最近の記事

2016年06月05日

国際親善試合 ベトナム代表-シリア代表

スタジアムの半分も客席は埋まらなかった。ただの国際親善試合には足を運ばない。同じ時期カンボジアでは東ティモール戦で6万人を集めたというから同じ東南アジア諸国という対比では見劣りするかも知れないが、何でも盛り上がる時期は過ぎているとも感じた。
この試合は、6月上旬にミャンマーで開催されるAYA BANK CUPの前の国際親善試合でしかないのだから。もっともそのAYA BANK CUPも今年の11月から行われる東南アジア最大の大会SUZUKI CUPに向けての強化試合でしかないのだが。

IMG_3340.JPG

それでも、応援自体は熱い。この日ベトナム・ハノイは30度を超す暑さだったが、夜になるにつれて25度程度まで下がって、風があるとそこそこ涼しく感じた。が、客席はバックスタンドの中央席でも立ち見で応援して旗を振って応援している。かなり迷惑だが、仕方ない。これがベトナムの応援の仕方なのだろう。確かにプレイクでのHAGLとのプレシーズンマッチでもHAGLサポーターはバックスタンドに陣取っていた。

IMG_3355.JPG

ゲームは彼らの振る大旗でよく見えないのだが、、、試合開始序盤こそシリアがベトナムゴールに迫るシーンが多かった。ロシアW杯のアジア3次予選に進んでいるシリアにとってベトナムは仮想中国だろうか。日本と戦っていた時とは動きが違った。もちろんシリアが内戦でサッカーどころではないというのを差し引いたとしても、最初の15分以外はベトナムが主導権を握る。

IMG_3367.JPG

レ・コン・ビン頼みのサッカーではなく、攻撃時は4-1-4-1とし左サイドの11番がシリアの右サイドを制するとほぼ好き放題に突破を繰り返した。アインは守備時は4-4-2のボランチで攻撃時は司令塔の位置でボールを捌く。相手のブロックに慣れるとこれを交わして配給できるようになった。

IMG_3456.JPG

アインも前半だけ見るとシュートは、すべてミドルシュートで相手に阻まれてしまったが3本放ち積極的にゴールを狙っている。横浜の練習試合で怒られたり、ユースの選手に言葉の問題で指示を出せないもどかしさはどこにもない。

IMG_3402.JPG

前半35分には左サイドからのクロスをレ・コン・ビンがヘディングでゴールを上げると、前半終了間際にはアインやコン・フォンと同じく海外に移籍したルアン・スアン・チュオンの後ろからのパスを胸トラップで抜け出したグエン・バン・クエットがGKを交わして無尽のゴールにボールを流し込んだ。

続きを読む
posted by おかき at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

2011年JFL前期第11節 FC町田ゼルビア-ブラウブリッツ秋田

挙げた勝ち点は共に1。しかし、町田にとって見れば何とか得た勝ち点1にだった。序盤ホームの町田は攻勢に出る。勝又を前節の退場で欠いた攻撃陣だったが、2トップに入ったディミッチはボールキープに優れ、北井はスピードで相手を霍乱させる。
早速前半6分、北井のドリブルを秋田の選手がファウルで止めてゴールほぼ正面でFKをもらうと、町田・鈴木が25メートル近くあった距離をモノともせず直接ゴールに叩き込み町田が先制。



しかし、町田はこの後が続かない。攻撃はやや左サイドに偏り、ディミッチと北井が厳しくマークされると単調な攻撃が続き、追加点の匂いすらしなくなってしまった。4-3-3の布陣を敷く秋田のバイタルエリアをこじ開けようとしすぎて、ミスからボールを奪われる事が多かった。左サイドの津田からのクロスもあったが、中とは殆ど合わない。

秋田もここまで1勝1分2敗と決して調子は良くない。10番松田を1トップに置くが、他の選手との距離感が遠く孤立している。彼をサポートするのがサイドの選手なのか、2列目の選手が飛び出すのかやや曖昧で攻撃の形が見えてこない。サイドに展開しても、内に絞って横パスを出した時には町田の網にかかりハーフカウンターを許してしまう。秋田は攻撃が右サイドに偏り、小沢・松ヶ枝で攻めるが上手くいかない。
左サイドの比嘉は今年柏からレンタル移籍で秋田に加入した。3トップの左で先発していたが、ボールを簡単に失い、攻撃にも意図が見えず周りと合っていなかった。このポジションでは難しいと考えていた矢先、彼がゴールを挙げる。前半25分位まではサイドに張っていたが、それからは前線の裏のスペースを狙って何度も飛び出そうとしていた。その意図をやっと後ろの選手が理解し、ロングボールが入る。これを町田のDFがミスをして後ろにいた比嘉に渡るとGKとの1対1を制してゴールにボールをフワリと流し込んだ。比嘉は2トップのシャドー的なポジションの方が活きる気がするのだが。



後半になると町田が先に動いた。鈴木に代えて山腰の投入。前線でタメを作れる選手を入れて、ボールの支配を目指す。ただその効果は限定的で、千野、小林が身体を寄せて自由にさせない。
秋田も反撃の機会を伺うが、3試合連続でゴールを挙げている松田が前を向かせてもらえず、チャンスは単発的だった。

続きを読む
posted by おかき at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

2011年関東リーグ2部 ACアルマレッザ-SC相模原

やっとというべきか、とうとうというべきか。東京と横浜、そして川崎の間にある街、相模原のクラブが関東リーグに進出。神奈川県で3つ目の政令指定都市である相模原はサッカーにおいてもその成熟は横浜、川崎に比べやや遅く、SC相模原も2008年に立ち上がったばかりのチームだ。県リーグ3部から始まったチームは、順調に強くなり、昨年は県リーグ1部所属ながらJリーグ準加盟申請、飛び級が認められ全国地域サッカーリーグ決勝大会で戦い、惜しくもJFL昇格を逃すレベルまでになった。そして今季監督にはJFL昇格請負人とも呼ばれる戸塚哲也氏が就任。クラブの本気度が伺える。



そのSC相模原の対戦相手はACアルマレッザ。以前は飯能ブルーダーと呼ばれていたチームでこちらの名前の方を知っている人も多いかも知れない。元Jリーガーを何名も擁する相模原がどんなゲームを見せてくれるのか興味津々で見守る。(一応私は相模原市民です。)

Jリーグ昇格という大きな目標を考えすぎているのか、序盤はミスが非常に多い。中盤クリスティアーノの老獪なマークとボール奪取、元横浜FCの坂井の小気味の良いパス捌きでゲームが成立しているだけに過ぎなかった。ここが相模原の生命線だろう。
前線の齋藤、松本の2トップも活きが良い。裏に飛び出して直線的にゴールを狙う、あるいは前線で収めてサイドに叩くとシンプルなプレーだけでアルマレッザのディフェンスを崩す事が出来る。アルマレッザは昨年関東1部から降格し、失点はリーグで一番多かった。その課題が解消されていないのだろうか、あるいは相模原が強すぎるのだろうか。



それでも中々点が入らない。クロスが殆ど合わない。それでもボール支配は殆ど相模原にあって優位にゲームを進めていく。そして齋藤から吉岡へのスルーパスを、しっかりと流し込んで相模原が先制。強いチームとは言え、昇格組である相模原にしてみれば大分楽になる先制点だった。

続きを読む
posted by おかき at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

第90回天皇杯2回戦 FC東京-駒澤大学 「遅すぎた」

ハーフタイムに動いたのはFC東京だった。前半の内容はプロとしては非常に情けないものだった。FC東京は9月1日にヤマザキナビスコカップを戦っており、この駒澤大学戦を行って、再び9月8日に試合が待っている。その為メンバーを落としてこの試合を乗り切ろうという意図は伝わってきたが、どこでも見られる様に選手が大幅に変わった事で中々良いゲーム運びを見せられなかった。

前半ゲームを良い形で終えたのは明らかに駒澤大だった。中盤でのFC東京のパスミスを奪ってからのショートカウンターが嵌り、ロングボールを棗、山本に当てて展開。碓井、金が前を向いて崩しにかかる姿は迫力があった。駒澤大・林堂のミドルシュートはFC東京GK塩田も反応が遅れたが、僅かにゴールマウスを捕らえる事が出来なかった。



FC東京は押し込まれつつも最後は森重、あるいは田邉が対応して最後の部分では決定的な仕事を許さない。身体を投げ出してシュートに飛び込んだり、ラインの裏まで入られる事はなかった。ただ左SBの平出の動きは良くなく、前半ここを押し込まれ続けた。



それ以上に頭を抱えたのは攻撃だ。鈴木が「ギアを落としてプレーをしました」と振り返った様に、チームはややじっくりと手数をかけて攻撃に回る姿勢を見せたが、その空気感が選手によって異なり、普段のリーグ戦などであればアップテンポで仕掛けるところも当てて、止めて、食いつかせて、回してという工程を行うとどうしてもミスが出てくる。チグハグな印象を受けた。

続きを読む
posted by おかき at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

2010年JFL後期第5節 FC町田ゼルビア-ガイナーレ鳥取

たかが0-1、されど0-1。その差は数字の上では小さいものだったが、そこまでの距離は絶望的に遠かった。町田は決定機らしい決定機を作り出せないまま敗戦を迎えた。シュートこそ鳥取の倍の13本も放っているが、崩したシーンは殆どなく分厚い攻撃を仕掛けることは出来なかった。

前半29分。鳥取はハメドがサイドチェンジし、左サイドで梅田が仕掛け町田・深津を振り切り中央にパス、小井手がフリーでボールの方向を変えてやるだけでよかった。



猛暑というよりも酷暑の中で始まったゲームをマネージメントするには、どちらも先制点が欲しい。
前半町田の方がボールも人も動いていたが、要所要所でのプレーの質が低く、鳥取ゴールを脅かせない。星のFKに勝又が上手くフリーになってヘディングであわせたシュートも枠の外。勝ち点差13、4位というポジションを考えれば前半からギアを回して首位・鳥取を追い立てたかったがそれは叶わない。



鳥取は先制点を挙げてからも変わらずペースを落としての省エネサッカーを見せる。とはいえ、センターラインの喜多、服部、ハメドがしっかり個々の役割をこなしぶれがない。これが今年鳥取が強い理由なのだろう。昨年見た(とは言っても1試合)鳥取は後ろが相手に引っ張られて不安定だったが今年は、それがない。
形としては攻めている町田だが運動量が前半から落ち始めると、鳥取がカウンターを仕掛ける構図に。

続きを読む
posted by おかき at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

2010年JFL前期第2節 FC町田ゼルビア-MIOびわこ草津

試合後のヒーローインタビューに呼ばれたのは木島と星だったが、この試合の影のMVPは柳崎だったと思っている。4-1-3-2という前掛かりの布陣を敷くMIOに対して身を尽くしてセカンドボールを守りきり、MIOのFW木下にボールを渡さなかった。



それでも前半はため息の連続ではあった。町田がボールを支配し、長い時間攻勢に出ていたが、フィニッシュの部分で上手くかみ合わない。勝又は空中戦で勝ってるし、木島もキレのある動きでボールをキープできていたが、最後の部分で崩すアイデアが共有できずゴール出来ずにいた。

しかしそれは期待への裏返しであったのだろう。攻め続けて前半30分。得点は木島。勝又がロングボールを受けてドリブルでペナルティエリアに侵入。DFをひきつけて、木島にパス。中央で待っていた彼が放ったボールはDFに当たりながらもゴールに吸い込まれ町田が先制。



その後、反撃したいMIOだったが、比較的バックラインから放り込む事が多く町田の守備を崩せない。4-1-3-2の布陣で前線が焦って前掛かりになるとサイドが手薄になり、町田のSBの津田、藤田のオーバーラップを何度も許してしまう。ワンツーでDFライン近くまで侵入されてしまう程、MIOの守備は機能していなかった。

続きを読む
posted by おかき at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

2009年JFL後期第3節 FC町田ゼルビア-ガイナーレ鳥取

序盤JFLで首位に立っていた鳥取の勢いがなくなった。6/14の流通経済大学戦で敗れたのがケチの付けはじめで、何かがかみ合わなくなった。そこから4連敗でお尻に火が付いた。特に下位のチームに敗れ、自分達を苦しくしている。プロ選手で固めた鳥取のJリーグ昇格に対して、まだ足元がおぼつかない印象が出てきた。



この試合もそのイメージが重なる。試合開始から町田の高く速いプレッシャーに鳥取守備陣は戸惑いボールを奪われるか、外に逃げるのだけで精一杯。そして、緩慢な横パスを奪われた鳥取・森は前半で交代になった。
この鳥取守備陣の焦りを突いたのが町田だった。前半11分石堂のCKを森川がフリーで押し込んで先制。鳥取の守備の乱れでCKを得て、そのCKを見事に得点にした。



この後は町田が優勢。守備が不安定な鳥取は町田の積極的なプレスの前に細かいパスワークが影を潜め、阿部へのロングボールでそのプレスをかいくぐろうとしたが、町田の中川・深津の両CBがしっかりマークしてこれを封じて、町田がゲームを支配した。



鳥取の怯えた守備陣を尻目に、町田は右は酒井、左は津田が起点となってチャンスを作るがゴールまでは遠かった。得てしてこうした時にエアポケットに落ちやすいものだが、町田の守りは固く鳥取・ハメド、鶴見といった選手に仕事をさせない。

続きを読む
posted by おかき at 13:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

2009年JFL前期第8節 FC町田ゼルビア-Honda FC 「JFL修行」

今年JFLに昇格した町田が下位でもがいている。開幕直前の練習試合で昨年の正GKだった白子を負傷による戦線離脱で失ったかと思えば、昨年関東リーグ1部の得点王でエースの勝又もホーム開幕戦のウォーミングアップ中のケガで半年間はプレーできない。攻守の要を失った町田は開幕戦こそ勝利したが、その後4連敗。流通経済大にこそJを目指すチームとしてのプライドで勝利したが、同じJ昇格のライバル鳥取には完封負けと今一波に乗れない。



GKが前回横河戦で見た渡辺から修行に変更。渡辺のキックが雑だった事が印象に残っていたが、その翌節から変更になっていた様だ。ただその修行はDFラインとのコンビネーションが上手くいっていない。GKのコーチングの問題なのか、DFの判断力のミスなのか、その辺りはわからないが、GKが出てきているのにホンダのこぼれ球をDFが無理やりクリアして相手ボールを継続させたり、逆にDFが見送るシグナルを出さないから慌てて飛び出す事になったりと、ややギクシャクしている部分がある。

試合開始こそ互角だったが、前半中ごろからはホンダの攻勢が続く。ホンダ・柴田は右サイドに展開して攻撃を組み立てる。中で待つ新田とのコンビネーションが冴えて、何度も町田守備陣を追い越してゴールに迫った。だが、ホンダはシュートの精度に欠けていた。「やられた」と思わせたGKと1対1になった新田の左45度からシュートも、中盤から飛び出してきた川島のシュートも枠を捉えきる事ができないまま。



サッカーとは試合の中では積み上げができるとは限らないスポーツ。何回攻めたから、何本シュートを放ったから得点が入るものではない。ホンダの攻勢が止むとその一瞬の隙を町田は突いた。右サイドからのフワリとしたクロスが上がると中でシュート、一度はホンダGK中村が弾いたがこれを柳崎が再び押し込んで町田が先制。



それまで中盤が薄くサイドからの攻撃も単発に終わっていた町田が、誰もが驚く電工石火の一撃で1-0とリードする。

続きを読む
posted by おかき at 05:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

2009年JFL第5節 横河武蔵野FC-FC町田ゼルビア

横河のゴール裏には「東京第三勢力」という大きなフラッグが芝生に敷いてある。今日の戦いをFC東京、東京ヴェルディに続く第三勢力である横河に、今年JFLに昇格した町田が挑戦する「新東京ダービー」と言えば聞こえはいいが、「東京」をチーム名にもたない同士の東京ダービーと言われてもイマイチピンと来ない。



逆に言うと、第三勢力争いという陳腐なタイトルコールよりも、横河は武蔵野という地で、会社としての運営からNPOとしての運営でJリーグを目指さずJFLを戦っている。町田は逆にNPOを止めプロチーム、Jリーグ入会という方向性を打ち出した。同じ東京都にあって色が正反対の様なチームの戦い。



それは両チームの監督にも反映されているのか、横河の依田監督は大学を出て横河電機に入社、そして選手を引退した後、コーチを経験し、今年監督に就任。まさに横河叩き上げの人。片や町田の戸塚監督は、選手時代は読売クラブ出身で元日本代表。監督としては、FC岐阜、FC Mi-O、そして昨年の町田と3年連続チームをJFL昇格に導くという異色の経歴の持ち主。



この試合にあったのは、東京ダービー等と言うメディアによって作り上げられた的外れなくくりではなく、JFLを少なくとも10年経験している者のプライドと、Jリーグを目指すと決めた者の意地だけだったと思う。町田・酒井が試合終了後挨拶もそれなりに、一目散に控え室に帰っていったのは「横河に負けたから」ではなく、自分達が「何も出来なかった悔しさ」からだろう。

続きを読む
posted by おかき at 02:48| Comment(0) | TrackBack(1) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

2008年JFL第5節 横河武蔵野FC-ガイナーレ鳥取

Jリーグ準加盟を果たしたガイナーレは今シーズンに向けて、Jリーグ
経験者を多数補強した。元日本代表の小村をはじめ、湘南で10番を
背負った吉野、FC東京でU-18代表にも選出された小澤らは即戦力として
このチームに結果をもたらす事を求められた。
また、昨シーズンの途中から監督に就任したタイ人のラオハクルは、
その独自のコネクションで外国籍の選手を入団させた。JFLを
見渡しても外国人が4人も所属しているのはガイナーレだけである。



横河はそれとは対照的に、元Jリーガーも何人かはいるが、全選手
企業に就職して働きながらサッカーを続けている。2003年に会社の
同好会から発展解消してクラブチームとなり、当初は苦戦したが
古矢前監督が率いた4年という長期政権の下で2006年は6位になり、
昨年は横河でプレーしていた依田コーチが監督に就任し、7位に
終わったが一時期は優勝争いに食い込む活躍を見せただけに、
今シーズンもクラブチーム、アマチュアチームの雄としての活躍が
期待される。

それにしてもこの両チームの試合には因縁があるのは手元の
ガイドブックを見ればわかるだろう。33試合で12ゴールという不動の
ボランチだった原島と、前線の核だった大多和が今年横河から
ガイナーレに移籍。横河のサポーターは彼らの弾幕を逆さにして
吊るしていたのは、この移籍に対する彼らなりの答えだろう。



前半から試合は一進一退の攻防を続けていたが、組織的に構築されて
いたのは横河。高いプレスからボールを奪うと速攻。ガイナーレの
裏にボールをどんどん蹴り込む。鳥取のDFは裏に脆い。


続きを読む
posted by おかき at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ├JFL、地域リーグ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする