最近の記事

2017年04月22日

2017年J2第9節 横浜FC-ジェフユナイテッド千葉 「チバの閂を外したのはイバ」

今年ハイラインで鳴らす千葉。ラインを高くとり相手を狭いコンパクトなスペースの中で押さえ込み、高い位置でボールを奪ってゴールに結び付けようという策なのだろう。尤もそうしたシステムは近代的なサッカーにおいては一種ベースではあるが、センターライン付近までディフェンスラインを意図して上げるのは中々珍しい。

横浜は4-4-2で迎え撃つがこれが上手くいかない。相手の裏を取りたいからとゴールキックなどの際には両MFも最前線に並んでしまい、4-2-4の形になってしまい重いだけのシステムは機能していない。千葉の高いラインの弱点は裏のスペースだが、そこにロングボールを放り込んで下げさせようとしたが、機能しなかった。イバ、ジョンのFWに加え、野村、永田の両サイドMFも最前線に入り込んでしまい2列目から飛び出してくるオフサイドラインを破るセオリーはまるで皆無だった。

IMG_8379.JPG

ただ千葉の攻撃は、左の船山がまるでMFのような位置取りで、DFキムとの連携での突破は迫力はあったが前線に人がおらず怖さはなかった。右は町田と清武の崩しもよかったが決定的なシーンはなかった。どちらかといえば前半の最後の方は野村がきっちりとキムを抑えてここに蓋をすることで千葉は攻撃が単調になり始めていた。

後半、横浜はシステムを変更。ジョンと野村とイバで3トップに近い形を形成。この形になってゲームを動かしたのは横浜だった。後半8分、カウンターで佐藤が前を向いてボールを奪うと、裏に走りこむイバにパス。ドリブルで持ち込むと、DFのマークを2度上手く外し、ほぼフリーでシュートを放つと千葉のゴールを捉えたのだった。

IMG_8545.JPG

このゴールが横浜のゴールラッシュの幕開けとなった。その2分後にはロングスローのこぼれだまを拾った野村が左足を振りぬくと千葉GK佐藤のニアをぶち抜く豪快なゴールを決めると、その6分後には佐藤のボールを受けたジョンが千葉DFを交わすとミドルシュートを突き刺して千葉に止めを刺すと、後半24分には永田のクロスボールにダイビングヘッドで飛び込んだ野村が4点目を上げて千葉を打ち砕いた。

IMG_8514.JPG

その昔、超攻撃式を標榜するチームがあった。90分攻撃をして相手を圧倒すれば守備に4枚もいらないと2バックの2-4-4こそトレンドだと。千葉の目論見はあの日私たちが目を輝かせて信じたサッカーと似ていた。ラインを高くしてプレーゾーンをコンパクトにしてボールを高い位置で奪いゴールに近いところでゲームを支配するという意図を感じた。そして相手コートでゲームをしていれば失点は少なくなる。高い理想を掲げなければ成し遂げられない。だが、逆に高すぎる理想は重しにしかならない。横浜が本日現在ではリーグ最小失点となっている。

IMG_8559.JPG

閂は門に横木を通して堅く閉じさせるもの。そのチバの閂の横木を抜いたのはイバ。大黒柱のゴールが立ちはだかる扉に大きな穴を開けた。ただ、この1勝は大きいが、勝ち点3以上でも以下でもない。まだ、30試合以上残っている。理想はあるが、現実的に次の試合もどんな形でもよいから勝つ。
posted by おかき at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

2017年J2第8節 FC町田ゼルビア-横浜FC 「超えられぬ高い丘になれ」

ゲームは思わぬ形で動いた。後半29分、左サイドから西河がバックパスを戻すとGK高丘がこれをトラップ出来ず、ボールは横浜のゴールに転がっていった。スコアレスで拮抗しているゲームに風穴を開けたまさかのオウンゴールとなった。町田・相馬監督が試合後話していたように、横浜と町田は接戦が多い。そういう一点の重みが大きくなる試合で、明らかなミスの失点はダメージが大きい。

IMG_8290.JPG

横浜は、後半からジョンを前にしてゲームの主導権を握りにいった。町田の選手が言っていた様にセカンドボールの奪い合いを挑んできた中で、前線イバだけでゲームを動かすのは難しかった。そこで前節流れを良くしたジョンのFW起用だったが、この試合では不発。ボランチ2人に激しいプレッシャーが来るので落ち着いてゲームを組み立てられない。最初こそジョンが裏に抜ける形もあったが、徐々にケアされ中盤の選手との距離が開いていき、埋没してしまった。

IMG_8305.JPG

スコアレスのゲームではあったが、流れは町田。前半から谷澤を基点に、中島、戸島へボールを供給し、やや無理な姿勢、距離からでもゴールを狙っていた。前半一度クロスバーにボールを当てられたが、はっきり崩されたシーンはなし。これは後半も同じで、こぼれ球の跳ね返りなどでバタバタしたところを抜け出されたのを高丘が1対1を止めたシーンこそあれ、横浜サポーターが唸り声を上げないといけない光景は少なかったはずだ。

IMG_8079.JPG

続きを読む
posted by おかき at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

2017年J2第7節 横浜FC-京都サンガF.C. 「それでもまだ寒い」

後半14分カズに代えて、永田が登場する。彼を左MFに入れると、野村を右MFに。そして右MFだったジョンをFWの位置に起用。この采配がズバリと当たる。力強いドリブル、献身的な守備、スピードの速さは2007年に横浜にいたオ・ボムソクを彷彿とさせる。彼が主戦場とした右サイドが同じというのも数奇な運命か。
そのジョンが縦にボールを受けると京都DFラインの裏に抜け出し、その折り返しをイバがダイレクトで流し込み横浜が後半16分先制点を挙げた。

IMG_7897.JPG

FWで先発したカズは点でボールを受ける動きはよくても、守備で大きな穴を開けている。横浜のボランチのラインが下がるのは、ここを使われてしまうと不用意に飛び出せないからだ。4-4-1-1のような形になっても、今度はボランチを遮断できない。特にサイドに散らされた時にケアがほとんどなく前を向かせている。この部分は、カズが先発をし続ける限りずっと残る問題点だろう。
サッカーでは攻守は表裏一体なので、ボールを奪って攻撃に移る時にターゲットがイバしかいないことになる。速攻できず、押し上げるのが遅く、前線と後ろの選手との距離が開いているから挟まれて奪われてを繰り返した。

IMG_7778.JPG

カズに関しては、何度もいうが点で合わせる動きや嗅覚はまだまだ天性のものがあるが、90分の間に何度それを発揮する機会があるか。3バックで積極的にマンツーマンで奪いにくる京都のようなチーム相手では埋没するだけになる。

続きを読む
posted by おかき at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

2017年J2第5節 横浜FC-徳島ヴォルティス 「春眠暁を覚えずではサポーターは増えない」

前後半通して眠くなる。目が覚めた時もあった。FKがクロスバーを叩いたときや、徳島のゴールが2本も決まった時とか。プレーで選手の気持ちはわかりません。だから、どんなプレーの時にどんな思いだったかは、否定も肯定も出来ないが、横浜はとにかくミスが多すぎた。

IMG_7268.JPG

前半から横浜は寝ぼけているかのように、ミスを連発。イバが捌いたボールを、永田、野崎、カズがボールを失い続けたお陰で流れは徳島に。ボールを奪った直後のプレーで再び奪われると体力もメンタルも疲弊。両方の翼が機能しない中で、イバはそれでも前を向こうと奮闘していました。彼の苛立ったゼスチャーを何度見たことでしょうか。それは主審への苛立ちもありますが、大抵は彼の先でゲームを作れなかったことだろう。

IMG_7272.JPG

奪われてから直後に永田や野崎が再び奪い返しにいくわけでもなく、ポジションに戻るでもなく。特に野崎は、鉄砲玉の様な向かっていく強さ速さはあるけども、交わされるとその後の切り替えは遅く、預けて何かが生まれる可能性も低くく岐阜戦のような点でパンと合わせる感覚で勝負できるタイミング以外は正直怖さはない。考えさせたら相手の勝ち。

サイドでボールを奪われて、実質6人か7人のフィールドプレーヤーで守るのは至難の業。放り込んでくるだけの相手ならともかく、この日の徳島のようにボールを動かして、スペースを使って攻略してくる相手にそれは厳しい。バイタルエリアに入られて、そこを使われて、ギャップを作られて選手の距離をどんどん広げられる。失点したシーンよりずっと前から、そんな風に感じてました。

IMG_7298.JPG

続きを読む
posted by おかき at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

2017年J2第3節 横浜FC-ザスパクサツ群馬 「新しい冒険は始まったばかりだ」

前半40分、このゲームのハイライト。もっと言えば、今節のハイライトに近いプレーが訪れる。佐藤のパスを野村がスルーして、左サイドを走り込んだ田所のクロスをダイレクトでイバがシュートを打つ。群馬GK清水に弾かれるものの、走り込んでいたカズが角度のないところから放ったシュートがゴールネットを揺らした。
カズが活躍するなら「ポイントに合わせるしかない」と考えていた最中、そのおあつらえ向きのシーンが登場したのだった。

IMG_6492.JPG

とはいえ、横浜にとって群馬は決して楽な相手ではなかった。群馬は、今年の開幕から0-4、1-3と大敗しており、ここに来てシステムも含めて修正が入った。阿部巧のボランチ起用もその一つで、3バックにして守備にリスクを入れながらもサイドの主導権を握りつつ、前線の3枚が絡む事を意図していたはずだ。

このやや想定外のシステムに戸惑ったのか、佐藤が輝かない。開幕の松本戦で見られたような縦パスが影を潜め、低い位置でスイッチを入れるパスは見られない。3連敗は避けたい群馬の激しいプレッシャーに中々前を向かせてもらえない。チームとして上手くいなせていなかったし、サイドから有効に組み立てる事も出来てなかった。それでもプレスをかいくぐって、ゴールの起点となるパスを出した点は今年のキャプテンとして最低限の出来だと思っている。

IMG_6565.JPG

逆につまらないパスミスで自陣深くまで戻されるシーンもあるが、これもヒヤッとする場面は少ない。序盤のクロスバーを叩いたシュートと、正面のFKをGK高丘が落とした瞬間くらいで、崩されるシーンはなかった。このゲーム、群馬をシュート3本に封じ、枠内シュート0と安定している。特に昨年ポジションを奪われた形になった田所が相手の右サイドを封じ込めている印象。

IMG_6449.JPG
続きを読む
posted by おかき at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

2017年J2第1節 横浜FC-松本山雅FC 「うわづみか うわずみか」

J2リーグのJ1昇格争いにおいて、前年の成績は大抵があてにならないというのが私の持論だ。というのも、各チームとも目まぐるしい移籍で選手の編成は変わってしまうからである。さらに、残った選手自身も加齢などによる衰えがあったり、ケガでコンディションが維持できない場合も往々にしてある。とはいえ、前年のチームから主力が残留し、さらに抜けた選手のところに的確な補強が行われたらチームの力を維持できる、さらに上にいけると考えるのは皆同じ。

IMG_6179_20170226.jpg

そういう意味で、2017年のJ2リーグにおいて開幕戦を迎えた横浜は、小野瀬、大崎の抜けたところをジョン、ヨンアピンで補った以外は昨年の選手がベースになっている。選手の入れ替わりが少なければ戦術の浸透度も高い。横浜・中田監督は過去3年の間にルス前監督の休養後や、退任後にもチームを率いており正式な監督として迎えるシーズンとしては初めてだが、実質2シーズン目くらいの状況だろう。完成度が高いといわれてしまうのも仕方ない。ただ、本当に昇格したいのならば、さらに力の上積みが必要だ。横浜はプレーオフにすら入れなかったチームなのだ。

IMG_5961_20170226.jpg

前半開始からは退屈な試合となった。横浜も松本もロングボールを蹴るばかりだった。松本の方が選手が入れ替わっている分、攻撃の戦術が練られていない気がする。横浜も脱イバを掲げつつも蓋を開けてみるとイバに蹴るばかりで進化した姿はそこにはなかった。
とはいえ、現実的に高崎とイバを比べたら圧倒的にイバの存在感の方が大きく、横浜の方が昨年の自分たちらしいサッカーを展開できている。そして、前線でイバからボールを受けた野村がペナルティエリアの外から放ったシュートは松本ゴールに吸い込まれ横浜が先制する。

IMG_5873_20170226.jpg

横浜は今年19番を背負うジョンが素晴らしい。ゴールもアシストもなかったが、ボールに絡むし積極的なプレーが目立った。奪われたら奪い返しにいくメンタルは早速三ツ沢でファンを獲得しただろう。

IMG_6145_20170226.jpg

後半になっても横浜のペースは変わらない。松本サポーター曰く「1点取ったらドン引き」らしいが、これは単純に攻守の切り替えが遅いからそう見えるだけのことだ。それをロングボールで打開しようとして、失敗を繰り返すが一本槍のリズムでは横浜でなくても簡単にはやらせてくれないだろう。後半横浜の運動量が落ちて、中盤の選手が食いついた裏を攻略されかかるが、松本のミスでゴールを許すことはなかった。

IMG_6271_20170226.jpg

横浜はこのままタイムアップの笛を聞くこととなった。開幕戦を幸先の良い勝利発進となった。今J2リーグの中で横浜は上澄み液のように上の方にいる。しかし、これから先はどのチームもどの選手も必死にもがき続ける混沌とした世界になるだろう。果たして、横浜は最後の最後でどこにいられるか。上に行くために今年も一つ一つ勝ち星を上積みしていく。今年もJ2リーグという鍋をかき混ぜてやる。結果責任はすべて自分たちの手の中にある。

IMG_6310_20170226.jpg
posted by おかき at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする