最近の記事

2007年03月05日

トリニダード・トバゴ旅行編2007/1 総括編

今回のトリニダード・トバゴ1週間の旅では、また新たなトリニの
一面が垣間見えた。

1.冬のトロント

舐めすぎていた冬のトロント。11月に来た時は、雪もなく風が強い
印象が強かったが、今回の旅程では窓の外は雪ばかり。私が乗る
ニューヨークへの便は欠航しなかったものの、その他の空港への便は
多く遅延・欠航を余儀なくされていた。
よくよく考えてみると、北海道より緯度が高いところにあるのだから、
それ位想定できたと言われればそうかも知れない。
ただ、カリブ海方面に行くには、現状トロント、NY、マイアミ経由が、
安く行けるのだから貧乏人にとってはこの選択しか考えられない。
ダラスやヒューストンからも便は出ているが、週2便だったりと
便利とはいえないからである。

2.アメリカ入国審査

これが面倒の一言。もう慣れてしまった人もいるだろうし、私も特に
問題はなかったが面倒なのは、その待ち時間。トロントの待ち時間は
酷すぎる。何よりトロントにアメリカの入国審査があるのだ。
しかも、到着ターミナルとアメリカ行きのターミナルは異なっていた為、
同じ航空会社でもバスでターミナル間を移動する面倒さもあった。

それにしてもトロントは、カナダでも有数のハブ空港とあって
カナダ入国自体も非常に混雑。これは、今回だけでなく前回でも感じた事。
絶対的な係員の数が少ないのだから仕方ない。

3.US$とTT$に騙されるな

トリニダード・トバゴは一応TT$という独自の通貨が流通している。
ただし、US$もTT$も同じドルだけあって、表示が「$」の場合一見すると
見分けが付かない場合が多い。普通はTT$で、親切なところはUS$の
表記がされているのだが露店っぽいところは怪しい。
空港からのタクシーもマキシバスを使わなければプライベートでは
US$が必要。価値が6倍違うので、6倍のTT$を払えばいいのだが、
聞いてみる必要はある。そういう場所は殆どないのだけどね。

4.食事

物価はモノによると思うけど、日本と同じくらいかやや高めかも知れない。
水は50円位だったが、どこでもランチは20$から30$近辺。
400円〜600円なら日本でも同じ位になる。貧しい国ではあるが、
カリブ海の中では石油コンビナートがあったりする産油国なので、
多少物価は高いのかも知れない。
量に関しても、アメリカ圏によくあるてんこ盛りという料理は少なく、
元英国領が影響しているのか量は普通だった。
後は、「アバウト」それだけだ。

続きを読む

2007年03月01日

トリニ旅行 グルメ編 その10

またしてもエア・カナダの昼ご飯。
12時のフライトだったのに出てきたのは、14時近く。遅かった。

P1080805.jpg

チキンのケチャップ煮?が美味しくて、おかわりしました。
それは冗談だけど、これは身も大きくていいね。
サラダにはサーモン入ってました。

写真でもわかる通り、窓を閉めています。左側から
直射日光が入ってくる為に、開けておくと眩しすぎるのです。

ちなみにバンクーバーからの飛行機は空席も多く、
私は窓側で隣に外国人がいましたが、中央の4席が空いていたので
その方はそこに移動して4席使ってました。
私も2席使えるので楽な帰路でした。

続きを読む

2007年02月24日

トリニ旅行 グルメ編 その9

P1080702.jpg
ピアルコ国際空港で食べた朝食。ビュッフェとはいいつつ
3品まで。サラダバーなのに1杯までと一緒か。

ベーコンがカリカリになるまで焼いたもの(左前)、
辛いツナで野菜と炒めてある(上)、野菜と魚を炒めている(右)
後者二つの区別が付かなかったが。
パンは他にもロティを選択できたが、品切れで断念。
もう昼の11時ごろなのに、ちょっと酷い。。。

P1080723.jpg
帰りのカリビアンエアラインの機内食。
コーンサラダ(左前)、炒めたカレー風味の鶏肉とご飯に野菜
パン、ケーキと水というランチとして極普通の内容。
トリニの航空会社ならチキンパイがあっても良かったと思う。

P1080775.jpg
JFKターミナル7にあるサブウェイ。本当にサブウェイ好き。
これでトリニとアメリカと日本とドイツを制覇。
どうでもいいけど。頼んだのは、ステーキ入りのもの。


飲み物編

2007年02月19日

トリニ旅行 グルメ編 その8

実質トリニ最終日のこの日は、トリニダード・トバゴ代表の
スポンサーでもあるケンタッキーフライドチキンに向かう。
人気は高く、昼間でもないのに店内には長蛇の列が出来ている。

P1080681.jpg
フレデリックSTに面しているケンタッキー通称KFC

ケンタッキーがうれしいのは、チキンが3つにポテトと
ドリンクで30TT$(600円)近くで済ませられる事。前出の
ロイヤルキャッスルもチャーチーズチキンも2つで28TT$近く
だったから、それを考えるとお得な気分だ。

P1080678.jpg

トリニのケンタッキーは、ケチャップなどのソースは
自分でプッシュしなければならない。それで落としてみたのが、
スパイシーソース。赤い辛味というよりは、半透明なソースで
これは緑の唐辛子の辛さ。でも美味しい。

でも個人的にはチャーチーズがイチオシ。トリニでは
チャーチーズですよ。皆さん。

食べながらふと気になったのはケンタッキーの看板
P1080679.jpg

やはり大企業だけあって、店員さんの姿勢は凄く良い。
ロイヤルキャッスルのやる気の無い店員とは大違いで、
非常に丁寧だった。
募集でもそう謳っている様に、待遇はそれなりにいい。
食事も無料、制服も貸すし、家まで送ってくれる。
実は最後の項目は大きく、深夜の治安が良くないトリニにおいて、
こうした項目が入るのが重要だったりする。

彼らの給料はわからないが、ある大きなショッピングセンターの
販売バイトで時給10TT$(200円)だった事を参考にすると、
一日80TT$、20日で1600TT$(32000円)となる。約3万は
カリブの国にすれば決して低い額ではないだろう。
トリニダードは、カリブの中でも唯一と言っていい、
石油産出国なのだ。

続きを読む

2007年02月11日

トリニ旅行 グルメ編 その7

P1080395.jpg
チャーチーズチキンのセット。コールスローを合わせて
コンボで32TT$(640円)位。ここのチキンは旨い。
パリっとしていてジューシーとはこのチキン。
食べると、3層の膜がある事に気が付く。
一番外の乾いた層、その下にスパイシーな層、
そしてジューシーな肉が顔を覗かせるのだ。

箱に「C'mon(Come on) get spicy」と書いてあるのは
伊達ではない。これは美味しい。

続きを読む

2007年02月10日

トリニ旅行 グルメ編 その6

P1080377.jpg

これがロティ。手に収まりきらない。
10センチ四方の大きさと大きく、しかも出来たてで熱い。
最初は宿に戻って食べようと思っていたが、仕方ないから
帰り道で歩きながら食べる。しかし、食べ慣れていないから、
ボロボロと具がはみ出して落ちていく。

このチキンロティは、チキンが大きくて、フライドチキンの
足の根元の部分がそのまま入っている感じ。
ポテトをすりつぶしてから、蒸してあるのだろうか
少し乾いてそれがパサパサした食感になっているが、
その部分を食べているだけで、腹が膨れる。

これで16TT$(320円)だが、ビッグマックを食べるより
確実にお腹一杯になった。

続きを読む
ラベル:ロティ

2007年02月09日

トリニ旅行 グルメ編 その5

P1080302.jpg
動物園の売店で売っていた「ビーフバーガー」特に
大きくもなく、小さくもなく。日本人がよく食べている大きさ。
ただ価格が10TT$(200円)もするのでもったいない思いをする。

トリニはビーフが宗教上の関係で、あまり流通していないのか
と勘繰ったりもする。というのは、私自身の見た範囲で言えば
マクドナルドは存在していない。その代わり、チキン関係は
非常に多く、次に紹介するフライドチキンチェーンも
その代表だ。

続きを読む

2007年02月05日

トリニ旅行 グルメ編 その4

P1080086.jpg
スタジアムで売っていたスープ。その名も「コーンスープ」

日本で言うコーンポタージュ風のスープとは異なり、トウモロコシを
ぶつ切りにして、その他多少のスパイスとジャガイモなどの野菜と一緒に
煮込んでスープが出来上がる。このコーンスープにはチキンも入っていた。
これで12TT$(240円)。トウモロコシがぶつ切りなので、芯も
入っているが時間を掛けて煮込んでいるのか、柔らかくなっているので
普通に噛んで食べられる。
ジャガイモもも溶けているのでドロドロしているが、美味しい一品。
スタジアムで12TT$なので、街中で買えばもう少し安いだろう。


続きを読む

2007年02月02日

トリニ旅行 グルメ編 その3

17日の朝に食べたサブウェイのサンドイッチ
P1080003.jpg

シーフードセンセーションというメニューを頼んだら出てきたのがコレ。
大きなカニ棒とツナとエビが入っていた。価格は19.99TT$(約400円)な
ので、日本と価格は変わらず。しかし、1セントお釣をくれなかった。
ちなみにここの国のサブウェイは注文すると、キャンディをもらえる。

続きを読む

2007年01月30日

トリニ旅行 グルメ編 その2

深夜便のカリビアン・エアラインのディナー

P1070847.jpg
これはこれで結構美味しい。深夜にしてはコッテリしているが、
ボリュームはあって、食べたという気になる。

左下はポテトサラダ、メインのおかずはポテトをスライスして
茹でてから野菜と一緒に炒めたもので、塩味だけで十分いける。
肉は記憶が間違ってなければ鶏肉の煮込み。エア・カナダは鶏の胸を
使って、ヘルシーで簡単に仕上げていたが、こちらの方が手が込んでいる。
肉はモモか。デザートにはケーキ。

そして

続きを読む