最近の記事

2017年09月03日

2017年J2第31節 湘南ベルマーレ-横浜FC「シナリオ」

フジタの日に、藤田がゴールを挙げて、控えの藤田も登場して試合の最初から最後までフジタに敬意を表する。湘南の監督はどうやらシナリオライターになろうと考えてしまったのかもしれない。
ただ湘南・坪井の交代が自滅みたいなもので、レアンドロドミンゲスは交代で入った奈良輪を置き去りにし、湘南・石川のマークも腕でブロックを作りながら右足を鋭く振りぬいて1点を返した辺りから、湘南の雲行きは怪しくなった。驕ったシナリオは神に受け入れられなかった。

IMG_4267.JPG

2-0のリードが残り20分で2-1となって色めき立ったのは湘南だった。前半にあったような組織的なサイド攻撃は影を潜め、ジネイに当ててのカウンター攻撃ばかりになっていく。横浜としては、これを懸命に耐えて追加点を許さない。湘南のシュートもミスで枠をとらえきれないものも増えていく。

IMG_4236.JPG

続きを読む
posted by おかき at 06:16| Comment(2) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

2017年J2第30節 名古屋グランパス-横浜FC「潮目」

後半8分の名古屋・田口の退場劇がゲームをここまではっきりと変えてしまうとは。11対11でもゲームを優位に進め前半を終えて2-1で名古屋は優勢だった。無論、横浜としても名古屋にボールを支配されることは折込済で、ボールポゼッションには興味はなかった。鍵となったのは、ここまで5試合連続ゴールを挙げている青木と、とにかく凄いゴールとアシスト数を叩き出しているガブリエル・シャビエルがどれだけ前を向いてプレーしているか。そういった部分では、横浜は要所を押さえて守り、PKとCKからの失点以外はこれといった決定機は与えていたとは思えない。

IMG_3875.JPG

反面、横浜も前半9分のジョンのゴール以外はチャンスは少ない。それでもレアンドロ・ドミンゲスも前を向くチャンスもあるし、野村も元気だが名古屋陣内深くまで持ち上がれない。横浜の左サイドと名古屋の右サイドの戦いでもあった。

後半も厳しい展開が続くはずだったが、田口のこの日2枚目のカードは横浜にゲームを傾けた。それにしても軽率だった。前半でレアンドロ・ドミンゲスにタックルしにしった様に横からのタックル、2枚のイエローカードの直前にはファウルを受けた側とは言え、主審になだめられてもイバに文句を言い続けて心証を害していた様にも思う。そして、タックルを受けた野村ももらい方の上手さ。

IMG_3951.JPG

そこまで2-1でリードを許していた横浜に一気に火がついた。名古屋は5バックの様なシステムで抗するが、横浜のサイドが活性化してしまうだけだった。田口の退場から4分後、中里のロングスローのこぼれ球に、野村のボレーシュートがGK楢崎の手を掠めゴールに突き刺さると、横浜の旗印は勝利に変わった。
そこからはほぼ一方的な展開だった。中盤でボールを拾い横浜はレアンドロ・ドミンゲスが躍動。数的有利も手伝ってゲームをコントロールに出た。

続きを読む
posted by おかき at 03:12| Comment(2) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

2017年J2第26節 横浜FC-大分トリニータ「歩みを止めない」

試合終盤に見せた謙介の怒りの声がこのゲームを物語っていた。1-1の状況で、後半残り時間わずかで自陣からのカウンターだというのに、前線で彼を追い越していく、裏を取りに行く選手がいない。試合終了まであとわずかで、単純にベンチワークがこうした状況を招いてしまった。はっきり言って残念な試合だった。

IMG_3550.JPG

残念なのは試合開始からずっとだったのかもしれない。前半7分、大分の左サイドのクロスに合わせたのは大分・三平。小宮山もセンターバックの藤井もマークが緩く、大分はフリーでクロスを上げ、体を寄せられることもなく難しい角度のヘディングを横浜ゴールに叩き込んだのだった。この時のプレスの緩さが、試合終盤への伏線だった。この大分のサイド攻撃を横浜はほとんど止めることができなかった。

IMG_3435.JPG

それでも、前半19分、小宮山のパスに抜け出したジョンのクロスは大分DFに弾かれるが詰めていた佐藤謙介の右足のミドルシュートがゴール右隅を捉えて同点に。これで流れを取り戻したかに思えたが、それでも大分の攻撃の時間は続いた。

前半途中で中田監督は「集中しろ」と叫んでいたが、そういう問題ではなかったと思う。同点に追いついてからもジョンが下がってプレーしなくてはならなかったのはなぜか。一言でいえばディフェンスラインを下げすぎてしまった。特に小宮山は前からプレスにいけず、守備時はここがラインに組み込まれると右サイドは常にスペースが生まれてしまった。
ラインを上げるしか回答はなかったはずだが、後半より守備的に5バック的な構成にしたことで大分はサイドをよりワイドに使って横浜を揺さぶり続けた。

IMG_3570.JPG

続きを読む
posted by おかき at 01:18| Comment(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

2017年J2第24節 横浜FC-V・ファーレン長崎「事故も続けば日常になる」

とうとう失点してしまった。いや、またしても失点したと言った方が適切なのかもしれない。前半41分長崎・高杉のコーナーキックからのヘディングシュートは西河が頭に当てたものの横浜のゴールネットに突き刺さった。横浜の守備で不安があるとすれば、このセットプレー時の守備である。この試合でも何度か相手選手に抜け出されてシュートを放たれていた。高杉のゴールもファーサイドでほぼフリーでジャンプさせてしまっている。これでは。セットプレーからの失点は事故といわれやすいが、ここまで来るともはや日常に近い。

IMG_3023.JPG

前半6分佐藤から新加入レアンドロ・ドミンゲス、そこからイバへ、イバの落としたボールを野村がダイレクトで裏に抜けたジョンに。抜け出してこれもダイレクトでシュートを決めて横浜が幸先よく先制。これで勢いの出た横浜は佐藤が積極的にレアンドロ・ドミンゲスにボールを集めて、イバと縦の関係を築かせようと腐心する。ただ、レアンドロ・ドミンゲスは技術は高くともゲームを決められるほどチームに順応しておらず、セットされた守備の前には思うようにゲームメイクできていなかった。
ただ、横浜としてはボールを前線で奪われにくくなったので、ゲームを進めやすくなった。ところが、セットプレーの守備がそれを邪魔をする。前半11分のセンターライン付近からのボールでも長崎・ファンマに抜け出されてシュートを許しヒヤッとさせられた。

IMG_2918.JPG

横浜が追加点を奪えないまま、同点にされて前半終了。ゲームの流れも悪くはないが、優位ではない。

IMG_2990.JPG

続きを読む
posted by おかき at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

2017年J2第23節 横浜FC-FC岐阜 「チャンスは2度ある?」

左サイドを突破した中山からの折り返しにジョンが右足を合わせるが、ボールは左に逸れていった。決定機を外してサポーターは頭を抱えたが、このミスが次のプレーの伏線となっていた。後半17分GK高丘のゴールキックをイバが競らずスルーして、裏に飛び出していたジョンが先ほどのシーンと同じような角度からこれに再び右足を合わせた。今度は左に外さないように右足の甲のやや外側で預けるように蹴り、岐阜GKビクトルのニアサイドをぶち抜いた。同じようなプレーでのミスで、ボールタッチを修正して2度目の決定機をモノにした。

IMG_2602.JPG

2度の決定機といえば、前半主導権を握った岐阜が迎えたGK高丘との2度あった1対1を決めることができなかった。高丘は福村、古橋との1対1を悉くストップ。「自分が止め切れずに失点していたのが勝てなかった要因の一つだった」とGKのせいでもないような失点も自分の責任の一つと高い緊張感を持っているのが、高いパフォーマンスを誇っていることにつながっていると思う。

2度の大きな決定機を逃した岐阜は、徐々に攻勢を弱めていく。前半31分に阿部がイエローカードを受けたことでイバへ強いプレッシャーをかけにくくなった。イバが機能すると攻撃が回り出すのが横浜。前半ゴールは生まれなかったが、時間が経つに連れて横浜が前を向くシーンも増えていった。
後半、この流れがはっきりする。前半プレスにいって剥がされ続けたのでやや受けてたつことで岐阜の攻撃に手詰まり感が出始める。

IMG_2499.JPG
続きを読む
posted by おかき at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

2017年J2第20節 横浜FC-湘南ベルマーレ 「無情か無常か」

後半42分、小宮山は天を仰ぐ。ダイビングボレーシュートは枠の外へ外れていった。後半アディショナルタイムに、もう一度彼にチャンスが訪れた。ロングスローのこぼれ球に食らいついて身体を伸ばし頭に当てた。だが、これは湘南DFにクリアされてしまう。自身のオウンゴールを取り返す為に必死に身体を投げ出したが、ゴールは遠かった。無情にもタイムアップの笛が吹かれた。

IMG_2374.JPG

システムを4-4-2に戻した横浜は序盤から良い形でゲームを進めた。特に野村がサイドも中盤も上手くボールに絡みボールを動かし、佐藤、中里がボールを散らして左サイドを主体的に攻撃する。3バックの3トップ気味にくると想定していた湘南は、横浜を上手く捕まえることができず浸入を許した。ただ、そこは上位のチームで、形こそ崩されても最後の部分で自由にシュートを許すことはなく拮抗したゲーム展開だった。

IMG_2358.JPG

ところがである。前半35分、湘南・山根のクロスを小宮山がクリアしようとしたところ、横浜のゴールに叩き込んでしまった。オウンゴールである。意図としてはコーナーに出そうというもののはずだが、このゴールはしびれるゲームに大きな穴を開けてしまった。直接の因果関係はないが、小宮山はこの試合それまでに何でもないところでボールロストを2回しており、全体的に良い形だった横浜の中で唯一ゲームに入りきれていない印象があった。そのツケがオウンゴールという形でめぐってきたのなら残念だ。

IMG_2449.JPG

後半は横浜のシステムに対応した湘南がペースをつかむ。前半の横浜がそうやった様に左右に揺さぶり、中央を食い破る。プレスバックが運動量が落ちて効かなくなり横浜はサイドの選手を止められなくなった。

IMG_2406.JPG

続きを読む
posted by おかき at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 ツエーゲン金沢-横浜FC「犠牲」

この負けをどうリーグ戦でいかすか。試合後の感想はその1点だけだった。天皇杯の2回戦はいつもリーグ戦とのバランスと結果の介錯にサポーターも頭を悩ませる。サポーターとしては無論全てのゲームを勝ちたいし、勝ってほしい。だが、J2の場合はチームが好調だとJ1昇格への色気が出てくる。水曜日に行われるゲームにどこまで主力を出場させるか。その絶妙のバランスで勝たせて、自信を持たせて、成長を促したいという思いは1サポーターの自分でも受け取れているのだから、当然現場はもっと頭を悩ませているだろう。

IMG_2123.JPG

ところがそうしたゲームプランは開始6分で修正を余儀なくされる。野崎の負傷退場で渡邉を急きょ出場させることになった。意図として、3バックもしくは5バックをはっきりさせ役割を明確にすることにあった。ところがこの采配には大きな欠点があって、中盤の寺田の守備が遅く、左サイドバックに入った前嶋は常に数的不利を被りライン全体がズルズル下がる結果を招く。ボールを低い位置で奪うので前線が遠い、中山、増山がボールを持った時にも孤立しがちでミスが多く、相手のエリアで組み立てられない。

IMG_2044.JPG

前嶋の本来のポジションではなく、彼の犠牲でなんとかこのゲームは進んでいる。これを成長の糧というのだろうか、いや違うと思う。左サイドバックにリーグ戦で出場し続けてる田所、永田を突っ込めるかと言えばそれも難しい。

IMG_2180.JPG

続きを読む
posted by おかき at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2017年J2第19節 横浜FC-モンテディオ山形 「誤算」

中田監督は、2017年シーズン開幕戦勝利の後に「ピークはここではない」と発言していた。42節もあるJ2リーグで、チームのコンディションを開幕戦に持ってくることはないのは当然だ。勿論開幕戦をしかもホームで勝つと勢いが出るのは自明の理。だからテンションを少し高く設定するのは想定できる。

IMG_1259.JPG

一回ピークが4月下旬で出来上がってしまったのは良い誤算だったはずだ。特に千葉戦の後半から採用した3バックがはまりここから3試合連続4得点という爆発的な攻撃力を披露しつつ、一方でリーグ屈指の守備力で負けないサッカーを確立し始めた。

ところが、このシステムは一種のオプションだったはずが、継続的に採用したものの野村、永田、ジョンが離脱すると途端に機能しなくなった。メンバーを変えてみる、システムを修正するが攻撃面が絡み合わなくなった。大量失点こそ免れているが、サイドからバイタルエリアを使われる攻撃を中々止められない。その部分の修正を立て直そうとすると、攻撃に連動性が生まれなくなる。一種袋小路に迷い込んでしまっている。

IMG_1174.JPG

今節はコンディションが戻ってきた野村とイバが2トップのような形で、津田が右サイドのMFか右FWというシステムで臨んだ。ところが、このシステムも機能しない。イバと野村を近づけて、津田を裏に抜け出させる意図を感じたが、そもそもイバが前を向いてボールを持った時に味方との距離感があり、意図したようなプレーはできなかった。全体的に前線の選手が前を向いてプレーさせてもらえない。

IMG_1317.JPG

続きを読む
posted by おかき at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

2017年J2第17節 横浜FC-レノファ山口 「仕方ないは、諦めではなく我慢だ。」

後半開始から右サイドバックの新井に代えて永田を入れて、右サイドには前半左だった小宮山が入った。自分は不思議だった。永田を入れて活性化する意図があるのは仕方ないが、それで新井を下げますかと。前半そんな大きな破たんもなく、逆にイバへのクロスからチャンスもあった。守備でも何度DAZNを見ても破たんもない、もっと言えば山口に大きな決定的を作られていたのは小野瀬のいた横浜の左サイドで、小宮山と新井への信頼度をとったと納得するしかない。まぁ仕方ない。
で、その采配が機能したかといえばそうでもなく、前半より状況は悪化してしまう。苦しいところを何とか最後の部分で跳ね返して横浜が時間を使っていく。

IMG_0860.JPG

そもそも横浜は苦しい布陣でこのゲームに臨んでいる。キャプテン佐藤謙介を前節の退場で欠き、好調時の不動のメンバーだった野村、永田も病み上がりでベンチに、そしてジョンはベンチ外。大久保は練習試合でゴールを挙げて調子が良いとは言え、イバとの2トップでは前線からのプレッシャーに不安があるから津田を絡ませると、彼は中央よりでプレーしたがり、右サイドは裏に抜けるプレー以外なくクリエイティブなプレーはなくなった。佐藤謙介不在の代償は大きく、寺田は守備ができず効果的な縦パスも少ない。ただ、選手層の薄い横浜は仕方なくこれを受け入れるしかない。苦しいながら勝ち点を拾っていくしかない。

IMG_0990.JPG

山口も状況は深刻で、美しいサッカーを展開していた上野監督が退任。猿澤監督が前節から率いているが敗戦と降格圏をさまよい始めている。小野瀬も出場機会を求めてかこのチームに行ったが、こうなるとは想像だにしなかっただろう。でも仕方ない。これがサッカーの世界だ。

IMG_1044.JPG

サッカーの世界といえば、前半終了間際に横浜がもらったPK。全くの謎。イバのユニフォームを引っ張ったのはわかっているが、それまでの感じでは引っ張ろうが反則にもならなかったのが、この時に即PKでは山口の選手も怒るのは当然。伏線としては、前半17分に渡邉が相手を引っ張った行為にイエローカードが出ていたのがそれか。仕方ないといえば仕方ないのだが、効果的な攻め手がなかった横浜にとってはラッキーなPKだった。

続きを読む
posted by おかき at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

2017年J2第16節 横浜FC-名古屋グランパス 「次は中里の番だ」

佐藤謙介をレッドカードで失った後、キャプテンマークを巻いたのは中里だった。10人で1点を追いかける展開。ゴールほぼ正面でのFKを得る。イバも既に退いており、同点への期待は彼の左足に寄せられた。左足で放たれたシュートは、ゴール右隅を突いたが名古屋GK・楢崎が鋭いセーブでゴールを死守。横浜は最後とも言えるチャンスで決めることが出来ずに1-2と敗戦を迎えた。

IMG_0791.JPG

横浜は想定どおりというべきか、前線のイバを中心にボールをコントロール。彼が受けたファウルをそのまま前半8分直接FKをねじ込み横浜が先制点を挙げる。名古屋は田口、和泉を中心に横浜ゴールに迫るが、前半はそのボールが中々かみ合わないまま名古屋の攻撃という攻撃には迫力を感じないまま時間が過ぎていく。
それでも、前半から再三攻撃されているのは横浜の右サイド。野崎は守備が軽く、新井はまだディレイがやっとで奪い取るところまで出来ていない。とはいえ、藤井、野村、さらには永田も怪我でサイドの選手が薄いのは仕方ない。野崎の守備は軽いが運動量で何とかそれでも補っていたが、プレスバック出来ないのは苦しい。

IMG_0506.JPG

逆に横浜は、そういう名古屋を尻目に追加点といきたいが、ゴールを決めたFK以外でさしたる決定機を生み出すことが出来ない。この最大の要因は永田の離脱にある。彼はプレスバックも出来る、流れてきたFWを追い越すことも出来るから攻守にかなり融通が利いたのだが、彼がいないと3トップもしくは2トップをサポートできる選手がいなくなる。3トップが強調されがちだが、実はそれを支えていたのはこの左サイドの永田だった。徳島戦でも後半3トップを試しているが、全く機能しなかったのは永田が個人的なミスでボールロストを繰り返していたからだ。
この試合システムを2トップにして、前を津田にしたが結局ボールの出所はイバかロングボールでしかなく、単発のリズムの組み立てではどのチームもそう簡単にゴールを割らせてくるはずもない。

続きを読む
posted by おかき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2017観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする