最近の記事

2016年11月13日

2016年J2第41節 横浜FC-ツエーゲン金沢 「それはハプニングじゃない」

この試合は2016年の横浜FCのホームゲーム最終戦。社長や監督が挨拶をするのだが、北川社長が「今年は色々とハプニングがありまして」という言葉にドッと湧くスタンド。ルス監督の辞任をみな思い浮かべたのだろう。昨年体調不良と成績不振で辞任した監督を再登板させて、3月には不整脈で入院・治療し、さらに6月にはドクターストップがかかり結局辞任。成績に加えて、体調が不安視されていた監督を続投させた挙げ句、その辞任をハプニングと表現しても、多くのサポーターは苦笑するしかなかった。

IMG_3202_20161112.jpg

天皇杯も含めると3試合連続となるPKを後半26分に献上してしまう。永田がペナルティエリア内で、不用意に金沢・熊谷を倒してしまった。これはハプニングだろうか。そうじゃないのだろうか。そうじゃないだろう。
この試合前半頭の時間帯以外はほぼ金沢に主導権を握られ続けた。この試合もイバが激しいプレスでボールを収められないと横浜はボールを進められない。シーズンも終盤になれば、どのチームもそれなりに対応してくる。中盤に佐藤がいない事も大きく影響しているだろう。縦に楔を入れる選手がいないのだから。

IMG_3417_20161112.jpg

チャンスらしいチャンスは金沢に多く、横浜は天皇杯を控え中心のメンバーで臨み、1週間のインターバルを入れて昇格へのわずかな可能性に賭けるという切迫感はなかった。むしろ時間が過ぎていくにつれて、降格の可能性が全くない緩んだサッカーを続けてしまった。

続きを読む
posted by おかき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

2016年第96回天皇杯4回戦 大宮アルディージャ-横浜FC 「良くやったでは昇格はまだまだ遠い」

「よくやった!」試合が終わりメインスタンドからはそういった声が選手に掛けられるが、自分はまったくそう思えなかった。負けた試合で「よくやった」は選手に掛けるべき言葉ではない。「よかった」の聞き間違いではないかと何度も聞き直した位だ。

IMG_3082_20161109.jpg

その通り「よかった」。横浜、大宮ともお互い控えメンバーでこの4回戦に挑んだ。特に昇格プレーオフが絶望的となった横浜は、フルメンバーで来ると予想されていただけに大宮にはやや誤算があったが、それでも前後半を通じて大宮がボールをポゼッションをする中、良く耐えていた。
前半はサイドを使って横浜に迫ったが、大宮・江坂のシュートは枠を捉える事が出来ず難を逃れた。内田、田所がマテウスと奥井のリズムに慣れ始めると、大宮の左サイドの攻撃の回数が増える。
松下、市村がミスでボールを失うとペナルティエリアへの侵入を許したが、体を張ったディフェンスで大宮の攻撃を凌いだ。

IMG_2783_20161109.jpg

大宮には余裕があった。ボールも支配している、チャンスも作れている、決定機も数は許していない、さらに万が一このままでも家長も泉澤も横谷も控えている。どこかでこのままなら点が奪えると考えていたはず。
ただその緩さの分だけ横浜からゴールを奪いきる迫力を削いでいた。大宮・渋谷監督が「きれいに攻撃をしようというのが何度も見えた」という通り、ねじ切る事を見せなかったから横浜の善戦に繋がった。

続きを読む
posted by おかき at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

2016年J2第40節 FC岐阜-横浜FC 「空白の14分」

空白の10分だった。後半17分岐阜・レオミネイロにPKを決められて横浜は2点が必要になったが、ベンチに動く気配がまるでない。この試合、岐阜がイバ対策として打った手はサイドからのボールを徹底的に抑えることだった。サイドに風間・田中という俊敏な選手を置いて前線からしつこくプレッシャーをかける。横浜はボールを蹴ってこれをいなしにかかるが、前半風下の横浜は遠くに蹴ることができず相手ボールにしてしまうばかりだった。

とはいえ、岐阜も難波、レオミネイロの快足2トップを前線において裏に蹴るだけで、大きな見せ場という見せ場はなかった。感覚としては、風間の運動量が落ちてくるであろう後半、左サイドを起点にどう攻略するか。

IMG_2416_20161106.jpg

後半風上にたった横浜は、前半よりもロングボールが効果的になり裏のスペースでキープしながらイバが落としたところを津田が、野村がチャンスを作るが、その展開したサイドを攻略できないまま時間だけが経過していく。最悪どんな展開でもいいから点を奪わないと勝てないのだが、ベンチからも指示らしい指示はない。優勢と見ているのだろうか。それでも1点を奪えばいい。勝てば京都、岡山にプレッシャーをかけられる。

IMG_2572_20161106.jpg

そう思っていた矢先、後半17分ロングボールの処理を大崎が誤り後逸。ボールをレオミネイロに奪われてしまう。慌てて大崎が追いかけてプレッシャーをかけるとレオミネイロを倒してしまいPKを献上。今シーズンずっと見てきた象徴的なシーンに思えた。PKは渋谷がコースを読んでいたものの、ボールの速度が速く決められてしまう。横浜が勝たなくてはならない試合で、痛恨の先制点を与える。

ここから2点を奪うためにどうするか。そういう想定はしてあるはずだ。岐阜の速攻カウンターに屈して先制点を許した後、状況に応じてどう逆転まで導くのか。いつまで経っても動かない。先に動いたのは岐阜だった。疲れてきた小野に代わって野垣内を入れて永田を継続的にケアさせる。

IMG_2688_20161106.jpg

やっと動いたのは失点してから14分後、試合終了まで15分を切ってからだった。遅い。遅すぎる。野崎に代わって小野瀬を同じポジションに入れるが、役割に大きな違いはなく岐阜には動揺が見られない。佐藤が警告をもらい、次節以降の出場停止が決まったことで、逆にここで勝ち切りたいという気持ちが出てボールにより一層絡み横浜が取り返そうという気概が見え始めた。

続きを読む
posted by おかき at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

2016年J2第39節 横浜FC-モンテディオ山形 「後悔して空を見上げるならシュートを打て」

後半31分山形・佐藤に鮮やかなボレーシュートでゴールを許して同点とされた。命運尽きたと思った。勝ち続けなければならない横浜が数的有利なのに、押されたままで遂に許した同点弾。しかも、直前にカウンターで攻め込んだ寺田がシュートを打たず選んだ横パスを相手に奪われゴールを許すという。
横浜は10月の水戸戦でも時間残りわずかなところで小野瀬が抜け出すもシュートではなく、横パスを入れて味方と合わずにチャンスをフイにするシーンがあった。

IMG_2258_20161103.jpg

ゲームは序盤から山形が攻勢だった。中3日でもメンバーを変えなかった横浜はどこか動きが緩慢だった。それでもジャッジは横浜に味方し、山形・松岡が前半29分この日2枚目のイエローカードで退場すると残り約60分を数的有利に進める事ができる。横浜側から見てもやや厳しいカードだが、その4分前にも佐藤謙介のドリブルを肘を使って止めカードが出ているので、その繰り返しという事で仕方ない部分はある。
その退場があっても横浜はゲームを優位に運べない。これでゲームを一旦落ち着かせた山形は5バックの1トップでサイドのスペースを埋め、横浜は前に進めない。

IMG_2159_20161103.jpg

そんな苦境を救ったのがイバ。鋭くカーブのかかったFKを直接ねじ込んで押されていた横浜が先制した。ただここからもテンションは上がらず横浜はゲームの主導権を握れないまま追加点の気配もなく前半終了。

ハーフタイムに修正をしたはずも、後半も数的不利の山形の方が断然動きが良い。そして、それに追い打ちをかけるかのように、リードして数的有利だからか試合の流れよりも疲労や日程を見込んで小野瀬、野村を下げたところが雲行きが怪しくなっていく。野崎、寺田は守備に長けた選手ではないので、彼らを途中から入れてもサイドの攻撃に蓋をできない。野崎は前線から追い回すが逆にスペースを与え、寺田は山形の攻撃陣に振り回されるばかりで相手の両翼を抑えられない。

続きを読む
posted by おかき at 07:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

2016年J2第38節 レノファ山口-横浜FC 「イシン伝心」

これまで何度も見てきた光景が山口でも繰り返された。カズが試合中アップをするだけでざわつくスタジアム、彼が手を振ろうものなら試合内容そっちのけでメインスタンドのホーム側まで歓声が波打つ。後半40分、ウォームアップエリアからベンチに呼ばれ、それが交代出場を意味するとわかった時、この日一番の割れんばかりの拍手がスタジアム全体に広がる。その感情はフィールドにも伝わる。それが山口の猛攻を加速させるはずの応援を削いでいった。横浜は山口の反撃を無失点でしのぎ勝利した。

IMG_1900.JPG

前半は山口ペースだった。横浜は前線でファウルをもらいゲームをコントロール出来ないでいると、山口はショートパスをつなぎ横浜に攻め込んだ。ただ、流れが変わったのは前半17分。野村のカウンターを止めようとした山口・庄司にイエローカードが出て、ジャッジのバランスがそれまでややホームの山口寄りだったのが主審が思い返したのか修正される。
ここから横浜がボールを持てる時間が増えていった。山口の強さはオープンスペースのある時のショートカウンターに近い形の場合。ボールを奪う位置が低くなりすぎると、そこからサイドに展開しても、押し上げが遅くなるからプレスバックで挟み込める。ゴールに背を向けてボールを持つ岸田は怖くない。この試合を通じて、横浜はサイドにボールを持たせた時は余裕があった。
ただ前半16分のように岸田が前を向いて突破し、折り返しを山口・島屋にシュートを打たれたのは決定的だったが、藤井が足を伸ばして難を逃れた。

IMG_1756.JPG

その後、横浜は初めてと言えるコーナーキックからのチャンスで、一度は弾かれるものの中里がもう一度入れたボールに小野瀬がヘディングで押し込むとGK村上の手をすり抜け、詰めていたフリーのイバがつま先で押し込み昇格プレーオフの為には負けられない横浜が先制。試合は前半ここから横浜が流れをつかんだ。横浜は勝たなければならない。下にいるからこそ、狙いはシンプルで勝利しかない。それもあってかこの試合のアウェイゴール裏にも青いシャツを着たサポーターはいつもより多く感じた。

IMG_1722.JPG

その気持ちは後半も途切れなかった。後半6分佐藤が右サイドに展開すると、津田から小野瀬、小野瀬から津田、そしてリターンを割って入ってきた佐藤が受けて右足でシュートを放つ。これは山口GK村上にセーブされたが、こぼれたボールをイバが難なく蹴り込み横浜が追加点。山口のお株を奪う様なショートパスで山口を切り崩した。

続きを読む
posted by おかき at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

2016年J2第37節 横浜FC-ザスパクサツ群馬 「信じるだけでは救われない」

1-2と逆転されて、誰がそれ以上のことを描いて応援していたか。「いつもの大崎のミスから」「失点するとグダグダになる」そんな文句が口をついて出る。そのまま前半終了した時にスタジアムを覆っていたのは、困難を乗り越えてでも昇格プレーオフまで行くという雰囲気ではなく、「またか」「やっぱり」という後ろ向きな気持ちだった。

IMG_1384.JPG

その空気を選手たちが変えた。後半8分イバが群馬の選手2人に囲まれながらもペナルティエリアのわずかに外からシュートを放ち、鮮やかにゴールネットを揺らしてその暗鬱な雰囲気を一掃した。同点に追いつくと流れは横浜に傾いた。

IMG_1343.JPG

そもそもこのゲームは横浜が前半最初から優位にゲームを進めていた。前節水戸戦の反省から徹底的にイバにボールを集め、ロングボールで打開することを狙う。それが前半開始4分にすぐ実る。ロングボールにイバが囮となり2列目から飛び出した野村がボールをキープすると、右足を振りぬくといきなり先制。永田が野村を追い越して、それにつられて群馬DFが下がった間隙を突いた素晴らしいゴールだった。

IMG_1181.JPG

IMG_1286.JPG

その後も横浜は群馬陣内でゲームを進めたが、群馬・中村にゴールを許すと前半35分にも瀬川の折り返しに詰めた小林に逆転ゴールを許してしまう。前節と同じで、チーム全体でやりたいことがチグハグでゲームの主導権を群馬に渡してしまった。

続きを読む
posted by おかき at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

2016年J2第36節 水戸ホーリーホック-横浜FC 「二段ロケット」

J1昇格プレーオフ圏内まで残り6試合で勝ち点差を10としてしまう絶望的な引き分けとなった。

横浜は天皇杯・長野パルセイロ戦の後の讃岐戦から勝利を奪えないでいる。内容も芳しくない。もっと言えば今までずっと修正されてこなかったミスでそのまま失点につながっている状況だ。中田監督も毎試合の様に修正を口にしているが改善される気配はない。
夏場はそれでもまだ監督交代直後で対戦相手もスカウティングできていない部分もあって勝利を重ねることができたと思う。また9月以降はけが人も増えて選手のやりくりも難しくなった。
その中で讃岐、愛媛と四国の連戦で勝ち点1すら挙げることができないまま京都、町田に置き去りにされてしまった。

IMG_0812.JPG

前節の長崎戦も追いつかれてのドローと下降気流に如何に抗うか。そういう意味では、この試合は順位も下で比較的組みやすい水戸のはずだったが、積極的にプレッシャーをかけてくる水戸の前に前にボール運ぶことも難しく、押し込まれる展開を続けてしまう。
前半26分には水戸・兵働のFKに水戸・細川が合わせて先制。横浜は大崎がマークを放してしまいフリーでゴールを許した。大崎のこうしたミスは今に始まったことではないが、野上を移籍で放出し、デニスは怪我の影響もあり日本のサッカーに順応できず夏前に退団。代わりになるべきセンターバックの層が薄いから仕方ないのだろう。

IMG_0899.JPG

横浜は4-4-2のシステムなのだが、野崎がどうしても内に絞って守備を始めるおかげでいつも右サイドが空いてしまう。前半こそ彼の走力で大きな破たんは生まれにくいが、後半になるとここの電池が切れる。かと言って、彼が内にいないとセカンドボールを拾えないという難しい状態。
つまり津田が機能していないだが、ここに大久保を起用すると後半のパワープレー要員がいなくなり、カズでは運動量やスピードに欠ける。駒が揃っていない。

IMG_0945.JPG

その中でも野村が見せた。前半42分、野崎とのパス交換から右足を振りぬくと左に曲げたシュートがゴールに突き刺さって横浜が同点に追いついた。

続きを読む
posted by おかき at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

2016年J2第35節 横浜FC-Vファーレン長崎 「雨降って地固まりすぎた」

「ここ侵入されたらどうすんの?」後半野崎がベンチに叫ぶ。前半リードで終えた横浜は、後半長崎の攻勢を受け止める時間が長くなった。監督や選手が口々に言うように、チーム全体が「はっきりしない」戦いになっていた。2点を奪うまでの躍動感はなかった。後半日が差したのは長崎だった。

IMG_0526.JPG

前半から良くない傾向はあった。相手ボールが低い位置にある時に野崎はロングドライブでサイドバックもサイドMFにもプレスに行っている。潰れるまで飛ばすのはやり方としてありだが、根本的にそこが閉まってないのはなぜだろうと。前線と後ろが開いてしまっていた。前半からこの傾向があるのは2点差の余裕をどうするかが明確でないからだと考えていた。

それが現実のものとなったのが後半。長崎のパスワークで横浜はバイタルエリアを切り崩される。ここでボールを奪っても前線に走りこむ選手も少ない。守備では野村、野崎が引っ張られてギャップを作られてと厳しい展開が続く。

IMG_0629.JPG

「セットポジションをしっかり取って守り、そこから攻撃に」と中田監督が話したことが逆に選手たちの足を重くしてしまった。ブロックやポジションを意識しすぎる余り、裏に蹴る事も少ないし、押し上げもないからセカンドボールも奪えなくなった。

続きを読む
posted by おかき at 02:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

2016年J2第32節 横浜FC-京都サンガF.C. 「三ッ沢には神がいる」

まるで何かに魅入られたかの様にPKを蹴るキロス。GK南はそれをすべて読み切ったかの様に止める。そのたった約10分後、今度はエスクデロにPKを献上するも、これまた南曰く「スカウティング通り」コースを読み切りこれもストップさせた。京都には有名な賀茂神社があるが、この日詣でをするべきは神社ではなく三ツ沢だった。

IMG_9671.JPG

前節町田戦は押し続けながら引き分けに終わってしまった。6位京都とは勝ち点差が7。この試合の勝ち負けでプレーオフ圏内に入る訳でもない。重要なのは、そういう目先のモチベーションが低くなりがちな時でもちゃんと勝ち点を積み上げて相手との差を小さくできるか。そこだけだった。

前半京都が高い位置からプレッシャーに来る。本来はここをイバを使って逃れたいところであったが、早い段階でイエローカードをもらってしまった為、中々打開策が見いだせない中でエスクデロのいる横浜の左サイドを集中的に攻略される。彼はボールを持ててフィニッシュまで行けるのでブロックを食い破られた。
しかし、京都・石丸監督が言うように、その先で上手くやろうとして京都は空回りしている感があってエスクデロを押さえると京都の前線は怖くなかった。山瀬も存在感がなかった。

IMG_9398.JPG

横浜は逆に津田が倒されてFKを得ると前半13分これをイバが左足で巻くように蹴ると、ゴールに吸い込まれていった。京都GK菅野も動けない鮮やかな先制ゴールだった。

IMG_9545.JPG

この後も横浜がゲームを支配したが、前半最後のプレーでペナルティエリア正面わずかに外のところでFKを与えてしまい、エスクデロのキックはゴールを襲うが、ここにいた永田がヘディングでこれをクリアして前半終了した。イバや南がすごかったが、永田の気の利いたポジショニングは横浜を失点から救った。

続きを読む
posted by おかき at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

2016年J2第31節 FC町田ゼルビア-横浜FC 「魔境に潜んでいた落とし穴」

欲を言えば勝っておきたい試合だった。自分は、試合が終わった後のゴール裏から発せられたブーイングをそう解釈していた。審判に向けて発せられた「クソ審判」コールを聞くまでは。
主審のどうしようもないような、まるでいつかの家本主審の再来を呼び起こさせるジャッジを目の当たりにしても、特に後半は横浜は相手にまともにシュートすらさせないような良い内容だった。前半手こずった町田・仲川にも前を向かせない。町田・鈴木崇の抜けた中盤は、横浜がほぼ支配していた。サイドを時折突破されたが、それでも失点をする臭いすら感じなかった。

IMG_9223.JPG

前半38分のPKは重かった。選手などの話をたどって見ると、大崎がペナルティエリア外で相手選手を派手に倒したが反則ではなく、その流れでペナルティエリア内で佐藤がカードもないままひっかかった様に見えるプレーでPKを献上。大崎はプレーとは関係なく、主審を批判したとしてイエローカードという事なのだが、佐藤の与えたPKもどうも釈然としない。

IMG_9125.JPG

そのPK。一度は南が相手のフェイントにも体勢を崩さず弾いたが、キックよりも先に選手がペナルティエリアに侵入しており蹴り直しに。キッカーの町田・中村はフェイントをかけて右に蹴って止められたので、強く左に蹴ると思っていた。南もそれに反応したが蹴ったコースが良すぎた。ゲームを押し気味に進めていた横浜が先制点を許してしまった。PKになって内心胸をなで下ろしているのは一番激高していた町田・中島だろう。彼が主張していたファウルなら確実にペナルティエリアの外なのだから。

続きを読む
posted by おかき at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする