最近の記事

2007年10月02日

2007年U-17W杯 グループF ドイツ代表-トリニダード・トバゴ代表 「カイシャク」

予選リーグ突破を確実にしたいドイツはこの試合、大爆発の5得点。開始5分で#19ブロハンメルがカウンターで飛び出して先制すると、その後はやりたい放題で、前半に4点を決めて試合も決めてしまった。ドイツは#10クロースを始めとして先発選手を前のガーナ戦より5人以上交代させたが遜色のない出来で、層の厚さがうかがえた。




この試合主審は西村雄一氏。相楽さんと私を合わせて日本人は3人か。

それよりもトリニダード・トバゴ代表の拙さが露呈した試合だった。CKからの失点では、GKが飛び出すが目測を誤り頭の上を越されたばかりか、その後ろにいたドイツ代表の選手とは誰も競っておらずフリーの状態でヘディングを許してしまった。一般的にCKからの失点の多くは、ークを振り切られたり、競り負けたりといった理由だが、トリニダード・トバゴはマークを教えるところから始めなければならない。



ディフェンスが限りなく不安定ならば、攻撃側も怖くて前にいけない。実際、#9マウンドは左MFだったが、守備時には左SBに入ってしまい、4バック+左右のMFで6バック状態だった。こうなると攻撃時には押し上げられなくなり、左右の選手の疲労は前半から厳しいものになる。



結果的に後半ロスタイムにFKから失点を許してしまい、5-0の敗戦でトリニダード・トバゴは韓国を後にする事になってしまった。ただし、彼らは不運だった。同じ組に準決勝まで進出したガーナ、ドイツがいて、コロンビアもベスト16で優勝したナイジェリアに2-1と健闘している。これらの強豪がいた事は、考慮する余地はあるだろう。

http://www.fifa.com/newscentre/videos/player.html#ch=u17&id=581664

3戦全敗で予選敗退となったトリニダード・トバゴだったが、いくつかの収穫はあったと思う。ガーナ戦・コロンビア戦に出場したGKサムエルは反射神経も良く、失点数こそ5だったが彼がいなければ10はあったかも知れない。ポジショニングの精度が高くなれば面白い存在になるだろうか。



そしてもう一人。

続きを読む
posted by おかき at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | └U-17W杯 2007 in 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

2007年U-17W杯 グループD 日本代表-フランス代表 「仏の手のひら」

前半44分、柿谷が相手ボールをカットしハーフウェイライン付近で前を見てGKの位置を確認すると、シュートを放つ。滞空時間は約4秒という超ロングシュートはフランス代表GKゴルゲリンの頭の上を抜きゴールに吸い込まれた。前半からポゼッションを握られ、フランスの猛攻に耐えたご褒美がこの一撃となった。距離、スピード、角度、どれをとっても申し分ないゴールで、また前半間際という時間帯も素晴らしかった。



前半はフランスが日本を押し込んでゲームを進めたが、GK廣永を中心とした守備陣が左右に振られながらもよく耐え失点を許さなかった。



日本はこの試合はどうしても負けられなかった。引き分け以上で決勝トーナメント進出の可能性が非常に高くなっていたが、フランス代表が勝つとその目は閉ざされてしまう。勝たなくてはいけないフランスが、後半から積極的に動き出す。



46分、49分と立て続けに選手交代。フランスはこの試合の前に予選リーグでハイチと対戦し、まさかの引き分けに終わっており、もう二の轍は踏めない。



後半になって、日本ははっきりと運動量が落ちてきた。前半から走らされてオーバーワークになっていた。リードこそしているが、その差は無いのと同じ。徐々に自陣でボールを奪われ始め、相手ゴールまで運ぶ事も困難になっていた。



日本代表は#15大塚に代えて、#14河野を投入するが試合の流れはフランスにある。サイドの選手を一人代えただけでは流れは取り返せない。

続きを読む
ラベル:日本 フランス U-17
posted by おかき at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | └U-17W杯 2007 in 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

2007年U-17W杯 グループB イングランド代表-ブラジル代表 「呪縛」

前半18分ハーフウェイラインやや前方からブラジル代表#17タレスが
蹴ったFKがそのまま大きな弧を描いてゴールに吸い込まれるのを
見た時、5年前の記憶が甦ってきた。





そう2002年W杯のブラジル-イングランド戦のあのシーンだ。
後半5分ロナウジーニョがハーフウェイライン付近から蹴ったFKは
イングランド代表GKシーマンの頭上を越すループシュートとなって
ゴールになり、そしてそれが決勝点となってブラジル代表は勝利した。
あの日からイングランドとブラジルはワールドカップの場で対戦を
していない。この日のゲームの先制点はまるであの日の続きにすら
感じさせてくれた。



予選リーグ突破が既に決まっているブラジル代表はペースを落とし、
相手の様子を見る様に落ち着いてゲームを進めていた。イングランドは
引き分け以上が決勝トーナメント進出への条件で、同じ様にブラジルの
出方を窺いながらスキあらば勝利という安全圏を狙っていた。
ところが両者のその思惑を壊したのは先制点だった。ブラジルが
得点を挙げた事でゲームは熱気を帯びていく。決勝トーナメント進出が
既に決まっているブラジルに、屈辱的なロングシュートを決められた
獅子が眠りを覚ましつつあった。





右サイドに開いたFW#10モーセスは何度も突破を図りブラジル守備陣を
脅かし、中盤では#4ランズバリーがポジショニングの良さで相手の
攻撃の芽を摘み取るだけではなく、機を見ては前線に顔を出して
精力的に動いていた。
勢いの出てきたイングランド代表はブラジル代表を押し込み、前半44分
ブラジルのハンドからPKを獲得し、これをランズバリーがきっちりと
決め同点にして前半を終了する。


続きを読む
posted by おかき at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | └U-17W杯 2007 in 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

2007年U-17W杯 グループF トリニダード・トバゴ代表-コロンビア代表 「規律」



正直な話、トリニダード・トバゴは厳しいグループに入ったと思う。緒戦でガーナ代表に1-4と完敗を喫し、そのガーナ代表をドイツ代表は2-3と退けたのだ。コロンビア代表は緒戦でそのドイツ代表と1-1で引き分けている。単純にはいかないが、頭の中ではトリニダード・トバゴ<ガーナ<ドイツ=コロンビアとなっていた。そして行われた予選Fグループの第2戦でも悲劇は繰り返された。



コロンビアの巧みな攻撃の前に、対処が混乱している。特にスペースを埋められずコロンビアのスルーパスが面白い様に通ってしまう。ディフェンスの基本はチャレンジ&カバーだが、チャレンジはしてもカバーしないからこぼれ球が拾えない。



盛り返す時間帯はあったが、今度は押し上げがないから単発になるか孤立して囲まれてボールを奪われカウンターに遭う。だがこの日先発した#21GKグレンロイは素晴らしいセーブを繰り返し、このまま行けばもしかしたら引き分けが拾えるのではないか。だがそう思った自分の甘さが原因だろうか、22分に好セーブでCKに逃れたが、その直後のCKから失点。



マークをしている選手がおらずフリーで飛び込まれたものだった。ペナルティエリア内でほぼ同数で守り、ギャップを突かれての失点。失点してキャプテン・#6ポールは怒りを顕にしたが遅い。

前半は良く0-1で折り返したと思う。シュート数で4-17なのだ。中盤を支配されるだけでなく攻め手が#10ノックスのドリブルに頼るサッカーでは、コロンビアには通用しない。

続きを読む
posted by おかき at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | └U-17W杯 2007 in 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

2007年U-17W杯 グループF ガーナ代表-ドイツ代表 「青春の日々」

私が日本を出国した8/22はちょうど夏の甲子園の決勝が行われた。
甲子園の魅力の一つにトーナメントが挙げられる。全国各地から
4000近い参加校がある中で、その夏一回も負けなかった高校が
夏のチャンピオンになる。その一戦にかける思いはリーグ戦よりも
遥かに重くなる。負ければ、その時点で彼らの夏は終わるのだから。


チョナン スポーツコンプレックス


ガーナ代表の練習風景

また高校生の大会であることも魅力の一つだろう。男子においては
精神のまだ成長途上にある高校生の時期の試合は、波乱も多く
ドラマチックな展開になるケースが他と比べて多い。
終盤の逆転劇、一つのミスからの大量失点、勢いに乗って勝ち上がる
高校、高校生のトーナメントだからこそ起こりうる要因である。




U-17ワールドカップに出場している選手は、海外の選手を始め
肉体的に大人と見栄えこそ変わらないが、精神的には甲子園に出場
している高校生と大きく変わる事はない。
ガーナ代表とドイツ代表の一戦も高校生同士の白熱した戦いになった。



この試合ガーナ代表側で見ていたからそうのなか、ガーナ代表への
声援が大きい。特に緒戦のトリニダード・トバゴ戦で2得点を挙げた
#10オセイへの声援は大きかった。
だが、前半オセイにボールがほとんど渡る事はなかった。
ドイツにプレスにボールを奪われてサイドに展開され防戦一方となり、
前半5分には中央を飛び出されて#20ビガルケにゴールを決められる。
CBのポジションが曖昧でその間隙を突かれた。



続きを読む
ラベル:ガーナ ドイツ U-17
posted by おかき at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | └U-17W杯 2007 in 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする