最近の記事

2017年06月23日

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 ツエーゲン金沢-横浜FC「犠牲」

この負けをどうリーグ戦でいかすか。試合後の感想はその1点だけだった。天皇杯の2回戦はいつもリーグ戦とのバランスと結果の介錯にサポーターも頭を悩ませる。サポーターとしては無論全てのゲームを勝ちたいし、勝ってほしい。だが、J2の場合はチームが好調だとJ1昇格への色気が出てくる。水曜日に行われるゲームにどこまで主力を出場させるか。その絶妙のバランスで勝たせて、自信を持たせて、成長を促したいという思いは1サポーターの自分でも受け取れているのだから、当然現場はもっと頭を悩ませているだろう。

IMG_2123.JPG

ところがそうしたゲームプランは開始6分で修正を余儀なくされる。野崎の負傷退場で渡邉を急きょ出場させることになった。意図として、3バックもしくは5バックをはっきりさせ役割を明確にすることにあった。ところがこの采配には大きな欠点があって、中盤の寺田の守備が遅く、左サイドバックに入った前嶋は常に数的不利を被りライン全体がズルズル下がる結果を招く。ボールを低い位置で奪うので前線が遠い、中山、増山がボールを持った時にも孤立しがちでミスが多く、相手のエリアで組み立てられない。

IMG_2044.JPG

前嶋の本来のポジションではなく、彼の犠牲でなんとかこのゲームは進んでいる。これを成長の糧というのだろうか、いや違うと思う。左サイドバックにリーグ戦で出場し続けてる田所、永田を突っ込めるかと言えばそれも難しい。

IMG_2180.JPG

続きを読む
posted by おかき at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2017年J2第19節 横浜FC-モンテディオ山形 「誤算」

中田監督は、2017年シーズン開幕戦勝利の後に「ピークはここではない」と発言していた。42節もあるJ2リーグで、チームのコンディションを開幕戦に持ってくることはないのは当然だ。勿論開幕戦をしかもホームで勝つと勢いが出るのは自明の理。だからテンションを少し高く設定するのは想定できる。

IMG_1259.JPG

一回ピークが4月下旬で出来上がってしまったのは良い誤算だったはずだ。特に千葉戦の後半から採用した3バックがはまりここから3試合連続4得点という爆発的な攻撃力を披露しつつ、一方でリーグ屈指の守備力で負けないサッカーを確立し始めた。

ところが、このシステムは一種のオプションだったはずが、継続的に採用したものの野村、永田、ジョンが離脱すると途端に機能しなくなった。メンバーを変えてみる、システムを修正するが攻撃面が絡み合わなくなった。大量失点こそ免れているが、サイドからバイタルエリアを使われる攻撃を中々止められない。その部分の修正を立て直そうとすると、攻撃に連動性が生まれなくなる。一種袋小路に迷い込んでしまっている。

IMG_1174.JPG

今節はコンディションが戻ってきた野村とイバが2トップのような形で、津田が右サイドのMFか右FWというシステムで臨んだ。ところが、このシステムも機能しない。イバと野村を近づけて、津田を裏に抜け出させる意図を感じたが、そもそもイバが前を向いてボールを持った時に味方との距離感があり、意図したようなプレーはできなかった。全体的に前線の選手が前を向いてプレーさせてもらえない。

IMG_1317.JPG

続きを読む
posted by おかき at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

2017年J2第17節 横浜FC-レノファ山口 「仕方ないは、諦めではなく我慢だ。」

後半開始から右サイドバックの新井に代えて永田を入れて、右サイドには前半左だった小宮山が入った。自分は不思議だった。永田を入れて活性化する意図があるのは仕方ないが、それで新井を下げますかと。前半そんな大きな破たんもなく、逆にイバへのクロスからチャンスもあった。守備でも何度DAZNを見ても破たんもない、もっと言えば山口に大きな決定的を作られていたのは小野瀬のいた横浜の左サイドで、小宮山と新井への信頼度をとったと納得するしかない。まぁ仕方ない。
で、その采配が機能したかといえばそうでもなく、前半より状況は悪化してしまう。苦しいところを何とか最後の部分で跳ね返して横浜が時間を使っていく。

IMG_0860.JPG

そもそも横浜は苦しい布陣でこのゲームに臨んでいる。キャプテン佐藤謙介を前節の退場で欠き、好調時の不動のメンバーだった野村、永田も病み上がりでベンチに、そしてジョンはベンチ外。大久保は練習試合でゴールを挙げて調子が良いとは言え、イバとの2トップでは前線からのプレッシャーに不安があるから津田を絡ませると、彼は中央よりでプレーしたがり、右サイドは裏に抜けるプレー以外なくクリエイティブなプレーはなくなった。佐藤謙介不在の代償は大きく、寺田は守備ができず効果的な縦パスも少ない。ただ、選手層の薄い横浜は仕方なくこれを受け入れるしかない。苦しいながら勝ち点を拾っていくしかない。

IMG_0990.JPG

山口も状況は深刻で、美しいサッカーを展開していた上野監督が退任。猿澤監督が前節から率いているが敗戦と降格圏をさまよい始めている。小野瀬も出場機会を求めてかこのチームに行ったが、こうなるとは想像だにしなかっただろう。でも仕方ない。これがサッカーの世界だ。

IMG_1044.JPG

サッカーの世界といえば、前半終了間際に横浜がもらったPK。全くの謎。イバのユニフォームを引っ張ったのはわかっているが、それまでの感じでは引っ張ろうが反則にもならなかったのが、この時に即PKでは山口の選手も怒るのは当然。伏線としては、前半17分に渡邉が相手を引っ張った行為にイエローカードが出ていたのがそれか。仕方ないといえば仕方ないのだが、効果的な攻め手がなかった横浜にとってはラッキーなPKだった。

続きを読む
posted by おかき at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

2017年J2第16節 横浜FC-名古屋グランパス 「次は中里の番だ」

佐藤謙介をレッドカードで失った後、キャプテンマークを巻いたのは中里だった。10人で1点を追いかける展開。ゴールほぼ正面でのFKを得る。イバも既に退いており、同点への期待は彼の左足に寄せられた。左足で放たれたシュートは、ゴール右隅を突いたが名古屋GK・楢崎が鋭いセーブでゴールを死守。横浜は最後とも言えるチャンスで決めることが出来ずに1-2と敗戦を迎えた。

IMG_0791.JPG

横浜は想定どおりというべきか、前線のイバを中心にボールをコントロール。彼が受けたファウルをそのまま前半8分直接FKをねじ込み横浜が先制点を挙げる。名古屋は田口、和泉を中心に横浜ゴールに迫るが、前半はそのボールが中々かみ合わないまま名古屋の攻撃という攻撃には迫力を感じないまま時間が過ぎていく。
それでも、前半から再三攻撃されているのは横浜の右サイド。野崎は守備が軽く、新井はまだディレイがやっとで奪い取るところまで出来ていない。とはいえ、藤井、野村、さらには永田も怪我でサイドの選手が薄いのは仕方ない。野崎の守備は軽いが運動量で何とかそれでも補っていたが、プレスバック出来ないのは苦しい。

IMG_0506.JPG

逆に横浜は、そういう名古屋を尻目に追加点といきたいが、ゴールを決めたFK以外でさしたる決定機を生み出すことが出来ない。この最大の要因は永田の離脱にある。彼はプレスバックも出来る、流れてきたFWを追い越すことも出来るから攻守にかなり融通が利いたのだが、彼がいないと3トップもしくは2トップをサポートできる選手がいなくなる。3トップが強調されがちだが、実はそれを支えていたのはこの左サイドの永田だった。徳島戦でも後半3トップを試しているが、全く機能しなかったのは永田が個人的なミスでボールロストを繰り返していたからだ。
この試合システムを2トップにして、前を津田にしたが結局ボールの出所はイバかロングボールでしかなく、単発のリズムの組み立てではどのチームもそう簡単にゴールを割らせてくるはずもない。

続きを読む
posted by おかき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

2017年J2第14節 横浜FC-カマタマーレ讃岐 「ちゃんとコントロールしよっ」

J2では過去にあまり記憶のない19時30分キックオフ。普段19時キックオフでは間に合わない観客が多くいるとの配慮からか、近年日本代表が採用している19時20分も考慮してこの時間になったのだと思う。それでも結果としては3000人も観客は入らないという2位にいるチームの動員とは思えない閑散ぶり。サポーターのみなさま、仕事の調整はしてきたよね。

IMG_0159.JPG

と、言いつつこの日の横浜も調整が上手くいったとは思えないようなゲーム展開だった。開始からたった数分でPKをもらい先制したはいいが、その後讃岐のロングボール一辺倒の展開に試合が落ち着かない。ピンチらしいピンチはないが、裏に蹴りこまれて簡単にはじき返すが、前線との距離感があり組み立てが上手くいかない。キャプテン佐藤謙介は必死にゲームをコントロールするが、彼自身も不可解なイエローカードをもらいモヤモヤしていた。

「こんなゲームもある」と言えるのは勝っているからであって、その余裕が後半讃岐を勢いづかせる結果に。仲間を入れて前線をさらに活性化した讃岐に3バックのサイドのスペースを広げられて、中央を崩されてしまう横浜。讃岐はそれで押し込んで、セットプレーからの得点狙いなのは、前半の讃岐・武田のロングスローを見ても明らか。

IMG_0255.JPG

横浜は手が遅い。それを尻目に、木島、原を投入して前がかりな讃岐の攻撃が実ったのは後半28分。その武田のロングスローのこぼれ球を馬場が強烈な左足でゴールを決めて同点となった。バウンドして落ちてくるボールはふかしてしまいやすいが、これを難なく決めるのが馬場。恐るべし。

IMG_0279.JPG

続きを読む
posted by おかき at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

2017年J2第12節 東京ヴェルディ-横浜FC 「突かれたのは急所と課題」

横浜の生命線は、ボランチであることもそうだが、実は永田のポジションが鍵を握る。横浜の今の左サイドは、田所、永田、ヨン・ア・ピン、イバ、中盤を流動的に使うことも考えると中里も左利き。これだけレフティを揃えられるのは幸運で、左利きが左に揃うとボールを縦に運びやすくなる。横浜の攻撃のスイッチは、左サイドから縦に入ることが多い。右サイドは野村やジョンが基点となるが、左はもう一枚下の永田の位置がどうなっているかがバロメーターだ。
だから、東京Vはそれまで左にいた安在と右にいた安西を入れ替えた。結果的にこの方法は当たり、永田はほとんどの時間でディフェンスラインに吸収されて、5-4-1の形で横浜はゲームをせざるを得なくなった。

IMG_9738.JPG

左サイドを殺しにきたのは、まったく機能しなかった徳島戦を思い出した。あの試合も、永田はミスを連発して推進力を発揮することができなかった。同じスペイン人監督ということで、何か考えている方向性が同じだったのだろうか。もう少しいえば、千葉戦でもラリベイ、清武、町田でここを使おうとしていた千葉もスペイン人監督で、経歴はともかく同じ土壌が同じような攻略法を想起させたのかも知れない。

ゲームは横浜のミスから動く。前半7分、中里が不用意なプレーで東京V・高木大にボールを奪われたのを倒してしまいFKを与えると、安在のシュートはワンバウンドしGK高丘が前に弾いたところを、その高木大がゴールに流し込み東京Vが先制点を挙げた。

IMG_9819.JPG

それでも横浜は、じっくりとボールを動かしつつ東京V攻略に入るが、選手の距離感が悪く前線の選手が孤立して、ゲームを作ることができない。特にボランチの2人は背後から東京Vのプレスがかかり、サイドの永田に入ると一気呵成に奪いに来てミスを誘い、横浜はボールを失ってしまう。永田のポジションが低いのか、あるいはボランチがケアして広げるのか。そうすると、真ん中が薄くなるので、スライドするのかが曖昧で下がって耐えようとしたのがゲームを難しくしてしまった。

続きを読む
posted by おかき at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

2017年J2第11節 横浜FC-愛媛FC 「いよいよではない、まだまだだ」

結果的に3試合連続4ゴールという横浜にとって記録的なゲームになったのだが、先制点を奪うまでは正直どちらに転んでもおかしくない試合でもあった。横浜は優勢にゲームを進めていたが決め手を欠き、いつもの愛媛戦の様相を呈していた。
前線のイバからのボールをコントロールさせてもらえない。ジョンと野村が前を向いてプレーする時間帯が少ない。愛媛の中盤は、横浜の生命線の一つであるイバとジョン、野村のラインを分断しようとしていた。
逆に横浜は、愛媛の攻撃をほぼ完ぺきに抑え込み、前半決定的と思えたのは、愛媛・河原に裏に飛び出された時くらいで、ハイボールはヨンアピンが跳ね返し続けた。

IMG_9293.JPG

前半18分に迎えたコーナーキック。中里が蹴ったボールをヘディングで合わせると、愛媛のDFとGKパクの背中に当たってゴールに吸い込まれていった。流れとは不思議なもので、この不格好なゴールでもゴールはゴール。ここから横浜の攻撃を愛媛は捕まえられなくなっていく。
前半38分、左から佐藤の上げたクロスを、イバは左足でトラップして浮かせると胸でトラップしてコントロールするとそのままノートラップで放ったシュートは愛媛ゴールに突き刺さる。愛媛もDFが2人ついていたが、個の力に屈するしかなかった。

IMG_9362.JPG

ハーフタイムにもう一度立ち上がろうとした愛媛に襲い掛かる横浜は、永田がクロスボールの跳ね返りに合わせてミドルシュートを打つと愛媛DFに当たったボールは、大きな弧を描いてこれも愛媛ゴールに吸い込まれた。このゴールが決定的に愛媛の心を折った。

続きを読む
posted by おかき at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

2017年J2第10節 ロアッソ熊本-横浜FC 「悶々もん」

試合終了後選手が引き上げてくる。佐藤謙介は首を傾げている。いつもの癖なのか。イバもだ。ハットトリックを達成しながら、PKを外したことが引っかかっているのか。ただ、自分も大勝したゲームの中で悶々とした思いのままタイムアップの笛を聞いた気がする。

IMG_9093.JPG

前節で攻撃陣が爆発した3バックのシステムをそのまま採用してゲームに挑む横浜。ボールは比較的支配できているが、前節見せたような雰囲気には程遠かった。熊本・グスタボの存在だろう。彼が前を向いて鋭く仕掛けると中々止められない。試合開始当初から彼にボールが渡るとチャンスになることが多く、横浜としては気をつけておかないといけない選手だったが、前半14分にグスタボが基点となり熊本が先制する。

中盤で前を向いてボールを受けたグスタボは西河が釣り出されて薄くなったスペースに走りこんだ熊本・嶋田にスルーパス。このボールを嶋田はシュートをするが、横浜GK高丘が弾いたのだが、転がったボールは熊本・平繁の足元に。押し込むだけのゴールを決めた熊本が先制点を挙げた。

IMG_8834.JPG

失点して流れを悪くしてしまうのが横浜の悪い癖で、ここからロングボールを蹴り始めてしまうが、守備面ではグスタボ中心の守備で周りがフリーになるよりも、グスタボへのボールを遮断することでこのゲームではこのゴール以降彼が目立つシーンはほぼなくなった。

IMG_8803.JPG

続きを読む
posted by おかき at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

2017年J2第9節 横浜FC-ジェフユナイテッド千葉 「チバの閂を外したのはイバ」

今年ハイラインで鳴らす千葉。ラインを高くとり相手を狭いコンパクトなスペースの中で押さえ込み、高い位置でボールを奪ってゴールに結び付けようという策なのだろう。尤もそうしたシステムは近代的なサッカーにおいては一種ベースではあるが、センターライン付近までディフェンスラインを意図して上げるのは中々珍しい。

横浜は4-4-2で迎え撃つがこれが上手くいかない。相手の裏を取りたいからとゴールキックなどの際には両MFも最前線に並んでしまい、4-2-4の形になってしまい重いだけのシステムは機能していない。千葉の高いラインの弱点は裏のスペースだが、そこにロングボールを放り込んで下げさせようとしたが、機能しなかった。イバ、ジョンのFWに加え、野村、永田の両サイドMFも最前線に入り込んでしまい2列目から飛び出してくるオフサイドラインを破るセオリーはまるで皆無だった。

IMG_8379.JPG

ただ千葉の攻撃は、左の船山がまるでMFのような位置取りで、DFキムとの連携での突破は迫力はあったが前線に人がおらず怖さはなかった。右は町田と清武の崩しもよかったが決定的なシーンはなかった。どちらかといえば前半の最後の方は野村がきっちりとキムを抑えてここに蓋をすることで千葉は攻撃が単調になり始めていた。

後半、横浜はシステムを変更。ジョンと野村とイバで3トップに近い形を形成。この形になってゲームを動かしたのは横浜だった。後半8分、カウンターで佐藤が前を向いてボールを奪うと、裏に走りこむイバにパス。ドリブルで持ち込むと、DFのマークを2度上手く外し、ほぼフリーでシュートを放つと千葉のゴールを捉えたのだった。

IMG_8545.JPG

このゴールが横浜のゴールラッシュの幕開けとなった。その2分後にはロングスローのこぼれだまを拾った野村が左足を振りぬくと千葉GK佐藤のニアをぶち抜く豪快なゴールを決めると、その6分後には佐藤のボールを受けたジョンが千葉DFを交わすとミドルシュートを突き刺して千葉に止めを刺すと、後半24分には永田のクロスボールにダイビングヘッドで飛び込んだ野村が4点目を上げて千葉を打ち砕いた。

IMG_8514.JPG

その昔、超攻撃式を標榜するチームがあった。90分攻撃をして相手を圧倒すれば守備に4枚もいらないと2バックの2-4-4こそトレンドだと。千葉の目論見はあの日私たちが目を輝かせて信じたサッカーと似ていた。ラインを高くしてプレーゾーンをコンパクトにしてボールを高い位置で奪いゴールに近いところでゲームを支配するという意図を感じた。そして相手コートでゲームをしていれば失点は少なくなる。高い理想を掲げなければ成し遂げられない。だが、逆に高すぎる理想は重しにしかならない。横浜が本日現在ではリーグ最小失点となっている。

IMG_8559.JPG

閂は門に横木を通して堅く閉じさせるもの。そのチバの閂の横木を抜いたのはイバ。大黒柱のゴールが立ちはだかる扉に大きな穴を開けた。ただ、この1勝は大きいが、勝ち点3以上でも以下でもない。まだ、30試合以上残っている。理想はあるが、現実的に次の試合もどんな形でもよいから勝つ。
posted by おかき at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

2017年J2第8節 FC町田ゼルビア-横浜FC 「超えられぬ高い丘になれ」

ゲームは思わぬ形で動いた。後半29分、左サイドから西河がバックパスを戻すとGK高丘がこれをトラップ出来ず、ボールは横浜のゴールに転がっていった。スコアレスで拮抗しているゲームに風穴を開けたまさかのオウンゴールとなった。町田・相馬監督が試合後話していたように、横浜と町田は接戦が多い。そういう一点の重みが大きくなる試合で、明らかなミスの失点はダメージが大きい。

IMG_8290.JPG

横浜は、後半からジョンを前にしてゲームの主導権を握りにいった。町田の選手が言っていた様にセカンドボールの奪い合いを挑んできた中で、前線イバだけでゲームを動かすのは難しかった。そこで前節流れを良くしたジョンのFW起用だったが、この試合では不発。ボランチ2人に激しいプレッシャーが来るので落ち着いてゲームを組み立てられない。最初こそジョンが裏に抜ける形もあったが、徐々にケアされ中盤の選手との距離が開いていき、埋没してしまった。

IMG_8305.JPG

スコアレスのゲームではあったが、流れは町田。前半から谷澤を基点に、中島、戸島へボールを供給し、やや無理な姿勢、距離からでもゴールを狙っていた。前半一度クロスバーにボールを当てられたが、はっきり崩されたシーンはなし。これは後半も同じで、こぼれ球の跳ね返りなどでバタバタしたところを抜け出されたのを高丘が1対1を止めたシーンこそあれ、横浜サポーターが唸り声を上げないといけない光景は少なかったはずだ。

IMG_8079.JPG

続きを読む
posted by おかき at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする