最近の記事

2007年12月02日

2007年J1第34節 横浜FC-浦和レッズ 「レジスタンス」

日産スタジアムを真っ赤に染めたのは浦和のサポーター。この日、スタジアムに足を運んだ約4万6千人のうち、4万人近くを占め自軍ゴール裏はもちろんメインスタンド、バックスタンドの殆どの席を占拠した。まさに横浜に侵攻した浦和軍と言ってもいい。

だが、どれだけ数の論理で席を占拠しても大切なのは、どこに気持ちがあるかである。選手入場の際に、浦和は禁止されている場所から横断幕を2階から1階に垂らした。大人な横浜サポーターの多くはそれを受け入れていたが、一部の人達は明らかにホーム側であるのに、なぜ浦和の幕を自分の目の前に下ろすのかとその幕を遮る様に横浜の青いマフラーを掲げ続けた。たった数分の出来事であったが、その光景は私の心を強く打った。横浜のゴール裏を除けば、赤い波に飲み込まれている青き雫だったがそれぞれがそれぞれのやり方で横浜への思いを貫いた。浦和から見れば鼻で笑う光景に写っただろうがそのささやかな抵抗は、試合にまで伝染した。



ゲームは開始直後より横浜が浦和を圧倒する。これはゲームプランを立てていたのだろう。多少無理をしても中盤は中盤のポンテ・長谷部をしっかりとマークし、ゲームを組み立てさせない。サイドへはある程度自由に展開させて、中央の最後の部分だけをケアした。個人技で敵わないなら、人数を掛けて挟み込み自由にさせない。横浜の抵抗は序盤から激しかった。



ただ想定外だったのは、浦和のパフォーマンスの悪さだろうか。永井や長谷部がサイドを破っても、クロスは全く合わない。低い位置からのサイドチェンジは味方の頭を越えていく。守備面はこれが首位だったのかと思わせる様な失望する内容。目の前のボールに足が出ず、後手後手に回り横浜の根占・滝澤に山口を加えた中盤にボールを好きな様に回されていた。



横浜の流れのまま迎えた前半17分。左サイドを破った三浦知は、中央に2列目から走りこんだ根占にグランダーのクロスを供給。根占は追いすがるDFをモノともせず、角度を変えるだけでよかった。横浜FC先制。

首位?優勝?勝ち点?そんな事情は関知しない。なぜならここは「横浜」だから。この街は自分達が守らなければならない。赤い戦士達にスタジアムを占領されても、散り散りになった仲間は声を出し、各々が戦っていた。
続きを読む
ラベル:横浜FC J1 浦和
posted by おかき at 04:09| Comment(0) | TrackBack(3) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

2007年J1第32節 横浜FC-アルビレックス新潟 「Yesterday once more」

試合前にスタジアムに流れるカーペンターズのイエスタディ・ワンスモア。この曲だけが流れ続けた訳ではなく、この曲が収録されているCDを流していたとは思うのだが、この曲は穏やかながらに、しかし私の心の線を激しく揺らした。

ちょうど1年前のこの日、11/18私達は神戸にいて昇格争いの目下のライバルであった神戸を城・アレモンのゴールで降し、J2で首位に立っていた。まだ昇格も何も決まった訳ではなかったが、この先に待ち受ける未来への期待感がその不安感を吹き飛ばし、誰もが鼓動は高ぶっていたに違いない。深いため息は悲しみによるものではなく、これから待ち受ける新しい歴史の扉を開ける瞬間に出会う高揚感で胸がいっぱいだったからだ。

2006年11月の神戸戦観戦記
http://okaki.seesaa.net/article/27792732.html

だが、その1年後。この横浜FCというクラブに高揚感は感じない。「AS ONE」は「あっそ、ねぇ?」と読めなくもない。キッチンカーにしても、千葉のフクダ電子アリーナ周辺と同じ事をしようと考えているのだろうが、そもそも客がいないのでは閑古鳥しか鳴かない。勝利する為に観客を呼ぶというコンセプトを忘れたクラブは、飛ぶ為に羽ばたく事を忘れた鳥と同じ。この試合も羽ばたけない鳥達が右往左往する姿を目の当たりにするだけのものだった。


滝澤にタックルするリシャルデス。ダイバスター効果はなかった。

4-1-4-1で形成されたシステムだったが、山口は狙われるばかりでそれを往なしてボールを効果的に捌く事が出来ず。このシステムは1ボランチが如何に機能するかが重要だが、その役目を果たせず。



また守備面においても軽いプレーで交わされる事が多く、相手のリズムを断ち切れない。そうすると足の速くない小村が釣り出され負担がかかってしまう。運やミスに助けられ失点はなく、ボールは持てているがそれは新潟がラインを下げているからに過ぎず、その支配から決定機を演出するまでには至らなかった。

続きを読む
posted by おかき at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

2007年J1第30節 横浜FC-大宮アルディージャ 「青い雨」

降格が決まった横浜FC。「来期にむけて」とか「一勝でも」という声が聞こえるが、今年の「残留」という目標もなくなった時点で、残り5試合はチームとしてはっきり言って何の意味も持たない。来年の監督が決まっているのならば、先を見据えて違う選手や戦術を試す事も出来るが、ジュリオレアル監督の去就は未だに不明である。戦力外通告の期限まで残り約1ヶ月となるが、その大半は決まっておりその残りの決まっていない部分の可能性に懸けて選手は個々人で奮起するしかない。

その奮起した結果が、高木前監督が目指していた4-1-4-1というのは皮肉だろう。監督が交代して2ヶ月経って同じ方向性が出たのだから。



降格は決まったが、試合開始直後は横浜がペースを作る。4試合ぶりにスタメンの根占が鋭い出足でボールを奪い取りリズムを作り好ゲームを予感させたが、それより先でチャンスをモノに出来ず。チャンスがなかったとは思わないが、それらはどれも枠を捉える事はできなかった。

激しい風雨で、両チーム共にボールコントロールはままならず、横浜は裏へ、大宮は2トップの森田、デニス・マルケスに向かってのロングボールの蹴り合いになってしまった。



そして徐々に山口がミスを見せる様になって、自分達のリズムを崩してしまうと、大宮の攻撃が決まる。前半39分右サイドのクロスに抜け出したのは2列目の小林大吾。森田とデニス・マルケスを見ていた横浜FCの選手の隙を突いた一撃で大宮が先制した。



続きを読む
ラベル:横浜FC 大宮 J1
posted by おかき at 03:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

2007年J1第28節 横浜FC-川崎フロンターレ 「インシデント」

航空機事故、トラブルの際に「インシデント」という言葉を聞いた事があるだろうか。「インシデント」は直訳すると出来事や事故となるが、航空機事故の際の「インシデント」は「トラブル」的な使われ方をする事が多い。

航空機でトラブルが発生した場合、事故調査委員会がその内容を検討した上で、「重大インシデント」等に指定して、事故の原因を調査する事になっている。高い空を飛びながらいくつものインシデントが発生して、まさに墜落事故を起こしそうな航空機とJ2降格が目の前にある横浜FCとがダブる。



しかし、この日の横浜は今までと違った姿が見えた。中盤の吉野とパウロはコンビネーションが絶妙で、吉野がスペースを消す事でパウロが前線からボールを追い続けられた。川崎の中盤を構成する中村、谷口、大橋の3人をジュニーニョから遠ざけた事で、前半からペースは横浜が作っていく。3バック特有のサイドの裏のスペースにカタタウが走りこみ、攻撃で先手を握るとそれに呼応し、三浦淳、三浦知も躍動する。



過去、横浜が川崎に唯一勝利した試合でも主導権を握る事はなかった。2002年の等々力での信義のシュートも、有馬のゴールもカウンターで抜け出してたのを決めたもので、支配できたとは言えなかったがあの時よりも互角に戦っている今日の横浜FC。



前半中ごろまではいつも以上に希望が見えていたが、大きなインシデントが横浜FCを、ゴールを直撃する。それまでパウロとCBに挟まれてゲームをコントロールできなかった川崎・ジュニーニョが先制ゴールを挙げたのだ。CKのこぼれ球から、大橋がPA付近まで持ち込みシュート、このボールは菅野が素晴らしい反応で弾き出したが、そこに詰めていたジュニーニョはほぼフリーで決めた。



まさに「事故」でも言うべき失点。確かにポジショニングを褒めるべきだろうが、DFが重大なミスを犯した訳ではなかった。この事故の様な失点を喫した事で、ここからは川崎がサイドで優勢になりチャンスを作り始めた。横浜は内田と三浦淳のポジションを入れ替えるなど工夫を凝らすが殆ど効果はなかった。

続きを読む
posted by おかき at 03:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

2007年J1第25節 横浜FC-FC東京 「女心と秋の空」

台風が抜ける度に日本は秋の訪れを感じる国である。今年は8月が
例年以上の猛暑だったが、8月下旬に台風が抜け、そして9月も
関東地方を台風が抜けて、夜になると涼しくなってきた。
昨年は実りの大きな秋になったが、今年は不作で価格も急騰。
チケットの価格も高く感じてしまう事だろう。



2週間の中断期間を挟み再開されたJ1。横浜FCはジュリオレアル監督に
なり、2週間で戦術の構築を図っていた。この日のスタメンは
高木監督が目指していた4-1-4-1という戦術ではなく、また新監督が
就任してタスクを整理する為に採用した4-4-2でもなく、4-2-3-1という
三浦(知)が1トップで、内田が中央に入る形の新布陣。



しかし、前半からこの布陣は殆ど機能しない。前線がボールを
抑えられないだけではなく、中盤で連携の悪さを露呈。DFラインも
押しあがらず、サイドは孤立しボールを下げてしまう。
守備面で気になるのは、FC東京・ルーカスをフリーにしてしまう事。
彼のポジショニングに対応できず、DFが付いていくのかボランチが
下がるのか曖昧なままで、中盤にポイントを作られる。



その結果がFC東京の先制点という形で生まれた。ボールを落ち着かせる
だけで数トラップを要する山口が、自陣低い位置でミスパス。
これを奪われ、右からのクロスに走りこんだのはFC東京・福西。
ノートラップで振りぬいたシュートは、菅野が弾いたがネットを揺らし
FC東京が先制点を挙げる。
前半はFC東京のシュートミスに救われるシーンもあり0-1で折り返す。



続きを読む
posted by おかき at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

2007年J1第24節 横浜FC-サンフレッチェ広島 「光陰矢の如し」

79分。右サイドで和田からボールを奪った広島・佐藤が中にパス。
ペナルティエリアのやや外正面で満を持して待っていた広島・
ウェズレイが放ったシュートは、横浜FCのゴールに一直線に飛び、
菅野がどれだけ手を伸ばしても絶対に届かない場所に決まった。
横浜FCに追いつかれた広島が決めたまさに「矢」の様なゴール。
この逆転でゲームの流れを掴むとそのまま逃げ切り、三戦ぶりの勝利。
横浜FCは11戦勝ち星なしの結果となった。



横浜FCは勝利を逃したが、前半はほぼ一方的な横浜ペースだった。
ジュリオレアル監督の采配を初めて見たが、やりたい事は布陣を見れば
大方予想が付く。中央のCBは対人守備が強い室井、和田でボールを
跳ね返し、中央のパウロ、山口は機動性よりも守備面。サイドの
選手はクロスよりも縦や内側への進入を要求しているのだろう。



足達監督から高木監督になった時もそうだったが、最初に行ったのは
タスクの整理だった。4-1-4-1等のバランスや連携を求められる
システムよりも、監督としてシンプルな4-4-2でまず清水・広島戦に
臨んだのだろう。



それが功を奏し中盤を支配し、ゲームをコントロールできた。
ヨンチョルのループ気味の、三浦知のポストを掠めたシュートもあった。
時折駒野の突破からのクロスや、ウェズレイのFKにヒヤリとする
場面もあったが、前半は横浜の流れで得点への期待感が高まった。

続きを読む
posted by おかき at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

2007年J1第21節 横浜FC-ガンバ大阪 「七転び八起き」

村上主審が試合終了の笛を吹いた時、高木監督は明らかに不満そうな表情を浮かべた。それは、この試合が引き分け「で」終わってしまったからだろう。首位を走るガンバに10人で引き分けた事だけを考えれば十分過ぎる結果と言えるが、試合内容を加味すればそれで満足できるものではなかった。



システムを4-1-4-1に変更していた横浜は、前半ヒヤリとするシーンを見せながらも、格上のガンバに喰らいつき決定的な場面も菅野を中心とする守備陣が跳ね返し続けた。パウロの1ボランチと、その前にいる根占、吉野の三人が明神、橋本の後ろからのパスを遮断し前線と遠ざけた。試合後ガンバ・西野監督も「4人が少し離れすぎていて、そこがよくなかった」とこぼすほど守備は機能していた。



そしてもう一つは滝澤の守備。対面する加地のスペースを消す事で彼のバックパスを増やし、まるでアジアカップの再現を見ているようだった。それはイコール、横浜の守備が機能していた事の表れ。ガンバがボールを多く支配するが、リズムを握らせない。パスを封じるには受け手と出し手のどちらかを塞ぎに行く必要があるのだが、高木監督は後者を選択しこれが成功した。



守備陣がボールを奪取できると攻撃の機会も自然と増える。平本はマークを振り切り前線で基点となったし、それは4-1-4-1のシステムで回りに選手が近い事もあっただろう。ボムソク、滝澤が効果的にクロスを上げるシーンもあった。前半からチャンスの臭いは漂っていた。

続きを読む
posted by おかき at 04:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

2007年J1第20節 横浜FC-ヴァンフォーレ甲府 「終戦記念日に」

今から遡る事62年前、日本はポツダム宣言を受託し、昭和天皇が玉音放送を行った事で、戦争が終結した日がこの8/15であった。
今度は今まさに横浜FCの終戦が刻一刻と迫りつつある。最下位であるばかりか、勝ち点も10と17位の大宮に7点差付けられている。勝ち点差は縮まらないが、残りの試合数だけは減っていく、試合内容に前進が見られるかと思いきや、アジアカップの為に中断していたJ1の再開緒戦のFマリノス戦では屈辱的な8-1の大敗を喫している。特に3点目を失ってからの戦いからは、目を覆うばかりで戦術とか技術といったもの以前の、気持ちというレベルでゲームを放棄していた。その気持ちという部分、この試合は前の試合よりは幾分かましな試合にはなった。



CBに和田を配し、ボムソクを右に、吉野とパウロのボランチで、難波の抜けたところにはヨンチョル。センターラインを再構成しなおしゲームに臨んだ。序盤は、甲府の連動性高いサッカーに苦しめられながらも、ラインを高く保とうと腐心し抵抗を見せる。その姿勢は前節のそれとは異なった。だが、その姿勢に水を差したのが、ゴール前の一瞬のミス。DFが自陣右サイドから出されたパスへの対応を誤り、先制点を許す。



1失点しても我慢強く耐えてはいたが、危ないシーンは続く。智吉が試合後「タテにスピードアップされるのだけは防ごう」と考えていた様に、甲府の武器はどこか縦のボール、楔のボールが入った時にスピードアップする点で、これを如何にプレスを掛けて、ボールを回されても我慢できるか。前半は失点しながらも残りの30分は耐えていた。



ただ、ツギハギの攻撃面では滝澤にボールが出るまでの連携は形になっているが、それ以外は組織的というより直感的に動いているプレーばかりでチームとしてどうやって点を取るのか形がなかった。それも仕方ないだろう。MFとFWの選手では滝澤と吉野しか昨年からいた選手はいないのだから。
パウロもボムソクもプレーの質は高かった。だが、それは個人のクオリティの話であり、例えばパウロはボールを奪う事に高い技術はあるが、その瞬間にどこに誰がいて誰に捌くルールなのか感覚的に判断出来る訳ではない。ボムソクも長いクロスを上げればいいのか、FWが流れてくるのか決まっていないから判断は自ずと遅くなる。

続きを読む
posted by おかき at 08:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

2007年J1第19節 横浜Fマリノス-横浜FC 「魂の還る場所」

ジュニアユースのダービーマッチが引き分けに終わり、徐々に
両チームのサポーターの応援が熱気を帯び始めた時に、その熱気を
一瞬で冷ました出来事がある。
FマリノスTVという場内ビデオで、Fマリノス・大島がその冒頭に
「フリューゲルスは」と発言した時だった。横浜フリューゲルスは
もう既にこの世になく、「横浜FCと横浜Fマリノスの歴史はまだ
始まったばかりだ」と言う人もいるだろう。だがしかし、その言葉を
上っ面なものと感じさせてしまう程、あのスタジアムに一瞬駆け抜けた
静寂の風は「フリューゲルス」という言葉がまだどれだけ重いのか
それを感じさせるには十分過ぎるものだった。



試合は、予想通りの展開になったFマリノスが攻め、横浜FCが守る。
この試合新加入の外国人マルコス、呉の二人をボランチに起用した。
横浜FCは秋田で合宿した効果はあったのかわからない。
中盤の要であるボランチを山口、根占から一気に二人変えた事で、
今までのロングボール一辺倒のサッカーでなくなったが、
逆に連携にチグハグな場面も見せた。
短期間で戦術の根幹を変えているのに、連携不足では短期間に
結果を残す事は現状から言えば厳しい。

その状態に追い討ちをかけたのが、菅野のミス。右サイドマリノス・
吉田のクロスをキャッチし損ねて、弾いたボールを大島に決められる。



チームの中で唯一J1レベルで試合をこなしていた菅野のミス。
もちろん過去何年も彼で勝ってきた試合もあるからこの1点だけを
責めるのは酷だが、キャプテンとしてGKとして痛い。
そして前半終了間際に坂田にミドルシュートによるゴールを献上し
2-0で前半を終了する。



HTに高木監督は「守備は悪くない」とコメントしたが、実は
この坂田のシュートこそが、この試合を壊す予兆であった。

続きを読む
posted by おかき at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

2007年J1第18節 横浜FC-JEF千葉 「Rhythm」

昨年半ばまで現日本代表監督イビチャ・オシムが指揮を執ったジェフ千葉。ジェフのサッカーは、彼が来る前からヨーロッパの香りがしていた。GMだった祖母井氏がヨーロッパの人脈に明るい事が大きく影響しているのだろう。1997年以降は皆ヨーロッパ人の監督が指揮を執っている。そして、その多くが東欧出身者である事も興味深い事実だ。

ジェフのサッカーはまるで、オーストリア国籍を持つオシム前監督が作り上げたワルツと呼ぶに相応しいものだ。一定の規律の元に、速いテンポで幾人もの選手が豊富な運動量を維持しながら、高い連携を保ちボールに絡んでくる。ワルツが3拍子のリズムならば、彼らのサッカーは3人目の動きあるいは、3人目に通す為のパスが美しいからこそ、日本代表に何人も選手を送り込める。



ただ、昨年前任者であったイビチャ・オシムが日本代表監督に就任し、息子のアマル・オシムが引き継いだが、偉大な父の背中は越えられないのかヤマザキナビスコカップこそ優勝したが、リーグ戦の成績は急降下。また昨冬にはイビチャ・オシムを招聘した祖母井GMが仏・グルノーブルに。今年不振になる伏線はあった。指揮者が変われば、同じ曲でも解釈や理解は異なり、それが表現方法の違いとなって現れるものだ。

前半戦を通してみれば不振であってもここ数戦は連勝をし、徐々に自分達のリズムを取り戻しつつある千葉を迎え撃つのは6月に勝ち星のない横浜。原因は技術力の低さと、運動量の違いという考え方が支配的。山田卓也ら3選手が加入し、一定の効果はあったが現状では大きな起爆剤にはならず。ここ2試合は連続で3失点と厳しい戦いが続いている。今節は千葉・水野を警戒し、左に怪我から復帰の和田を起用して必勝を期す。



試合は序盤から予想通り千葉がボールを支配し、横浜陣内に攻め込む。開始早々に滝澤から平本に鋭いクロスが入ったのが、千葉イレブンに火をつけたか水野、羽生、山岸らがサイド、中盤を押し込んでいく。そして開始からたった9分で横浜ゴールをこじ開けた。左に流れていた羽生から楽山へ、最後は山岸が突破して横浜のネットを揺らす。ここから前回の対戦の時の様に千葉の一方的な流れになるかと思われたが、横浜が持ちこたえる。



特に度々見せた山田、鄭のパスカットから勢いある突破からゴールに迫り、千葉も悠々とワルツを踊る時間はなかった。

続きを読む
ラベル:横浜FC 千葉 JEF
posted by おかき at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2007観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする