最近の記事

2016年05月05日

2016年男子ホッケー日本リーグ第2節4日目 Selrio島根-LIEBE栃木

さて、ホッケーである。ブログを辿ると2012年のロンドン五輪の予選以来の観戦となっている。その間の細かいルール改正はともかく、日本ホッケー界も大きく変わっていた。2015年それまで10年連続国内4冠を達成してきた王者・名古屋フラーテルが活動方針を変更し、チーム名を変更して活動縮小。今年の日本リーグには参加しないこととなった。代表も過去3回の五輪の出場のチャンスも予選で敗退したことで、五輪出場を前提にした強化に行き詰ってしまったという推測はそう遠いものではないだろう。国内で唯一のプロの形態に近い活動を行っていたクラブの活動縮小の影響は大きい。

北京五輪の最終予選
http://okaki.seesaa.net/article/93289240.html
ロンドン五輪の最終予選
http://okaki.seesaa.net/article/269160169.html

その名古屋フラーテルで現役を引退した元代表キャプテン山堀貴彦氏がリオ五輪の最終予選敗退を受けて、日本代表監督に就任。ここからどう立て直せるか。

IMG_1939-001.JPG

この試合で初めてLIEBE栃木というチームを知った。2015年から参戦のようだ。急遽今年からリーグは2部制となり、昨年1勝もできず最下位だった栃木はH2と呼ばれる2部での戦いとなる。
去るチームがあれば出てくるチームもある。そしてそこにはフラーテルから移籍してくる選手もいる。王者がいなくなってもその選手たちは良くも悪くも全国各地のチームに散らばることで全体的な底上げにつながるのかも知れない。

IMG_1988.JPG

ゲームはその栃木が電光石火で先制点を挙げる。ドリブルで突破した#6落合がサークル内右側からこのゲームのファーストシュートを放つとそれがゴールとなった。ゲームの流れは栃木が優勢。
島根は前線にボールを運ぶことすらままならない。全体の動き出しが遅く、ミスも多い。中盤で奪われてはカウンターを許して何度も切り込まれる。

IMG_2067-001.JPG

IMG_2005-001.JPG

続きを読む
posted by おかき at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

2012年ロンドン五輪ホッケー男子最終予選 日本代表-南アフリカ代表

日本代表のファンでふくれあがったスタジアムに静寂が訪れた。後半19分、南アフリカに追加点が入る。0-2と引き離される。点差よりも、追加点を許したシチュエーションが最悪なものだった。先制点を南アフリカに許した日本は、粘り強く反撃しPCを獲得する。しかも、相手の選手がフライングで一人退かなくてはならなくなり、GKを含めて南アフリカは3人しかない。誰もが日本代表の同点劇を想像したに違いない。



ところが、そのPCをミスし南アフリカに奪われて一気にカウンターを許す。そのカウンターこそは、何とか外にボールを出して逃れたが、クリックスタートした南アフリカに対応出来ずサークルほぼ正面からフリーでリバースヒットでゴールを決められてしまった。



残り16分しかない日本は逃げ切ろうとする南アフリカをこじ開けにかかった。攻撃時は粥川を一人残し、ディフェンスの長澤も前線に上げてほぼ全員で南アフリカゴールに迫った。後半25分からは立て続けに3本のPCが与えられたが、どれも南アフリカ代表GKピーテールセの好セーブに遭い決める事が出来ない。



南アフリカは徹底的に時間を稼ぐ。ボールを奪えば前線の選手にスクープをしてとにかく遠くにボールを飛ばす。時には迫力のある身体能力を活かしたカウンターを繰り出す南アフリカの攻撃をGK吉岡が懸命のセーブで追加点を許さない。



後半29分。サークル内の右サイドを突破した北里が角度のないところからゴールを叩き込んで待望のゴール。これでスタンドもヒートアップし、もう一点という空気に包まれるグリーンスタジアム。
残り5分は退場者が出た事もあり、GKを下げてFPを入れてパワープレーに出る。だが、サークル手前で判断が遅く反則を犯して相手ボールにしてしまったり、小さなミスでパスがつながらなかったりと、南アフリカを攻めあぐねた。南アフリカもほぼ全員でサークル付近を固め、打ち込む事も許さない。



続きを読む
posted by おかき at 03:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

2012年ロンドン五輪ホッケー最終予選 日本代表-アゼルバイジャン代表

前半だけで4-0と大きくリードした時点でゲームの趨勢は決まった。安田コーチも同じことを試合後のインタビューで述べていた。ここまで点差が開くとは思っていなかったので拍子抜けをしてしまった。ただ正直女子の"さくらジャパン"はここ最終予選にいてはいけないレベルのチームで、予選リーグでも5試合で失点はアゼルバイジャン戦での1点のみ。ここはあくまで通過点で、ロンドン五輪で6位以内に入れるのかが興味深いところだ。





キャプテン山本は、試合後言葉を詰まらせた。一部の報道によると彼女は今年で引退を決めているとも言われ、今回が最後の五輪になるべく集大成の思いがあるだろう。先制点を挙げた駒澤ももう30が目の前。今大会のMVPに選出された岩尾も36歳といつその日がやってきてもおかしくない状況にある。
そういう意味では、12番柴田が2ゴールを挙げたことや、三橋・佐藤という前線の若手が代表で結果を出しているのは、また次世代に繋がっていると言える。



試合内容は日本のほぼ完勝で運動量で勝り、後半はPCから一点を返されるが、その7分後には逆にPCから5点目を決めて、相手の息の根を完全に止めた。残りの20分も日本がアゼルバイジャンを押し込んで反撃を許さなかった。



続きを読む
posted by おかき at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

2011年ホッケー日本リーグ第1節第2日 ソニーHC BRAVIA Ladies-東海学院大学

昨年4年連続三冠(全日本選手権、日本リーグ、社会人選手権)を制したソニーの力をまざまざと見せ付けられる試合となった。2年ぶりのホッケー日本リーグの観戦であるが、大学時代に実績を残した選手がそのまま強豪チームに加入すれば当然強い。FBの林は立命館時代に下位に低迷するチームにあって一人吼え、戦い、相手に向かっていく選手だった。徳島は山梨学院大時代、サークルの中で華麗に何本もタッチシュートを決めていた。今年は天理大学でチームの主力だった及川、そして山梨学院大でFBとして縦に鋭いパスを入れ続けた丁ナリが加入。現役韓国代表の金ボミや東海学院大の主力深野も加えると圧倒的な戦力で、このチームに対して学生が戦うのはかなり厳しい。

実際先制点は開始からたったの2分。金ボミが突破し、左にいたフリーの村上にパス。彼女がこのボールをキレイに流し込みソニーHCが先制点を挙げた。その後もソニーHCの攻勢は続く。金、山本、村上が相手の攻撃の芽を潰し、千葉、中島という日本代表2人がサークルでも悠々ボールを失うことなく前を向いて攻撃を続ける。



押し込まれ続けていた東海学院大も永井を中心に反撃。前半8分に得たペナルティコーナーのフェイントプレーで石田がフリーでボールを流し込むだけだったが、高く浮かしてしまいゴールは認められなかった。このチャンスをモノに出来なかった東海学院大学にはその後チャンスが訪れることはなかった。

同点の危機を免れたソニーHCは気を引き締めなおして再び攻勢を強めると、前半19分右サイドを粘り強く突破した戸田から新加入の深野へ。サークルに飛び込んできた深野がこれをゴールに押し込んで追加点を挙げると、前半25分には金ボミがサークル内で身体を投げ出しながらのリバースシュートを決めて3-0とリードした。
金のシュートにより気持ちが切れてしまったのか東海学院大学は、前半が終わっていないが運動量が目に見えて落ち、ソニーのドリブルに付いて行くのがやっとの状況だった。



この状況を尻目にソニーは更に追加点を挙げる。3点目を決めた深野がサークル内でシュートを放ったこぼれ球をフリーで飯村が押し込み4点目。5点目は前半終了間際、左サイドから千葉が強いヒットで折り返したボールを深野が押し込んで5点目を挙げ、ゲームを決めた。

続きを読む
posted by おかき at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

2009年ホッケー日本リーグ最終節最終日 ソニー一宮BRAVIA Ladies-天理大学ベアーズ

直前の試合でコカ・コーラウェストが引き分けに終わり、ソニー一宮は7点差以上で負けなければ優勝が決まる試合。その試合を見る為に、試合後の表彰式に出るために、グラクソ・スミスクラインとコカ・コーラウェストの選手達がスタンドに現れる。良い意味でアットホームな、悪い意味で内輪なホッケーのスタンドは独特である。

この日最後の試合、そして今年の日本リーグ最後の試合は静かに幕を開けた。気が付くと雨はあがり、少し肌寒い位である。最後の試合にしてはやや熱気が冷めてしまっていた。コカ・コーラウェストが勝利していれば、また違った空気になっていただろう。

最後も勝利して締めくくりたいソニー一宮だったが、どうも攻守の切り替えが遅い。前日山梨学院を一蹴した速さがない。ボールは巧さと強さで奪えるが、前線の動き出しの遅さから囲まれては弾かれて逆襲される展開。



天理大学は攻撃の回数こそ少ないが、選手の動きは溌剌としており見ていて清清しい。FB#2諏訪、MF#5上野、FB#8小櫻、FW#10永山らのプレーはピカピカしていた。そうそう、MF#9及川も。彼女がボールをつなぐ事が出来たから、天理大学のチームはまとまりがある様に見えた。



ボールのポゼッションはソニー一宮が握ってはいたが、ゴールになる気配が感じられなかった。大量失点しなければ優勝という安堵というか、安心に近い気持ちがどこかにあったのかも知れない。



そういう試合を見ていると、一観客としても何だか直前のコカ・コーラウェストの試合の方が食べ応えがあったメインディッシュだったのかなとも感じてしまう。

続きを読む
posted by おかき at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

2009年ホッケー日本リーグ最終節最終日 山梨学院大学CROWNING GLORIES-コカ・コーラウェストレッドスパークス

それまで小康状態だった雨足は試合の直前から強くなった。霧雨から叩きつけるような激しい雨に。それまでの2試合は嵐の前の静けさだったというべきか。最終日を前に順位は、

ソニー一宮      勝ち点32 10勝2分1敗 得失点差29
コカ・コーラウェスト 勝ち点31 10勝1分2敗 得失点差23

となっている。最終日にコカコーラが引き分け、ソニー一宮が敗れて勝ち点で並んでも、得失点差の差は6。ましてやソニー一宮が1試合で7点以上入れられる事はまず考えられない。つまり、コカ・コーラウェストはこの試合を勝たなければならない。直前の試合、グラクソ-南都銀行は両者とも「勝てば良い」だったが、「勝たなくてはならない」と捉えると重いプレッシャーが選手の両肩にのしかかっていく。
そしてコカ・コーラウェストにとって山梨学院大学は大きな壁。2005年の参入以来一度も勝てないどころか引き分ける事も出来ていない相性の悪い相手だった。



山梨学院大学にすればコカ・コーラウェストは相性の良い相手であり、スタジアムは自分達の練習場、男子部員も応援に加わりリーグ戦最後の戦いの応援にも熱が入る。4年生は最後のリーグ戦になるのだ。

試合は開始から山梨学院が攻勢に出た。コカ・コーラウェストは前線と中盤にスペースを与えてしまい、山梨学院の選手が簡単に前を向ける状況にあった。「勝利」という名の呪縛の鎖がコカ・コーラの選手達を縛っているかの様に。そして、コカ・コーラウェストは前半10分パスミスを山梨学院大学の#6佐藤に拾われてリバースシュートをキレイに決められてしまった。



コカ・コーラウェストはこれで目が覚めてもおかしくないのだが、まだ動きは固いまま。山梨学院大学はホームの応援を嵩にかかって攻め立てた。彼女達も負けられないのだ。
前半26分。#1李の放ったヒットをサークル内にいた#9徳島が見事なタッチで合わせて追加点。李と徳島の絶妙なコンビネーションで追加点を奪った山梨学院大学。



2点を取られ逆転優勝が絶望である事を象徴するかの様に降りしきる強い雨。しかし、この失点でコカ・コーラウェストの選手の何かが変わり始めた。前に出る気持ちが強くなった。反則を犯されてもアドバンテージがある限り前進しようとし、良い意味で反則を犯しても粘り強く守ろうと懸命になっていたのがわかる。雨の中、歯を食いしばって戦う選手達の表情がそこにあった。

続きを読む
posted by おかき at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年ホッケー日本リーグ最終節最終日 グラクソ・スミスクライン-南都銀行

ホッケー日本リーグでは、順位決定の方式が1.勝ち点、2.勝利数、3.得失点、4.総得点数、5.当該チーム同士の試合結果、6.別途実施のペナルティストローク戦の得点数と定められている。ここまでグラクソの勝ち点は22、南都銀行は25。最終節でグラクソが南都銀行に勝利すると8勝、南都銀行は7勝のままとなり勝ち点は同じだが、グラクソが逆転で3位を手にする事が出来る。
グラクソにしてみれば「勝てば良い」、南都銀行にすれば「負けなければ良い」この両者の思いがどうゲームに反映するか、してしまうのか興味はその1点だけだった。

試合開始から攻め込んだのは勝たなければならないグラクソ。駒澤、小森、小沢らがボールに絡み、南都銀行のお株を奪うサイドアタックで猛攻を仕掛ける。PCから#4笹原の強烈なヒットも身体を張って凌いだ。



南都銀行は低い位置から#3眞鍋#7硲らがゲームを作ろうとするが、グラクソの出足の早さに中盤でボールを失うばかりで、前線の#6北野や#9古家が孤立していた。



勝ちたいというグラクソはチームの気持ちが一つになっていた。逆に南都銀行は、守り切るのか攻め勝つのかやや曖昧な部分があったと思われた前半だった。



後半6分にグラクソがPCを得る。これを得点王争いの渦中にいる#12島が、#4笹原のシュートに詰めてゴールを奪い1-0。ゲームが動き出した。

続きを読む
posted by おかき at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年ホッケー日本リーグ最終節最終日 立命館大学ホリーズ-東海学院大学

「女のガチンコ対決第1弾」それがこの試合。どちらも日本リーグでは下位に低迷してしまった勝ち点3の立命館大学と勝ち点2の東海学院大学。負けた方が最下位になる裏天王山。



先制点は開始10分だった。左サイドの長いボールに追いついた立命館大学#11治多が追いつき、左サイドをえぐって東海学院FBを交わして内側に折り返しのパス。このボールを#7植田が見事なタッチで合わせて先制した。



引き分けでも最下位を逃れる事の出来る立命館大学は精神的に優位に立ち、気持ちに余裕が生れた。キャプテン#5浦田を中心に東海学院大学の攻撃をしっかりと受け止めて、跳ね返した。特に得点を挙げた植田は中央に鎮座し、攻守両面で機能していた。



東海学院大学は立命館の早い攻撃にてこずった。特に左#2坂井はスタミナ不足が顕著で後半厳しかったし、#3藤井はスピードへの対応に難があり置き去りにされる事もしばしば。二人とも若く成長の伸びしろがあるからこそ、長い時間起用されているのだろう。

続きを読む
posted by おかき at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

2009年ホッケー日本リーグ最終節第13日 ソニー一宮BRAVIA Ladies-山梨学院CROWNING GLORIES

直前の試合、コカ・コーラウェストは逆転で天理大学を下して暫定首位に立った。この試合の前の時点で

コカ・コーラウェスト 勝ち点31 残り試合1
ソニー一宮      勝ち点29 残り試合2

ソニーは山梨学院に勝利しなければ逆王手になってしまう。そのプレッシャーの中で、ソニー一宮はどう戦うか。そこに興味が注がれた。

試合開始序盤、サッカーと同じで切り替えのスピードの違いで、ソニー一宮は山梨学院大学を圧倒していく。反則を犯した瞬間に、自分のポジションに戻っているか、相手のマークを見ているか、ファーストDFに行っているか。そういった要素で山梨学院はソニーの後手に回ってしまい、押し込まれる。

だが、ソニーが優勢に進める展開も得点にまで結びつかない。山梨学院の丁、吉田、古世の粘り強い守備を崩せない。右サイドの千葉、中川にもしつこいマークが付く。ソニー一宮の千葉はオランダで靭帯にケガを負ったが、リーグ戦に出場できるまでに復活。尤も、まだグルグル巻きのテーピングの姿は痛々しいものがあるが。



その千葉が破ったのはテーピングではなく均衡。右サイド加藤からのパスを受けて、サークル内を左に流れながら放ったリバースシュートがゴールに転がった。これでソニー一宮は緊張感が解けたのか、余裕を持ってゲームを進められる様になった。
その直後にも右サイドを抜けた岩田から中川にパス。中川は難なくゴールを決めて2-0と大きくリード。



これで山梨学院は、本来右サイドの徳島、永山(加)というスピードのある選手を左サイドに入れて修正を図り、一時はソニー一宮の攻撃を緩めるのに成功したが、今度は右サイドの攻撃に迫力を欠いてしまった。

続きを読む
posted by おかき at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

2009年ホッケー日本リーグ最終節第13日 天理大学ベアーズ-コカ・コーラウェストレッドスパークス

失礼ながら途中で失速すると思っていたらコカ・コーラがとうとう最終節まで優勝争いを繰り広げている。鉄壁の守備陣が失点を許さない。敗戦を喫したソニー一宮戦、山梨学院大学戦を除くと失点したのは南都銀行戦の一度だけという守備力の高さ。
いや、守備力が高いのは昨年も一昨年もわかっていた事。そこにどうやって攻撃力を上積みしていくのかがコカ・コーラウェストの課題なのであった。
今年ここに爲藤が加入。前線でターゲットになる選手が入った事で、山口や山本が活きてくる。今まではFWに長いボールを出したきりで、走り回っては消耗するばかりだったが、コントロールできしかもフィニッシュまで持っていける選手が加入して、攻撃力は格段に上がった。また、張というFBはPCで素晴らしい力を発揮。流れから点が取れなくてもPCから確実に点が奪える様になった。



チームが変わったのは、対戦相手の天理大学も同じ。昨年までは引退された森本さかえさん、日本代表の岩尾幸美選手ら社会人が大学生に混じって出場していたが、今年から登録は大学生のみになった。
それでもここまで4位は立派な成績。さくらジャパンの候補選手もおり、また世代別代表に選ばれた選手も何人もいる。昨年山梨学院大学がリーグ戦で3位になり、今度は自分達の番と虎視眈々とその座を狙っている。



試合開始から攻め込んだのはコカ・コーラウェスト。彼女達はこの試合に敗れると、この後行われる試合でソニー一宮が勝利すると優勝がなくなる。どうしても勝たなくてはならない。その気持ちが4回連続でPCを獲得する。しかし、それを悉く止めたのは天理大学GK浦田。彼女は抜群の反射神経でシュートを跳ね返し、最後はコカ・コーラウェストのシュートミスを誘い失点を許さなかった。

続きを読む
posted by おかき at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする