最近の記事

2009年06月20日

2009年ホッケー日本リーグ最終節第13日 グラクソ・スミスクライン-立命館大学ホリーズ

東海学院大学と最下位争いをしている立命館大学にとってみれば、絶好のチャンスが訪れた。直前の試合で勝ち点2の東海学院大学は敗れ、立命館大学がこの試合に勝利すれば最下位は免れる事は確定する。
グラクソは今シーズン首位争いをしているコカコーラウェストに追い抜かれる形で現在5位。優勝の可能性は既にないが、社会人の雄として学生相手に負ける訳にはいかない。



そういった事前の予想をしていたが、やはりというべきか勝てば最下位にならないという明確な目標があるチームの方が、動きもキレていた。前半8分、立命館大学は得た最初のPCを的確に決めて先制。一瞬スタジアムが静まり返った。



立命館大学の先制点からたった5分後。グラクソもPCを得て、シュートの跳ね返りを#3神内が押し込んで同点に戻す。追いついた者の方が調子が出てくるのはどのスポーツも共通なのか、それともグラクソの怒りの導火線に火を付けただけだったのか、同点になった後はグラクソの一方的な攻勢が続いた。



駒澤、小森、小沢、阿久津と日本代表クラスの選手が揃うグラクソは、ショートパスで優位に試合を進めていく。駒澤が逆転ゴールを前半23分に挙げれば、前線の小沢は、立命館大学守備陣をまるで赤子の手をひねるかの様に躍動し、前半30分のPCでは絶妙のコースでフワリと浮かせたシュートが立命館大学のゴールに突き刺さる。GKは一歩も動けず。

続きを読む
posted by おかき at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年ホッケー日本リーグ最終節第13日 南都銀行-東海学院大学

もう早くも今年の日本リーグも最終節を迎えた。通常は夏に少し小休止が入り秋にリーグが再開されるケースが多いが、女子は今年10月に日本代表がチャンピオンズチャレンジという国際大会に出場する為に、前倒しで開催されている。

昨年までは中川未由希(現:ソニー一宮)が引っ張ってきた東海学院は、今年彼女が卒業し戦力的に非常に厳しい状態を迎えている。高校生で日本代表に選出された彼女のパスセンスで攻撃陣は他のチームに比べると選手層は薄いながらも喰らい付いていた部分があったが、今年は最下位と低迷。リーグ戦未勝利。



それでも、この試合はまた新しい才能を見た気がした。彼女の名は片峯。右サイドで南都銀行を翻弄しチャンスを作り出していた。もちろん彼女にテクニックがあるのは当然だが、今年から変更されたルールも大きく影響している。
サークル近くのフリーヒットは、今までならばどのチームもとりあえず強く打ち込んで密集状態で相手のキックなどを誘ってPCを獲得する作戦を取っていたが、今年からはそれが禁止になった。



しかしドリブルが上手い選手はそれが水を得た魚の如く躍動する。セルフパスで自分でスルスルとサークルに入って、パスからシュートシーンを演出。
昨年は中川のパスで組み立てていた攻撃から、片峯のドリブルを中心にした戦術に移行しようとしている。また、同じ右サイドのDFには元FWの平山がおり、片峯と平山のコンビネーションで南都銀行を崩す場面が見られた。

しかしセンターラインは力強さに欠け、攻め込んではセンターハーフにカットされてカウンターをモロに受けてしまっていた。

続きを読む
posted by おかき at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

2009年ホッケー日本リーグ第3節第6日 山梨学院大学CROWNING GLORIES-コカ・コーラウェストレッドスパークス

一度「どちらのファンですか?」と聞かれた事があるが、私は特定のチームのファンではないが、山梨学院大は昔山梨に住んでいた事もあって"ご贔屓的に"観戦している。その山梨学院側に立って見てもため息が続くシーンの連続だった。何よりストロークが雑で、パスは通らない、直接ラインを割るというシーンが多々あって、どちらのチームもリズムを掴めずにいたからだ。



それでも相手が前日のソニー一宮ならば、まだ評価も違ったが、この日の相手コカ・コーラウェストは今年上位に位置しているが、前線の厚みや迫力はソニー程ではなく強くプレスが高い位置からかからなかったので、攻撃になった時には丁寧に捌いて欲しいと感じた。中盤の李は昨年のリーグオールスターにも選ばれた選手で、彼女に安定してパスが入るとチャンスはあったが、コカ・コーラもこの辺りは当然考えており、彼女への寄せを速くしてペースダウンさせるとゲームは膠着状態になった。



コカ・コーラウェストもミスはありつつも小野が低い位置からゲームを作って攻め込むが、前日ソニー一宮に1失点と粘りを見せた山梨学院大守備陣の前に効果的な攻撃を繰り出せないまま前半終了。

続きを読む
posted by おかき at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

2009年ホッケー日本リーグ第3節第6日 ソニー一宮 BRAVIA Ladies-グラクソスミスクライン

ホッケーは右サイドが主戦場になるスポーツと経験者から聞いたことがある。ホッケーのスティックには右利き用、左利き用が分かれている訳ではなく、基本的に自分の身体の右側でボールをコントロールするから、どうしても右側の方がパスが出しやすい。ホッケーを楽しむ一つのポイントは右サイドの攻防である。これだけを見ていても試合の展開がわかるから面白い。



グラクソの選手が後半「展開速く」と叫んだ事がグラクソの状況を象徴していた。ソニー一宮の高くて速いプレスに苦しみ、中々前方にパスできない。ホッケーは基本的に空中にボールを打つ事はスクープ以外はほぼ禁止されているので、サッカーみたいにとりあえず前方にロングボールは出来ない。だから、速いプレスをかいくぐるには技術と運動量が必要だったが、それが難しかった。



自陣の低い位置でミスして、ボールを奪われると守勢になってしまい前線の選手は孤立してしまい、「展開速く」と言われても出す場所も無くなるという悪循環だった。

ソニーの選手は、逆に右サイドを支配し続け、そこから先制のチャンスが生まれた。右サイドを突破し、サークル内にこぼれたボールを加藤がシュートしようとしたところ、グラクソ・笹原が後ろから慌ててカットに入りPSをソニー一宮に献上(ちなみにこのプレーで笹原選手はスティックで頭を殴打されて一時会場は騒然)。そのPSを山本が難なく決めて先制。



ソニー一宮は日本代表・中川が右サイドからゲームを作るが、最後の部分でFWと合わず追加点は奪えない。

続きを読む
posted by おかき at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

2009年ホッケー日本リーグ第3節第5日 ソニー一宮 BRAVIA Ladies-山梨学院大学CROWNING GLORIES

昨年最終的にリーグ3位に躍進した山梨学院。その山梨学院が今年苦戦している。卒業した4年生の主力選手は社会人チームに加入した事を見ると、昨年は本当にレベルが高かったのだと改めて感じる。主将になった徳島曰く「若いチーム」と話すように、この日対戦する王者・ソニー一宮にどう戦っていくのかが焦点になる。

ソニー一宮は複数名の引退者を出し、また主力の千葉はオランダリーグ参加中に膝に靭帯損傷の怪我を負い、今年はほぼ絶望の状態になってしまった。それでも三浦、山本、飯村という日本代表の主軸と、今年新たに加わった立命館・林、東海学院・中川、山梨学院・中島という各チームの主力を融合して三連覇を目指す。



開始1分。ソニーが右サイドを突破し中川から前田に、その折り返しを再び中川が強襲して電光石火のゴールを挙げた。速いパスワークに山梨学院はボールに触れる事すらできず。「これだとこの後何点取るんだ」というスタンドの声。私もワンサイドゲームを予感した。ところが、ソニーはその後に訪れるPCを全て外しリズムを悪くする。



山梨学院の丁はFBからゲームを作る事のできる選手だが、この試合は全くと言っていいほど精彩を欠き、ゲームメイクに苦しんだ。同様に今年から背番号が1になった李にも、パスそのものが中々回ってこない。山梨学院の選手はボールを持ちすぎては、ソニー一宮の速いプレスに戸惑いボールを失ってしまう。前半山梨学院は相手のサークルに入る事も困難だった。



ソニーはボールは保持できるが、どうしてもゴールを決められない。パスは回る、PCもある。

一つ考えられるのは、新ルールの影響だろうか。今年から23m以内のフリーヒットに関しては直接サークルへの打ち込みが禁止になった。以前までは力ずくにでも打ち込んで相手の反則を誘って、PCに持ち込む事ができたが、それは出来なくなった。守備側とすれば、理不尽な反則を招かずに守れると感じた。23m以内であれば、逆に積極的に粘って守備をすれば、相手を押し込む事が出来る様に感じた。(賛否あるとは思うけど)



だからと言って、ソニー一宮の攻撃が緩かった訳ではない。何度もゴールに迫るが、枠を捉える事が出来ない。23mより手前から放った強いヒットに反応するが、方向を変えられない。そして前半終了。

続きを読む
posted by おかき at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年ホッケー日本リーグ第3節第5日 コカ・コーラウェストレッドスパークス-グラクソスミスクライン

今年コカ・コーラウェストが面白い。ここまで3勝1分で上位に食らいついている。柳監督の戦術が徐々に実ってきた。特に守備面は秀逸で、今シーズンは昨年の王者・ソニー一宮も完封している(0-0の引き分け)。
昨年も書いたが、コカコーラは攻撃に迫力がなく、結果として守備に多くの時間を割かざるを得ず守備に忙殺されて時間が過ぎていく傾向があった。



今年新加入した張がFBに入って、小野がやや前のポジションを取れる分コカ・コーラは攻撃に厚みが出た。グラクソの攻撃を受けても昨年よりも高い位置で奪えるので、攻撃はよりスムーズになるはずだった。

ところが今年から変更になったセルフパスルールの影響だろうか、マイボールをダラダラと意図もなくドリブルしては奪われるという形でグラクソに何度もボールを奪われた。特に張は堅守だが、前方へのパスがことごとくカットされてリズムを悪くした。それでも起用しているのは、やはりコカ・コーラは戦術のベースを守備に置いているからだろう。



グラクソはボールを相手のミスで拾って前線で勝負。グラクソは前線の小沢をはじめ、小森、駒澤という日本代表クラスの攻撃陣を揃えてコカ・コーラ陣内に攻め込み、前半15分から立て続けにPCを獲得する。PCはホッケーで得点の大きなチャンス。守備側は4人しかサークルに入れない。
だが、グラクソはこのチャンスを全て失敗し得点を挙げる事が出来なかった。



その後コカ・コーラが同様にPCでチャンスを作ったが、グラクソGK稲井の好セーブで得点する事はできなかった。一進一退の攻防が続くまま前半終了。

続きを読む
posted by おかき at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

2008年ホッケー日本リーグ 女子第三節3日目 グラクソスミスクライン-山梨学院大

私は彼女がゴールを挙げる度にある曲が頭の中を何度も駆け巡った。
それは「天使のような 悪魔の笑顔〜」ミッドナイト・シャッフル。
彼女の屈託のない笑顔はキュートだが、その挙げたゴールはどれも
相手を地獄に突き落とすものばかりで、ため息が出るほどだった。



特筆すべきは彼女のゴールは、その確率が高いとされるPCではなく
FGの多さだろう。味方のシュートやクロスボール、スイープの
こぼれ球への反応が素晴らしい。4-5とハイスコアなゲームになった
このグラクソ戦でも彼女はFGばかりで3点を挙げた。

試合は開始直後から山梨学院の一方的なペース。日本代表の小森、
駒澤、小沢、阿久津を擁するグラクソの攻撃陣を#22丁を中心に
鋭い出足で封じ込め、ゲームを優位に展開した。
先制点は開始から7分のPCからの李のスイープが決まったもの。

ここからは#12徳島の独壇場。今シーズン調子の上がらないグラクソ
とは言え、社会人の強豪相手にFGだけで連続して3点を叩き込む。
特に大きかったのは2-1と前半29分に1点を返された直後、
31分のゴールで突き放すと34分にも立て続けにゴール。



彼女は強烈なスイープがある訳でもないが、この得点はどれも
ポジショニングの良さとタッチの良さ。こぼれ球にきっちり反応して
いるから、GKも動けない。動く前に決められていると言うのが
正しいだろうか。

続きを読む
ラベル:ホッケー
posted by おかき at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

2008年ホッケー日本リーグ 女子第三節2日目 東海学院大-立命館大

負けた方が最下位になるという裏天王山がこの試合。序盤から積極的にプレスを仕掛けて、優勢に運んだのは立命館。東海学院が低い位置でボールを持っていても前線からプレッシャーをかけて、ボールを奪って速攻というスタイルが見える。東海学院はFBの選手が多く抜けてしまったらしく、安定感に欠ける。



東海学院の中盤には日本代表として北京にもいった#5中川がいるが彼女にいい形でボールに触れる機会が少なく、ゲームメイクに苦しむ前半となったが、選手を何人も入れ替えてから立命館のプレスに対応し、右サイドの#6川崎らが徐々に突破を見せ始める。

前半17分PCのチャンスをキッチリとモノにして、東海学院が少ないチャンスを得点に繋げた。

立命館は左サイドの林の存在感が目立つが、そこから繋いだ先の選手のシュートは枠に飛ばない。チャンスもあったが、どうしても最後を打ち破れない。



ゲームは東海学院が1点リードのまま前半終了。

続きを読む
ラベル:ホッケー
posted by おかき at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

2008年ホッケー日本リーグ 女子第三節2日目 山梨学院大-コカコーラウェスト 「気の抜けた炭酸は不味い」

コカ・コーラウェストはチーム名が「レッドスパークス」とある。これは、会社のイメージカラーの「レッド」に、選手達の闘志が迸る様を表現した「スパーク」を合わせたものである。私にすれば、「スパーク」は同社の主力商品である、あの炭酸飲料から想起したものだと感じていた。チームを炭酸飲料に例えるなら、その通り時間が経つに連れてどんどん不味くなっていく、そんな試合展開となった。



先制したのはコカ・コーラだった。開始7分に自陣左サイドが起点になり、#17山口が一人で持ち込みGKを巧みに交わしてゴールを決めた。昨年コカ・コーラには攻撃を組み立てられないという印象を持っていたが、それが解消されてきたのだろうか。そうした淡い期待は時間と共にしぼんでいく。



山梨学院は中盤に入った#10李が素晴らしい。彼女の強いプッシュ、ヒットで山梨学院がゲームをコントロールしていく。また、その周りにいる選手が速い。コカ・コーラは反則で止める事しかできない。スティックを出していると言えば聞えはいいが、翻弄されているのは明らかだった。前半15分以降は山梨学院が相手陣内でゲームを進める時間が続く。

前半27分のゴールはその李のフリーヒットからだった。サークルのやや外から放った強烈なヒットに#21加藤が反応して追いついた。

続きを読む
ラベル:ホッケー
posted by おかき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

ホッケーは好発進



北京五輪のホッケー女子日本代表はニュージーランド代表に
リーグ初戦で勝利を挙げた。

世界ランク5位の日本代表は8位のニュージーランドに薄氷の勝利。
この先に対戦する、アルゼンチン、ドイツにどう勝つか。
世界ランクがそれぞれ2位、3位の強豪に勝たないと決勝トーナメントに
進出するのは厳しくなる。

頑張ってや
posted by おかき at 16:46| Comment(0) | TrackBack(1) | ホッケー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする