最近の記事

2010年08月14日

南アフリカW杯旅行記 まとめ

危険だ、犯罪都市だ、と騒がれた南アフリカW杯だったが、日本からのチケットの購入も数万枚あり、結局多くの人が南アフリカに渡っていた事になる。実際に何人かの日本人にも会ったし。さて、W杯が終了して1ヶ月経ってのまとめとなる。

1.黄色い魔法の衣

笑顔で南アフリカを過ごすことが出来た最大の理由はこの黄色い衣。3シーズンで使える黄色いウィンドブレーカーを持っていったが、黄色といえば現地では南アフリカ代表の色だから、これを着ているとすれ違う人は皆微笑んでくれるか、サムアップ(親指を立てる事=Goodという事)をしてくれる。
当然W杯期間中という事もあるのだけど、このお陰で心理的にはとても救われた感がある。黄色い洋服を着ていると、南アフリカの人にとっては親和性が高まるのだろう。日本人でもW杯で青いシャツ着た外国人がいたら、悪い気持ちはしないのと一緒。アズーリとか言うのは野暮w

2.気候

南アフリカは南半球の国なので、6〜8月位はちょうど冬。冬だからずっと寒いという訳ではなく、寒暖の差が激しい都市も多い。海に面したダーバンやケープタウンは温暖と聞いているが、内陸のヨハネスブルグやプレトリアは朝はマイナス、昼間は20度越えという状況で対応が大変だった。

P1160620.jpg


3.交通事情

私はそもそもペーパードライバーなので、車での移動は全く考えていなかった。そうすると選択できるのは、飛行機、鉄道、バス、タクシーが殆どになる。だが南アフリカは近郊線を除くと都市間の鉄道事情はあまり良くない。一部で豪華なブルトレが走っているが、私の予算からは無理。移動は殆どが飛行機という日本ならちょっとリッチな移動手段になった。

P1170991.jpg

南アフリカは長距離バスの運行が盛んなところだけど、私はあまり乗らなかった。タイミングの問題もあったし、ヨハネスブルグをベースに置いたのでどうしても治安が悪いとされる中央駅とその隣にあるバスターミナルは利用しにくい状況になってしまった。
とは言いつつも、ブルームフォンテンも危険だったはずだが、どこの国のバスターミナルと何も変わってなかった。

続きを読む
posted by おかき at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

南アフリカW杯旅行記 グルメ編 その4

P1170986.jpg
レソトの水。マロティとマルチをかけているのだろうか。レソトでは昨今大規模なウォータープロジェクトが成功し、水資源を商業化したのだが、味はイマイチだった。

P1170997.jpg
レソトからヨハネスブルグに移動する飛行機の中での食事。包装紙に「BEEF」とあったのに、中身はハムのハンバーガーだったw

P1180012.jpg
ヨハネスブルグから香港に移動中の機内食。これは夕食。ビーフがメインで、サラダとデザートのケーキ、そしてビスケット?とか甘いものが好きな人は好きだろうね。

続きを読む
posted by おかき at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

南アフリカW杯旅行記 グルメ編 その3

南アフリカW杯旅行記ではあるが、ブルームフォンテンからレソトへの道中で食べたものを書いていきます。

P1170378.jpg
南アフリカのマクドナルドに寄ってみた。これは「ダブルマックチキン」その名前の通り、チキンが2枚挟まっているハンバーガーだった。可も無く不可もなく。しかし、タレがマヨネーズなのが嬉しい。というか、日本で未発売のハンバーガーがあると食べたくなるのは私だけじゃない筈。

P1170705.jpg
ブルームフォンテンでの試合後食べた夕食。フリーステートスタジアム隣のウォーターフロント内にある「Traumerei」で食べたサラダ。ブラックオリーブが美味しかった。

P1170707.jpg
そして、「バーニング」で悩んだ「グリルチキン」。添えられているのはアボカド。食べて見るとまぁまぁの味。価格とは比例していた。R90=1080円位だから。

続きを読む
posted by おかき at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

南アフリカW杯旅行記 第32歩 6/20 「Good Enough」

ヨハネスブルグを19日夕方に経ち、経由地香港には20日の昼に到着。飛んでいる時間は13時間なので、やや長めの睡眠を取ると思えばよい。夕食を取ってから本格的な睡眠に。マダガスカルを過ぎてからは、一気に身体に疲労が襲ってくる。次の記憶はタイ付近までなかった。

香港にはつつがなく到着。それにしても南アフリカも暑かったが、香港の暑さはやはり湿気が違う。外国人が日本に来た時の感じ方がわかった気がする。日本人でもきっと香港の湿気は堪えると思う。
しかも南アフリカで装備を軽くしたとは言え、バックパックに入らないウィンドブレーカーを着ており、暑さに拍車をかけていた。

この香港で最後のお土産を、と目論んでみたもののどうも日本人が群がっている土産物屋に入るのは気が引けて入らなかった。それに香港ならまた簡単に来る事も出来る。この日の香港ではどうも気が急いていた。時計の時間を日本に合わせていた為に、時差の関係で1時間近くも搭乗を待ちぼうけしていたりと、気持ちが脱落していた。
それでも人が搭乗ゲートに集まり始め、この旅最後のフライトに向けて緊張感は高まる。

P1180024.jpg

そしてほぼ定刻どおり香港を出発。もう帰らなくていけない。機内で何気なく見る映画。半分放心状態にあり、まぁ英語などでなければBGM代わりになるだろうと考えていた。

その時、自分の頬を伝う滴を感じる。海外旅行から戻ってくる便の中で映画を見て涙を流したのは初めてだった。その映画は「グーニーズ」。スティーブン・スピルバーグ製作総指揮のもう25年以上前になる映画。少年達が海賊の宝探しの冒険をするという冒険活劇。
そこに「危険」と呼ばれる南アフリカに恐る恐る飛び込んで楽しんできた自分自身の姿を投影していた。そう、海賊「片目のウィーリー」の宝を求めて洞窟に向かった少年達と同じく、私達はW杯という宝を求めて南アフリカという洞窟に向かっていたのだ。

続きを読む
posted by おかき at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

南アフリカW杯旅行記 第31歩 6/19 「別れはいつも後ろ髪引かれ隊」

レソトでの朝食はアメリカンな感じ。ビュフェではなくて、卵をどう調理するか聞かれるので選択すると、持って来る感じ。一杯食べる事は出来ないが、まぁそんな歳でもないだろう。とは言いつつ、パンは自由なので何個も食べていた。
その食事から戻ると部屋の鍵が締まっている。もう一度鍵を入れて回すと開く。一瞬身構える。離れに朝食に行く時に自分が締め忘れだろうか、いや誰かが内側から掛けたのか。ふと見るとベッドのシーツは変えられ、奥のシャワールームからは鼻歌が聞こえる。メイドさんがもう入っている!
ここBlack swan B&Bの部屋には、「朝8:30までは部屋に入らない事」とスタッフ用に貼り紙がしてあるが、裏を返せば8:30以降は入ってもいいですよという許可にも読める。なので、そこに客がいようがいまいが、さっさと掃除に取り掛かっているのだ。

P1170957.jpg

何も盗られていないかチェックしていて、鼻歌が止んだと思ったら、シャワールームから出てきたメイドさんは開口一番「チップは?」と直球勝負。
この部屋はベッドのヒーターは半面しか使えず、シャンプーのボトルはあるが空、ルームサービスのコーヒーは豆は1袋なのにシュガーが5袋と正直チップを置けるレベルではなかった。なので、肩をすくめてわらってごまかした。すると直ぐに部屋を出て行くメイド。それもどうよ。。。このゲストハウスは。。。

P1170971.jpg

ま、それはともかくチェックアウトをする。時間は9:30。フライトは11:15。成田や香港みたいな大きな空港なら危険な時間だが、ここはレソト。小さな国だけに何とかなるとタカをくくって出発。
ちなみになぜか宿泊代は、前日に提示されたR450=M450=5400円ではなく、なぜかR310=M310=約3700円になっていた。ルームサービスの悪さを自覚したのかと思った。というか、価格も曖昧なんだろう。

続きを読む
posted by おかき at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカW杯旅行記 番外編その1 SONYのCM

南アフリカに滞在していた時に良くみたCM、試合前に流れていた映像で印象に残るものがあった。



SONYのインターネットTVのCMなんだけど、子ども達がストリートサッカーをしているその姿の先には、本当のワールドカップが広がっているというシナリオがあまりにも格好よくて、現地でも何度も見とれてしまった。

実際のCMはもっと省略されてはいるけど、それでもこの淡々と穏やかな日常を描き出す温かいピアノの曲とマッチしていて涙が出そうになった。
CMだけどきっとこんなシーンは世界のどこにでもあるんだろうなと思ったら、それだけで胸が一杯になった。

こういうCMなら何度見ても飽きない。何度でも見たくなる。こういう秀逸なCMに出会いたいと思った。
posted by おかき at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

南アフリカW杯旅行記 第30歩 6/18 その4「ベッドの中で思い出す」

殆ど何の予備知識のない中で始まるレソトの首都マセルでのシティ・ツアー。最初に足を運んだのは、モショエショエ1世の丘陵?。モショエショエ1世はレソト建国の父だそうだ。大昔からこの辺りはサン族が支配していたのを、モショエショエ1世がサン族を追い払いソト族の国を作ったのがレソト建国の最初らしい。丘陵自体への入場は禁止されていたが、リンダ(仮)に急かれてモニュメントだけを写真に収めた。

P1170875.jpg

続いてVIP用の迎賓館とでもいうべきロイヤル・パレス。表にもガードマンがいて、警備は厳重。電流が流れている有刺鉄線に囲われており、警告の看板があった。知らずに触ったら即死だった。

P1170883.jpg

その後、レソト観光局を回ったり、なぜかリンダ(仮)の卒業した小学校を回らされた(「弟もいるのよ!」って紹介されたり、リンダ(仮)の友人がツアー中でも続々話しかけてくる。)。ま、余談ではあるが、レソトに来て驚くのは自然はともかく、学校の多さだ。人口が200万人程度の小さな国でも学校は100を越え、職業専門の学校も整備されている。人口が少なく、国土全体を他国に囲まれている状況のレソトでは教育に力を入れるのは何となく理解できる。

P1170892.jpg

オールド・ヴィレッジと呼ばれる、昔ながらの生活をしているソト族の住居付近を遠目から眺めたりもした。昼間に見た新スタジアムの道を挟んだ隣にある古いスタジアムも見た。メインスタンドが藁葺きのバソトハット仕様なのに驚いた。写真では左手奥の白い部分がバックスタンド。

P1170906.jpg

続いてはレソトの市場探訪。バッタものを売っているだけの通りもあれば、バソトハットばかりを売っている市場もあって興味深い。しかも、レソトはゲストハウスでもそうだったが女性が店を切り盛りしている事が多い。シティセンターもおばちゃんだったし、ガイドさんも女性、市場の主人も女性が多い。男性はどこで仕事しているんだろうか。ポニートレッキングが手軽に出来る国だけに、男性は遊牧し女性は都市部で店舗経営とかしているのだろうか。

P1170902.jpg

P1170897.jpg

いくつか活況のある市場を回った後は、KINGSWAYの真ん中にある教会を見て、タクシー代をケチりR60=M60=720円で回ったシティ・ツアーは終了。よくあるDFSや土産屋を組み込んだツアーではなく、純粋にマセル市内の名所を回るツアーだった。

続きを読む
posted by おかき at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

南アフリカW杯旅行記 第29歩 6/18 その3「坂道を下ると」

なんとチェックイン出来ないのである。理由は簡単。工事中の様だ。確かに到着時から駐車場はセメントを塗ったり、コンクリを重機で砕いたりしていた。するとそこに戻ってきた女主人が「マセルには他にも良いゲストハウスがあるわ」って車で連れて行こうとする。詐欺の匂いがプンプンする。
町から遠くに連れ去られ→逃げられなくなり→高額な宿泊代を請求するに違いない!
でも工事しているのは事実なんだよなぁ。乗りかかった船、いや車だと思い切って乗る事に。
でも車中は本当に世間話ばかり。「いつレソトに来たの?」「どこから来たの?」「W杯行った?」等本当に他愛もない話。こうやって気を逸らしている間に遠くに連れ去られているのでは。。。とそんな思いを抱きつつ車がある施設で止まった。

P1170820.jpg

その名は「Black Swan B&B」実はこの宿は検討していたゲストハウス。しかし、マセルの中心部から遠く離れており、いろいろ考えた末に予約を止めたところ。そこに何の縁があってか、連れて来られる羽目に。
仕方ないと割り切ったので、どこでもよかったがScenery Guesthouseの女主人はえらくここを勧めて、何度も「どうする?良いところでしょ?」などと言っている。「ウン」と即答えようものなら、翌日の朝とんでもない額を請求されるのがオチ。だからしつこく「Scenery Guesthouseより高くないよね?高いなら他に行く」と確認してこのBlack swanにチェックイン。たった一人のチェックインの為に、Scenery Guesthouseの女主人、Black swanの女主人、メイドさんと勢ぞろい。何かクレーマー扱いだった。

P1170817.jpg

早速シャワーを浴び、マセルのシティ・センターに戻る。戻ったらシティ・ツアーが待っている。あのリンダ(仮)も首を長くして待っているだろう。Black swanの女主人に聞くと「マセルまでは車で5分、歩いて10分」とサングラスを外して自慢げに言うが、そんな訳ねーだろ(笑)と。

P1170850.jpg

レソトの人は道を聞いた時もそうだったが、やや地理の感覚に欠ける人が多いのかも知れない。とはいえ、そんな距離タクシーを呼ぶのももったいないので、歩くことにした。

ところがこれが誤算だった。

続きを読む
posted by おかき at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

南アフリカW杯旅行記 第28歩 6/18 その2「リンダ(仮)との出会い」

どうせまた物売りだろうから断ろうと思い振り向くとそこにいたのは黒人の女性。「あ!」と彼女のことを思い出した。

話は前日に遡る。昨朝ブルームフォンテンのツーリストセンターに足を運んだ時の事。センター内で「レソトに行きませんか?」とレソトツアーの紹介で声をかけてきた女性がいた。自分は元々予約を取っていたのでそのツアーは断ったのだが、その時に声をかけてきたのが彼女だった。名前は知らないので、一先ず「リンダ(仮)」と呼ぶ。

P1170794.jpg

リンダ(仮)に「マセルに歩いていく」というと、「危険だからよした方がいい」と忠告される。現地の人間のいう事に従うのが、基本的に海外旅行では、特に一人旅では得策。プライベートタクシーではなく、相乗りのタクシーでマセルに向かう。運賃は彼女が交渉してたったのR5=60円。手元にR5がなかったのでR20を払うと、R5しか返さない。「R5なんだから残りを払え」というと、面倒臭そうにM10を払う。
ここレソトはレソトの通貨ロティ(複数形はマロティ)と南アフリカのランドの両方が流通している。だから、マロティで残りをもらうとレソト内で消費しないといけないので複雑な気持ちになる。

P1170774.jpg

リンダ(仮)はというと、南アフリカから連れて来たツアーのお客さんのガイドをしていたのだが、自分が相談している間に客を見失い途方にくれていた。そんな彼女に申し訳ない思いを抱きつつ、自分はマセル市内にあるシティ・センターに到着。外観はレソトのソト族が作る伝統的な帽子バソソ・ハットの形がモチーフになっている事で有名。
ここには旅行者にとって有益な情報、ゲストハウスのパンフレットやガイドなどの情報が揃っている。またお土産も沢山並んでいる。宿への地図をもらい、お土産を一通り購入して出ようとするとまたしてもリンダ(仮)が登場。

「行きたい場所があるなら教えてよ」

外国人だろうが物怖じせず話しかけてくる彼女。

続きを読む
posted by おかき at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

南アフリカW杯旅行記 第27歩 6/18 その1「南アフリカ最後の朝」

南アフリカで迎える最後の朝は、今回の旅で一番気持ちよいものだった。冬だから肌寒いが、透き通る様な空気が心地よい。少し遠くを見ると草原が広がる。眺めが良い。やや高地にあるブルームフォンテンのまたそのやや登った丘の上にこのゲストハウスはある。清清しい気持ちになった。

P1170730.jpg

ところがその空気も午前7時までで吹き飛んでしまう。予約していたはずのタクシーが来ない。この為に無理を言って朝6時から食堂を開けてもらい朝食を済ませておいたというのに。一応自分で電話したが、どうにもこうにも来る気配がない。
仕方なくゲストハウスの人に相談して、タクシーを呼んでもらった。というか、タクシーが来るという事を確認してもらえた。もどかしい時間。窓の外と時計を交互に見つめる。たった数秒しか変わらないのに、もっと時間が過ぎている様に感じる。

P1170736.jpg

P1170743.jpg

そして、7時45分ギリギリの時間にタクシーはやってきた。8時のバスに乗る必要があると伝えたところ大急ぎで車を飛ばしてもらうが、平日のこの日は朝から混雑して思ったように進まない。途方に暮れそうな時に、運転手が奮起。アニメの様に車の列を縫うようにどんどん追い越していく。そして昨日15分かかった道を10分で戻ってきた。

P1170748.jpg

意気揚々とツーリストセンターに入るがどうも様子がおかしい。そこで「8時のバスは10分遅れです。」のアナウンス。

「またか。」

急いだ時に限ってその先は遅延したりしているんだよなぁ。こんな忙しい移動で南アフリカ最後の朝は過ぎていった。

続きを読む
posted by おかき at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカW杯 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする