最近の記事

2016年08月30日

第96回天皇杯1回戦 横浜FC-山形大学「お膳立て」

まさにおあつらえ向きの試合だった。普段のリーグ戦ではない天皇杯1回戦。国際化を目指していく中で、インターネットでゲームが見られないというニーズに応えるべく始めたYoutubeのライブ配信の対象。そして格下になる大学生が相手の試合。試合の数日前にベトナムメディアがアインが出場すると報じた様に、出場の条件は見事に揃ったと言っても良い。

後は、スタメンとなった彼がどれだけ力を発揮するかという部分が焦点に移る。横浜においてもどの位彼が出来るのか皆興味津々だったはずで試合前のチャントで一番多かったのはアインだった。尤も発音が違うのか、それに反応する事はなかったが。

IMG_7612.JPG

試合では中里がアインをお膳立て。ダブルボランチでアインのケアをしていた。低いところでゲームを組み立てつつ、守備に重きを置いたポジショニングでバイタルエリアは最低限締めていた。

IMG_7822.JPG

アインは自分のやりたい様にやるだけだったが、ここで露呈したのは戦術理解の差だった。彼がボールを欲しいタイミングと周りがかみ合わない。公式戦で初めてなので仕方ないのだが、彼にボールを出してもそのポジションではその先の展開として選手の距離感が遠くなってしまうから味方はパスを出しづらい。そういう意味では、アインは一歩遅れていたのだ。
それでも、時折見せるドリブル突破とボールコントロールは、現役ベトナム代表としての質を伝えていた。

IMG_7593.JPG

無論彼の出来不出来でチームがジャイアントキリングを食らうほどの状態にはなく、山形大学の攻撃を跳ね返し、CKから大崎が先制点を挙げると前半35分にはオウンゴールで追加点を挙げた。

続きを読む
posted by おかき at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

2016年J2第30節 横浜FC-清水エスパルス 「渇き」

三ツ沢の丘を下ろうとすると喉に乾きを覚えた。試合中叫んでいても得られなかったのに、試合の後になってなぜ今さら。そこで気がついた。この清水戦に何か余裕を持って臨んでいたのだと。根拠のない自信ではない。上位に4連勝、そして逆転劇もある。この内容でいささかの自信を持つなという方が難しいだろう。
その心の隙間を縫うように清水は横浜を前半から圧倒した。特に藤井のいる右サイドを狙われる。野崎と2人で蓋をしようとするが、野崎は中央に寄せている関係もあってこのスペースを使われ続けた。それでも前半は横浜にも体力があり、最終ラインで何とかクリアし最終的には無失点で前半を折り返した。

IMG_6866_20160821.jpg

だが、後半開始早々に横浜は失点する。右サイドの清水・河井から上がったボールを清水・鄭が裏に落とすと飛び込んできた金子にゴールネットを揺らされてしまう。さらに後半8分には松原のクロスにフリーになっていた白崎がヘディングで押し込み追加点を献上してしまう。

IMG_6893_20160821.jpg

直前にニアの大崎の目の前にいた金子をケアしようと西河が寄せてたのだが、大崎が気づいていないと思いケアする為に寄せたのが仇になったのか、あるいは白崎を見ていなかったのか。ディフェンスラインが締まらないのは敗戦を繰り返していた時そのまま。

IMG_6820_20160821.jpg

逆転といえば聞こえはいいが、守備ラインは改善されていない。身体を張らないとはじき返せないのは、それ以外のラインの駆け引き、ポジショニングなどで勝てていないとも言える。
そして、この最初の失点の時ももらったお菓子を口にしようとしていた最中に失点、、、自分がゲームに入れていなかったと猛省した。
続きを読む
posted by おかき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

2016年J2第29節 東京ヴェルディ-横浜FC 「夏の体力の消耗は計画的に」

このお盆の期間にみなさんいかがお過ごしでしょうか。お盆は自分にはあまり関係なく、つい土曜日はオリンピックを早朝まで見て昼まで寝るというぐうたら生活をしてました。それが一番体力を使わないからね。エアコンの効いた部屋での自堕落な生活もたまには良いもの。

IMG_6698.JPG

さて8月に休日ができた関係で、無理やり中2日という厳しい日程をJリーグはよくも作り出してくれたものだ。寺田、小野瀬、市村、津田と主力に怪我人を抱え、野上の移籍、ハリロビッチの退団で後ろにも余裕がない中でも、容赦なく試合だけはやってくる。前節札幌に勝利したとは言え、チーム全体はかなり疲弊している。

IMG_6598.JPG

この試合でも前半は東京ヴェルディに立て続けに攻め込まれることになる。前線にボールは集まるが2列目の押し上げがままならずセカンドボールを上手く拾えず特に左サイドを攻略される。ただ、ここを野村、田所、そして西河が体を張って跳ね返せた。ヴェルディは前節もホーム開催で移動がない、チームの平均年齢も低く前半から押し込んで来たが、横浜はスライドして動くことも少なく細かくパスをつなごうとする相手を上手く分断できたのが大きい。前線から杉本が激しくプレスに来るがどこまで持つか。あるいは先にプレゼントパスをするかが一つの注目点。

IMG_6566.JPG

横浜は2トップを起点に省エネサッカーを展開。省エネというと聞こえは悪いので、効率的サッカーと言おう。大久保のヘディングのパスからイバが抜けたり、パスをつないで野崎がペナルティエリア内からシュートを放つも枠を捉えられないもどかしい展開。ただ、縦にポンと蹴って行ってこいとやるのはわずかで、野崎、野村が絡んで細いながらも連動した攻撃の意図は伝わる。

後半になり疲れの見える大久保を下げて永田を投入。高いポジションをとる安西のケアをしつつ、中央では運動量豊富な野崎がプレッシャーをかけてディフェンスラインからのパスを限定すると徐々に横浜に流れがやってくる。後半21分野村から野崎、そして裏に抜けたイバにパスが通るとシュートフェイントでディフェンダーを交わし、東京VGK鈴木が出てくる直前に虚をついてシュートを蹴り出すとコロコロとゴールに転がり横浜が先制。

IMG_6620.JPG

その後東京Vは二川、高木大を入れて追いすがるも、横浜の身体を張ったディフェンスの前にシュートはゴールを捉えられない。逆に横浜は後半アディショナルタイムに、途中出場のソンスがサイドに散らしたボールにオーバーラップしてきた永田が左足で強烈な一閃。これがゴールに突き刺さり横浜は0-2と試合を決めた。

前半開始から横浜に疲れが見えたが、積極的に攻めてくる相手をいなすことで精神的な疲労を引き出すことに成功し、イバがゴールを上げると東京Vの攻撃は雑になっていった。二川が入りお膳立ては整理できたが、決定的な部分では横浜がしっかりと守りを固めていた。この試合でいえば、藤井と永田がしっかりとサイドに蓋をしていたのが印象的。藤井は後半から入ったアラン・ピニェイロに殆ど仕事をさせず、永田は安西の攻撃参加を分断した。また、野崎とイバという2トップのシステムにも可能性を見いだせたのも大きい。

IMG_6551.JPG

中2日で疲弊した中での戦いを勝ち切れたのは大きい。東京Vのスタメンとの平均年齢が5歳近く違うと聞いた。横浜は疲れているのだ。前半から走り回るだけでは勝てない。決めるべきところで決める。守るべきところで守る。今の横浜が好調なのはそこだ。夏の体力の消耗は計画的に。
posted by おかき at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

2016年J2第28節 横浜FC-北海道コンサドーレ札幌 「やっちまえと言われたから、やっちまったな」

老若男女が大挙して、ゴール裏で「やっちまえ」コールしている時の気持ちってどんななんだろう。自分なら下らなさすぎて多分そんなチャントには合わせないだろう。しかし、それがあの大きな声になるのだから、本質的に好きなんだろう。

IMG_6334.JPG

もっとも、「やっちまった」のは札幌だった。10戦負け無しの現在絶好調の首位だが、前半からもっと胃がキリキリするようなゲーム展開になるかと思いきや、横浜の2トップにはボールが収まり、札幌はセカンドボールを拾えない。前半危険なシーンも宮澤のシュートがポストを叩き、荒野がオーバーヘディングシュートを放った位で、都倉も試合を通じて目立たなかった。
怪我人が出ており、前の試合から中3日と言うこともありメンバーに変更を加えてきたのが裏目が出てしまった。

IMG_6467.JPG

横浜は2トップにボールが収まるので上手く選手を引き出せていた。ただ、横浜の課題は2列目の選手がどう攻撃に関わるかというところ。千葉戦や北九州戦の佐藤の様にバイタルエリアに飛び出してくるとチャンスになるが、この試合では右サイドの野崎が絡んでいった分限定的になってしまい、フィニッシュまでが雑な野崎のプレーでいくつかのチャンスは潰えてしまった。
しかし、野崎の醍醐味はスペースでボールを受ける動きと運動量、スピード。右サイドにはスペースがあり、ここを使う事ができたが野崎のクロスから野村が立て続けに放ったシュートも札幌GK金山に防がれた。

続きを読む
posted by おかき at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

2016年J2第26節 横浜FC-ジェフユナイテッド市原・千葉 「慣れ、習慣、伝統」

2007年横浜はフクアリで初めて千葉と戦った。あの試合、横浜は影すら踏めない惨敗だった。いくらブロックを作ってもそれをすり抜けられる速さと上手さが千葉にはあった。GKの菅野(現:京都)と小村が口論していた。あそこから横浜は千葉に苦手意識を持つようになったのかも知れない。

IMG_6249.JPG

2010年千葉がJ2に降格した直後の年こそ三ツ沢で千葉を撃破するものの、その後は引き分けがやっとの状態で、2012年のJ1昇格プレーオフではリーグ戦の布陣から変えて挑むもこれまた大敗。この年は、3月の千葉戦に敗れて岸野監督が解任され、プレーオフの千葉戦で敗れてシーズンが終わるという千葉に始まり千葉に終わる屈辱のシーズンとなった。
その苦手の千葉をホームに迎えての試合は、これまでとは異なるものだった。

IMG_6132.JPG

監督交代の余波が残る千葉は守備になると前線こそ船山、井出、町田は激しくプレッシングにくるがそこを抜けると「守備を意識」というのが重しになったのか、サイドのスペースを空けてしまい横浜は自由にコントロールできた。思ったよりも、2トップにボールが入る。千葉のプレスバックが効いてそうで効いてない。
しかしセットプレーでは千葉が優勢だった。前半6分山本直希の直接FKはクロスバーに当たって難を逃れたが、前半16分にはCKから井出が擦らしたボールをフリーにしていた船山にダイレクトでボレーをたたき込まれて失
点。

IMG_6213.JPG

またいつもの千葉恐怖症が起きるはずだったが、これでへこたれないのが今の横浜。前節も2度突き放されても追いついた粘り腰は健在。野崎のオーバーヘッドキックをイバが押し込むも明らかな「誤審」でオフサイドとなったが、前半28分には野村の浮き球が千葉・イの手に当たりPKを獲得するとイバが落ち着いて同点ゴールを決める。
これでまだ終わらない横浜。前半38分、サイドに流れたイバからスペースに走り込んだ佐藤にパスが出ると、彼は左足を振り抜きミドルシュートで逆転する。

続きを読む
posted by おかき at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

2016年J2第25節 横浜FC-ギラヴァンツ北九州 「勝ち点ゲットだぜ!」

タイムアップの笛が吹かれるとガックリと倒れこんだのは北九州の選手たちだった。降格圏にいて1つでも勝ち点が欲しい中で得られるはずの勝ち点3は、試合終了間際最後のプレーで1に変わってしまったからだ。
もっとも、ゲームの大半は横浜が支配しており、横浜としては勝ち点を1しか積み上げられなかったというべきだろう。

IMG_5996.JPG

前半21分左からのクロスのクリアをミスし、元横浜の池元に決められたがゲームはそれ以上ゲームは動かなかった。中田監督が言うように、ボランチの位置でボールをしっかり持ってコントロールできていた。サポーターはすぐに「前へ、前へ」というが、チームとしてやりたいことは性急に前に運ぶのではなく、一度中で受けて食いつかせてからサイドを攻略するもので、前線に大きな2人を並べた横浜は制空権を握り効果的だった。だからこそ、横浜は前半のうちにゴールが欲しかった。

IMG_5939.JPG

それでも後半9分、前半ミドルシュートを大きく外した借りを返すように佐藤が左足を振りぬいたシュートはゴールに吸い込まれていった。左のアウトサイドに乗せてGKから逃げていく技ありのゴールだった。

IMG_5909.JPG

続きを読む
posted by おかき at 03:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

2016年J2第23節 横浜FC-ロアッソ熊本 「pray for...」

後半41分。横浜サポーターはイバのPKに祈りを込めた。どうやってこじ開けられない熊本ゴールに対して訪れた試合終了間際の千載一遇のこの決定機をイバはコースを読まれながらもしっかりと決めて同点に追いついた。横浜は数的不利の相手の守備を崩せないまま勝ち点1を得るのがやっとだった。

IMG_5753.JPG

祈りは試合前からあった。この試合の2日前に田北GKコーチが体調不良で7月一杯までの休養が発表された。ルス前監督が最初の休養で不整脈とされたが、田北GKコーチの場合は特になくそれも不安を煽った。せめて田北さんに為にも勝ちたい。そう祈っていた。

しかし祈りは前半3分にいきなり打ち砕かれた。ロングボールの処理を誤り、西河のヘディングのクリアが小さくなったところを熊本・八久保に拾われてミドルシュートを許すとゴールネットを揺らされる。
ゲームとしては、そこからハードな熊本のプレッシャーに中々攻略方法を見つけられず、セットプレーでイバに合わせて惜しいシーンこそあったが、スタジアムが湧くシーンも少なかった。

IMG_5690.JPG

前半42分には寺田が肩か腕を痛めて負傷交代を余儀なくさせられる。チームのキャプテン不在というだけでなく、前節は小野瀬が負傷で離脱しており横浜としては相次いで主力を失う緊急事態となった。そして、その数分後には、熊本・巻がこの日2枚目のイエローカードが提示されて退場。
熊本の当たりは激しいがそれをファウルじゃないとジャッジし続けて、怪我人が出たら急に辛くなる笛。巻は1枚もらっていたという事情もあるが、熊本にも不可解な笛になった。

続きを読む
posted by おかき at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

2016年J2第22節 横浜FC-徳島ヴォルティス 「ジャッジメント」

7月10日、この日は参議院選挙の日である。争点は憲法改正と消費税というところだろうか。このブログを更新している状況でもまだ開票状況は続いている。この先の日本はどうなるのだろうか。まさしくジャッジメントデイである。

この先どうなるのだろうかという意味では横浜も同じである。先月ルス監督が辞任し中田新監督が就任し町田戦こそ勝利を挙げるものの札幌戦では5-2と大敗。この先の未来に暗雲が立ち込める結果となった。
そして迎えた後半最初の試合。徳島戦。
最初にジャッジメントを求められたのは、小野瀬の交代。彼は誰との接触ではなく、相手のマークの中で足首付近を捻ってしまい前半23分で交代を余儀なくされてしまった。横浜を支える右サイドの若武者が前半で下がるのは痛い。彼は試合後にも姿を見せなかったので、捻挫でも来月まで本格復帰は難しいかもしれない。
交代で入った松下だったが、キックの精度を見せることができず守備に忙殺されてしまうばかりで、横浜は小野瀬を失った右サイドを破られ続けた。

IMG_5559.JPG

この小野瀬の負傷の直前に、市村と徳島・内田が接触して市村が出血してしまった。これを主審はノーファウルとジャッジメントしたのだが、出血したことで内田が肘を出したとか暴力だと激高する一部のサポーターの暴言がさらなる暴言を生み勝手に主審や内田を悪者扱いしてしまった。
しかし、写真を見ればわかるがどちらかというと腕を出しているのは市村であり、ボールに対してほぼイーブンに競った結果頭が当たり出血した。運が悪いかもしれないがこれはサッカーではたまに起こる事だ。
だから本当に必要だったのは内田への批判ではなく、立ち上がってプレーを続けた市村を鼓舞するジャッジメントだったと思っている。
このような暴言が三ツ沢に響き渡るのも、3000程度しか入らない観客と寒い試合内容だからでもある。

IMG_5568.JPG

小野瀬を失って運動量を欠いたチームはゲームを組み立てられない。イバが前線でボールを奪って一人で持ち込むシーンはあった程度。逆に徳島には右サイドをその内田にやられてクロスを入れられて危ないシーンが続出。カズがここを必死にカバーするがスピードの差は歴然で守備になっていなかった。何とか切り抜けたが、攻撃が出来ないのは深刻だった。

続きを読む
posted by おかき at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

2016年J2第20節 横浜FC-FC町田ゼルビア 「雰囲気を作る」

横浜はスタメンに南が戻ってきた。3月末という季節外れのインフルエンザでスタメンを渋谷に譲り、復帰してからも出場は叶わなかった。その間、横浜はアウェイの金沢戦、北九州戦、長崎戦で勝利を重ねたが、得点の直後に失点する、失点を重ねることも多く勝ち点を積み上げられないでいた。もちろん彼だけの責任ではないが、一番後ろから支えるという意味では不十分な部分もあった。南が持っている経験や実力がもたらす雰囲気が、これまでミスを重ねた守備陣に落ち着きをもたらした。

IMG_4740.JPG

ゲーム自体は退屈なものとなった。横浜と町田は4-4-2でやりたいことも近いから、お互いが中盤でミスを誘いあってボールを奪って奪われてというものだった。時折町田にはペナルティエリア周辺で前を向かれたが、決定機はなかった。ただ、横浜もきっちりブロックを作って守る町田をこじ開けられない。

IMG_4758.JPG

後半ゲームを積極的に動かしにいったのは横浜だった。カズに代えて大久保を入れて前線に点を作った。二の矢でイバを入れた。このメッセージは前線にクロスを入れろというシンプルなものだったが、彼らを入れたメッセージは選手にも届いた。
イバの投入からたった3分後の後半23分左サイドでボールを持った寺田がファーサイドに走りこむ大久保にクロスを上げると、これを大久保がヘディングで押し込み横浜が先制点を挙げる。

IMG_4851.JPG

続きを読む
posted by おかき at 02:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

2016年J2第19節 横浜FC-FC岐阜 「切れる前に」

後半、岐阜が風間を投入すると流れは横浜から離れていった。横浜の左サイドを攻略され、クロスに身体を投げ出しながらレオミネイロがボールを強く振り抜くとゴールに突き刺さった。これで同点に。
前半あれだけ攻勢に出ていた横浜だったが、ハーフタイムが終わって後半になるとまるでその祭りが終わってしまったかの様に静かになった。自分のリズムの時だけ必死になり、相手に勢いが出てくるとしおらしくなる。ゲームを締められない。

IMG_4565.JPG

その10分後、裏に抜け出したレオミネイロがディフェンスラインからの低空のロングボールに追いつき、飛び出してきたGK渋谷を交わしてゴールを決める。判断は難しいプレーだが、出るならもっと早くから出ないとレオミネイロより先に触れない。

IMG_4636.JPG

その直前、野村が後にイエローカードが出るような激しいタックルで倒されるも、プレーオンで流れは続きそれを奪われた直後のロングフィードが失点に繋がってしまった。タックルから立ち上がった野村も第4審にもキレていたが、許したゴールは戻ってこなかった。

IMG_4527.JPG

横浜は前半キレていた。特に小野瀬の動きは一つ上の動き。右サイドを制圧。対面した岐阜・田中パウロ淳一は前半での交代を余儀なくされたほどだった。その右サイドの突破から先制点が生まれた。右サイドで相手ゴールに背を向けてボールを持った小野瀬が反転して、対面する岐阜・鈴木を振り切りクロスを上げると、マーカーが誰もいないカズはフリーでヘディングシュートを放つ。ボールは岐阜GK高木の逆を衝いてゴールに吸い込まれていった。横浜の勢いはより強固なものになった、はずだった。

続きを読む
posted by おかき at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする