手のラインを全体的に下げさせる事で優位を築いていった。



前半15分その効果が実る。佐藤、高地とのパス交換で寺田が飛び出す野崎に鋭いパス。これを野崎が落ち着いて決め横浜が先制。これで波に乗ると横浜は横パスと縦パスを上手く絡めながら群馬を圧倒。前半27分には、ロングボールを永井が落として、拾った高地がフェイントで相手を交わして追加点。

群馬は全くボールを拾う事が出来ず一方的な展開になったが追加点が奪えないまま前半を終えてしまう。

続きを読む
posted by おかき at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

2013年J2第31節 横浜FC-ガンバ大阪 「近そうで遠い道 遠そうで近い道」

後半43分。中島のクロスに田原が合わせて横浜は2-2の同点に追いついた。このゴールは遠回りした道をやっと戻って来たとしか感じなかった。



1-1の状況で、後半14分野崎に代えて新加入のパトリックを入れたがこれが完全に采配ミス。同点になってやや余裕の出てきたガンバ相手によい形でゲームを運べている中で、自分達でそれを明け渡してしまった。意図は、縦に鋭い突破を見せて調子の良い永井をサイドにおいて、ややカウンター気味にパトリックを抜けさせて、その前線と中盤の間にカズが入る形を狙っていたようだ。
しかし、運動量のないカズ、守備をしないパトリックを並べた事で、ガンバは前線からのプレッシャーが殆どなくなり中盤が好きなようにゲームを組み立て始める。前半からガンバの猛攻に耐え続けていた横浜は、サイドを振り回され疲弊し堪えるのが精一杯になっていく。



この交代からずっと押し込まれる事約10分。コーナーキックからガンバ・藤春がミドルシュートを叩き込み逆転。これが首位の力なのか、上位と下位の差なのか。少しバランスを触ったら横浜は手も足も出なくなった。この失点の直後に、カズを下げてナ・ソンスを投入。この交代で永井を再び最前線に入れるのだから、最初のパトリックの投入はもったいなかった。今年の山口監督の交代は勘所が良くない。自分で自分の首を絞めている。



それでも終盤に田原を投入し、システムも4-3-3に変更。両サイドを縦にいきたがるソンスとパトリックにした事でゲームはやや持ち直し、ガンバの運動量が下がった事や決定機を外してくれたお陰で事なきを得る。
そして、後半も残りわずかとなったところ、中央のパス交換から左サイドをフリーで突破していた中島から鋭いクロスが入ると、ファーサイドの田原が合せて同点に追いついた。前半4分にゴールを決めてから殆ど守りに時間を割いていた横浜がいともたやすく同点に追いついた。

続きを読む
posted by おかき at 03:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

2013年J2第29節 横浜FC-京都サンガF.C. 「おおきに」

もう前線に戻る事はなかった。チームが先制点を挙げた後は山口監督の指示の下、途中出場のストライカー大久保は最終ラインでハイボールを跳ね返し続けた。山口監督も終盤は声を枯らし声にならない声を送り選手を鼓舞し続けた。その結果、前線に人を並べて一点への執念を見せる京都を退けたのだった。



連敗街道に入って迷走した監督の策も序盤から風下の京都に押し込まれるばかりだった。高地と松下の関係があまり良くなく、食いついてはいなされて中をこじ開けられる。ただ、シュートは枠を外れ、決定的なシーンもこの試合から再び先発に戻ったシュナイダー潤之介がスーパーセーブで得点を許さない。



課題は攻撃面だった。大久保を外して、黒津を起用するも不発。そしてこの試合で永井と寺田という2トップ、あるいは縦の関係を選択したが、この形が攻撃で機能する事はなく迷走ぶりを露呈。足下にボールが入った時、京都の選手は前を向かせないという強い意識だからだろうか激しいプレッシャーがかかり、中々前を向けないままだった。



押し込まれる事が多かった前半から一点後半は横浜に流れが向く。前半あれだけ手こずった駒井、横谷、山瀬の運動量が落ち、逆にサイドの武岡、野崎がサイドをかき回して押し込み始める。そして、決定的だったのは大久保の投入。ディフェンスラインにプレッシャーがかかり、京都は受け身になっていく。

続きを読む
posted by おかき at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2013観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする