最近の記事

2014年11月25日

2014年J2第42節 横浜FC-ギラヴァンツ北九州 「山口監督から課せられた宿題」

試試合が終わり、北九州の選手達が山口監督に挨拶に来る。元フリューゲルスの後輩・大島や元横浜八角に渡邉と山口監督が如何に慕われていたのかがわかるシーンだった。慕われているという意味では、佐藤の決勝ゴールをきっかけにチームメイト達が監督に殺到する場面もそうだった。一体感という意味では、単純なJ2最終節ではなかった。



「このクラブはいつまで経っても成長しないから」そう言い残して応援を辞めた人がいる。某コーチが試合直前にブログに上げた言葉も、山口監督が試合後のセレモニーで語ったのもほぼ同じ。いつまでも成長も発展もしない。試合内容や環境云々ではない。クラブがどこを目指しているのか全くわからない。

山口監督退任にあたって、自分は横浜のサッカーとは何なのか理解出来なくなった。元日本代表主将、元横浜フリューゲルス主将、元横浜FC主将というレジェンドを監督に据える事は、単純にある監督を迎えるというのではなく、もっと重要な意味を持つ。それまでの横浜のサッカーを作り直す位の作業だったはずだ。



ところがである。「クラブとして育成年代を含めた若い選手というのを考える」という急に耳障りの良い言葉を出して、その方針がブレる。確かに昨年GKシュナイダー潤之介にはコーチとしての契約を持ち出したり、今年は19歳のフェリペを加入させているが、その一方で日本で最高齢となったプロサッカー選手には複数年契約を提示していると言われているし、それが何とも支離滅裂な感じでクラブの意見をそのまますんなり受け止められない。

その一方で、結果が出なかった事でその発言力は下がってしまった。結果の世界なので、その自身のやり方でプレーオフなどに行ければ、例え誤っていようともクラブの意向はねじ伏せる事が出来たのだが、それは出来なかった。成績面から言えば、11位と比較的J2でも上位の資金力を持ちながら過去2年一桁順位にも入れなかった。



また、サポーターもチームを支え切れたとは言えない。シーズン中でも選手への暴言は負ければ続いた。実際は負けてもそれを支えている人間もいたのだが、それらを発信できないところで「一体感」は無かった。サポーターからの信頼が厚い監督はクラブも簡単に手を出せない。つけ込まれる隙をクラブ側にサポーターから与えてしまったのは残念でしかない。

続きを読む
posted by おかき at 19:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

2014年J2第41節 湘南ベルマーレ-横浜FC 「北風に吹かれて」

湘南が試合終了後にゴール裏でサポーターとダンスをしている。日本でどこが始めたのかは知らないが、J2でも湘南、熊本、松本などこうしたセレブレーションを行うチームは増えている。(岡山もしてたっけ?)勝った事を選手とサポーターみんなで共有する良い表現方法の一つだと思う。
それと対照的なのが横浜。前節で昇格争いから脱落しサポーターも魂のない状態で平塚にやってきた。そして敗戦を迎えて、一部で怒っているサポーターはいたがみなツンと腕組みしたまま。勝った訳ではないので喜びの表情は出ることはない。ただ敗者には冷たく接する人が横浜は多い。まるで北風の様に。



試合内容も決して褒められたものではなかった。前半10分頃までは気合いも入ってサイドを突破してクロスを上げるなど横浜も健闘したが、前半11分に湘南・ウェリントンにCKからヘディングでゴールを許すと、意気消沈しそのキックオフのボールを奪われて湘南・菊池に決められて2-0となったところで、ゲームはほぼ終わってしまった。目標のないチームはそれ以上何も出来ないままだった。
一方、湘南にとってもゲームを決めた感じはあったのだろう。この後から自陣にラインを下げて対応し、隙があればギアを入れて一気呵成に攻めるシーンも見せたが、勝っている事、優勝も昇格も決まっている事もあり徐々にテンションは下がっていった。中盤以降はやや横浜がボールを支配したいや持たされたが、それでもペナルティエリアより先が遠かった。



後半横浜は小野瀬に代えて野崎を入れて、やや前線で運動量が増え裏を狙う黒津にボールが出るが、それが期待出来たのも僅かな時間だけ。結局のところ目標を失ったチームが、新たに自分を奮い立たせる理由を見つける事は難しく、横浜はその後カウンターからさらに2失点。後半ロスタイムの明らかな誤審で得たPKを入れるにとどまった。何とも寒い試合でしかなかった。

続きを読む
posted by おかき at 13:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

2014年J2第40節 横浜FC-ファジアーノ岡山 「ゴールが昇格なら、シュートは勝利」



後半34分、トラップミスした松下裕樹からボールを奪った岡山・押谷がGK南との1対1を制してゴール左隅にボールを流し込み決定的な2点目を挙げると、ここで横浜の命運は尽きた。2014年シーズンの昇格プレーオフへの道は消え去った。プレーオフに残るには岡山との直接対決を制して、わずかな可能性に賭けるしかなかったのだが、それすら叶わなかった。



ゲームは序盤から両者ともパスをつなぐ渋いサッカーを展開。崩して、はがして、開いての繰り返し。前半の中ごろから岡山のサイドの攻撃を身体を張って凌いだ横浜がペースを握って攻撃を継続したが、岡山GK中林のスーパーセーブでFKを止められたりと、決定機と呼べるチャンスもあったが決めきれない。
すると、前半38分のほんの一瞬の出来事。押谷が横浜のマークが緩んだ隙を見てほぼ完ぺきなコースでシュートを放ちこれが決まってしまう。静寂が襲う三ツ沢。



後半、3バックから5バック気味に対応してスペースを徹底的に消してくる岡山。それでも寺田のパスから内田のシュートも、内田に代わって入った野崎のシュートもGK中林がストップ。どうしてもゴールが遠い。永田に代えて小野瀬を入れる時は、3-1-4-2という超が付くほどの攻撃的なシステムに変更してゴールを奪いに行った。



ところが、その直後3バックに入った松下がボールを奪われて追加点を許して万事休す。ロスタイム4分の終わりの笛は、岡山のプレーオフの生き残りと横浜の撤退を告げるものとなった。

続きを読む
posted by おかき at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

2014年J2第37節 横浜FC-栃木SC 「生きてこそ」

試合後フィールドで行われていた山口監督のインタビューの際に、後ろにかけていた奥大介のユニフォームが風になびいて落ちてしまう。その物音に気がついたのか山口監督が拾い上げ肩にかける。まるで「一緒にいるんだ」と誇示するように。中々笑顔を見せない山口監督が一瞬笑ったように見えた。そこに奥大介を感じたかのように。



この試合はこの試合前から横浜にはなんとなく重たい空気に包まれていた。試合の2日前、チームでも選手としてプレーし、その後横浜FCのテクニカルディレクター、強化本部長を歴任した奥大介の死の報が飛び込んできたからだ。献花台が設けられ、サポーターだけではなく大学生、高校生など彼の死を悼む様々な方が花を供えた。

「ゴールをしたら喪章を掲げるつもりだった」とは寺田の弁。彼も奥大介によって横浜に再びやってきた選手だ。ガンバに戻ったが不遇の時を過ごし、山口監督になった横浜FCに活躍の場を求めて実質片道切符を片手に移籍をしてきた。その言葉の強さが相手を上回ったのか、横浜はゴールラッシュを見せる。



前半10分左サイドからのFKのこぼれだまを黒津が押し込むと、前半28分には野崎のスルーパスに抜け出した黒津がGKと交錯して転倒しながらもゴールにボールを流し込む。4試合未勝利のチームとは思えない力強さを感じる。



前からガツガツ来ず構えてくるチームには相性が良い。守備時には4バック、攻撃時には3バックで戦う今の横浜もやっと板についてきた。元横浜の荒堀のいる右サイドでは圧力を受けるが、松下裕樹のカバーリングが鋭く決定的なシーンは前半終了間際の数回に抑えることが出来た。

続きを読む
posted by おかき at 05:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

2014年J2第35節 横浜FC-松本山雅FC 「切り換えの速さは強さの源」

「切り換え!」とゲーム中に声援が出るのは良く耳にする。ところが、何を切り換えるのか実は指示されていないが、サッカーをする上で大切なのは、思考(メンタル)の切り換え、判断の切り換え、そしてプレーの切り換え。ほぼこの3点で収束する。ファウルを犯した時、ボールをもらう前、もらった時、そしてゴールを与えた時など、サッカーでは様々な状況に遭遇するが、それぞれの瞬間、あるいはその直前に、一歩先に次のアクションを起こすことで相手とのプレーのギャップを生み出せるのである。

そういう意味で、開始1分での横浜の失点は、この切り換えの遅さを目の当たりにするきっかけとなった。メンタルの部分である。自分達の現在のウィークポイントである右サイドを削られ、与えたコーナーキックから失点。それを引きずるように、失点してからのプレーも重い。前線から激しくプレッシャーに来る松本をいなせない。右サイドに入った野上ではパスを戻すのがやっとの状況でこれでは右の翼を広げられない。前線に当てに行くが、結局相手と同じ土俵に乗ってしまいバタバタするだけだった。



そう、ゲームの最初のポイントは、失点とその後の取り戻し方が全く出来ていなかった。例え自身の弱点を露呈したとしても、どうメンタルを切り換えるか。そして対応するのか。それが出来ないままプレーを重ねてしまう。あったことは仕方ない、平常心で自分達のプレーで奪い返す、そこまで集中出来なかった。

前半31分流れが傾いたまま松本・岩上にFKを直接決められて差を広げられた。ただ、実はその前に流れを変えるきっかけはあった。前半10分位だろうか松下裕樹が最前線までに顔を出してプレッシャーを仕掛けて相手DFと交錯する事があった。彼なりに現状を打破しようとする狙いで、自陣深いところからサイドに行き、そしてトップまで追いかける。実際松本守備陣の弱点はビルドアップで、それが丁寧に出来ないから蹴る方を選んでいる。たった一人のプレッシャーでも慌てさせられると他の10人が感じ取れなかった。



後半にって小池を右サイドにいれた事で安定したのと、松本も2点差があって必死に前線から来なくなったしゲームのペースをコントロールしたから横浜がボールを持てる時間もあったが、正直雌雄は決した後の話でしかなかった。0-2での完敗。プレーオフ挑戦は苦しくなった。

続きを読む
posted by おかき at 01:07| Comment(10) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

2014年J2第33節 横浜FC-大分トリニータ 「苦しいからこそ笑ってこの坂を登る」

後半ロスタイム、GK南が横っ飛びした手の先をボールが転がっていく。勝ち点3が勝ち点1に変わってしまった。残り10試合でプレーオフ圏内まで勝ち点差は5。御の字ではないが、最悪の事態だけは免れた。



もう暦は秋分の日なのに、残暑を思わせるジリジリとした空気に包まれた。大混戦のプレーオフ争いがまだ終わっていない事を示しているかのようだ。両者気迫のこもった内容で、一進一退。松下裕樹、野上という主軸を欠く横浜だったが、序盤から気持ちで大分を上回ってチャンスを作り出したが、ゴールを決められずにいると大分が今度は反撃するが、これも横浜守備陣がしっかりと対応して綻びを見せない。





大分は横浜にボールを蹴らせたいのか、前からプレスに来るがバックラインは低めのポジションを採る。横浜はその網にかかりたくないので厳しい形でもつなぎにいこうとするので、どうしても攻撃は遅くなるがここは大分の体力が下がるまでの我慢しながら、4-1-4-1のサイドを積極的に狙う。大分もダニエルを中心に激しいプレスでそれに対抗し、横浜にチャンスを作らせない。気温だけではなく、ゲームも熱い。一度だけペナルティエリアのすぐ外からのFKを与えたがGK南のファインセーブで凌ぐ。
続きを読む
posted by おかき at 03:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

2014年J2第32節 V・ファーレン長崎-横浜FC 「長崎には今日も負けだった」

予想していたPKだった。長崎にPKから先制点を許した後、岡主審のジャッジが曖昧になる。長崎GK植草にいきなり遅延行為としてイエローカードが出たりと、それまでカードを横浜だけに出してPKも与えた"反省"なのだろうか途端に長崎に辛くなる判定を繰り返す。後半終了間際、横浜のコーナーキック。蹴る直前にドウグラスが倒されて、主審から長崎の選手に注意が与えられる。「大方、こういう展開の場合は横浜に帳尻合せのPKが来る。」と呟いていたら、コーナーキックが蹴られるとたちまち笛が吹かれて本当に横浜にPKが与えられる。

セットするのは松下年宏。彼の右足に託された。ところが放ったシュートはGK植草に止められ、そのこぼれ球を再び押し込むが長崎・佐藤に触られて枠を逸らしてしまう。絶好のチャンスを逃した横浜はそのまま1-0で15試合ぶりに敗戦の笛を耳にする事になった。



試合開始から横浜にとって苦しい展開が続いた。前節右サイドバックに入った小池がベンチからも外れ、センターバックの野上が入るが機能しない。3バックを右にスライドさせる感じで受け止めに行くが、どうしてもスピードのあるサイドの選手とでギャップを作られ、後ろに走らされラインも下がり、相手の攻勢を跳ね返すのがやっと。それでもそれ以上の侵入は許さなかった。



攻撃も右側を抑えられて、左からだけでは苦しい。オーバーラップもクロスも出来ないサイドは何も怖くない。だから横浜の左サイドだけをケアしておけば怖くない。長崎にとってはそんな印象だろうか。中盤でテンポ良く繋げたが、前線のパクにボールが収まらずアイデアがなく単調な攻撃になっていた。



後半18分、前半から不安定な主審の笛でゲームは動いた。ドウグラスがカウンターでドリブルでオーバーラップしたが、これをカットされたのを展開されてクロスに合せた長崎・三原を野上が倒してPKを与え、これを決められて長崎に先制を許してしまった。
続きを読む
posted by おかき at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

2014年J2第30節 横浜FC-ザスパクサツ群馬 「中盤を制するものは、、、」

横浜は試練を与えられた。後半30分、安が右膝を負傷して突如交代を余儀なくされる。同じ位置に入ったのは佐藤だが、群馬の勢いを止められない。彼が群馬・小林に振り切られて放たれたミドルシュートをGK南が渾身のセービングで弾き出す。押し込まれている。下がり始めたディフェンスライン。1-0で逃げ切れるのか。

群馬のサポーターの松下裕への敵意剥き出しの勢いがそうさせたのか、群馬は下位に沈んでいるとは思えない程のプレッシャーで横浜に向かってくる。特に市村が負傷で離脱した右サイドバックは再三再四狙われてしまう。小池が右サイドバックが出来るとは言ってもボールの奪い方やポジショニングで、おぼつかないところが出てしまう。右サイドの裏に蹴られては辛抱する時間帯が続く。



右サイドをグッと押し込まれる状況でそれを跳ね返そうと、左サイドを押し上げていくが簡単にはゴールには迫らせてもらえない。お互いが相手の右サイドを攻める状況は続き、まさに一進一退の重苦しい戦いとなった。



しかし群馬・平繁が決定的なシュートを外すと、今度は横浜にチャンスが待っていた。前半39分相手のカウンター気味の縦のパスを奪った松下裕から中島に展開。左サイドからのクロスに合せた松下年のシュートは一度は群馬GK富居に防がれるが、野村が再び押し込んで横浜が先制した。

続きを読む
posted by おかき at 02:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

2014年J2第29節 横浜FC-アビスパ福岡 「過ちは繰り返すまじ」

前半ロスタイム。松下年のコーナーキックに合せたのは安だった。彼が自由にジャンプしてヘディングで方向を変えたボールはそのまま福岡のゴールネットを揺らした。この追加点で2-0とした横浜は心理的にも優位な形で折り返す事が出来た。
先制点のゴールもほぼ同じ形で、松下年のコーナーキックをややディレイ気味に走り込んだ安が放ったシュートは彼曰く「ミスだった」がそのこぼれ球に反応した松下裕が押し込んだ。この1点目は福岡CBの古賀が負傷治療から戻ろうとピッチに入ったのと同時に蹴られて、まだ福岡のマーカーが整理されていない時のものだったが、2点目もほぼ同じ形で横浜はたやすく追加点を手に入れた。福岡が犯した過ちは大きすぎた。



横浜は序盤、城後とGK南の1対1を作られてしまうが、これを南が防いで流れがやってきた。その直後の前半9分に松下裕樹がゴールを決めてその風を横浜がつかんだ。福岡の中盤のパスをカットしてはサイドに展開して、一気に前に持って行くが横浜は最後を決めきれない。



当たりの激しい福岡の前に、両チームヒートアップする。この場で、横浜は過ちを犯さなかった。累積警告3枚の野上はバックチャージでカードすれすれだが、丁寧に謝罪して警告にはならず。安も感情剥き出しで主審に抗議するが、最後はチームメイトや監督も声をかけて宥める。不要なカードはチームに影響を与える。これから横浜はそういうポジションに入っていくのだ。



先制点を挙げたもののそれほど楽な展開ではなかったから、前半最後のプレーでの追加点が大きかった。そして後半から、坂田と古賀という攻守の要を福岡は負傷で失って単調な試合展開になってしまった。チャンスがあっても決めきれない横浜と、めぼしいチャンスも作れなくなった福岡の退屈な行ったり来たりの戦いが続く。

続きを読む
posted by おかき at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

2014年J2第28節 東京ヴェルディ-横浜FC 「夏休みはもう終わり」

クロスバーに跳ね返される松下年のフリーキック。ポストを叩いて弾かれる黒津のシュート。終盤怒濤の攻撃でヴェルディゴールに迫るがゴールが遠い。誰もが敗戦を覚悟し始めた後半42分。コーナーキックの落としを松下裕がヒールで流し込み追いついた。



ここまでゲーム展開は横浜にとって苦しいものだった。ヴェルディは他のチームと異なり、前半からディフェンダーにかけ続ける。寺田、松下裕を狙ってハメに行くのではなく、そこで嵌められないなら全員で動いてさらに下げた後も狙うというもので、高さや身体能力に強みのある野上、ドウグラスはそのスピードとスタミナに振り回され続けた。前半相手を倒してドウグラスにイエローカード。これで彼はこの後2試合出場停止。是が非でもこのゲームを落とせなくなった。



ヴェルディのハイテンポなゲームにメイクに苦しむ横浜は布陣を4-1-4-1に変更するも、ボランチ松下裕がディフェンダーが抜かれた後のカバーに走らされるだけで根本的な解決には至らない。そして前半42分。東京ヴェルディ・杉本に突破を許し、澤井のクロスはファーサイドに流れるが、駆け上がってきた安在にダイレクトのシュートを許して、これがゴールに吸い込まれてしまう。



続きを読む
posted by おかき at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2014観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする