最近の記事

2018年04月23日

2018年J2第10節 横浜FC-栃木SC「罰ゲーム」

バックスタンドに座っていたオーストラリア世代別代表であろう選手たちはこの試合をどう感じていたのだろう。彼らの姿勢を見ているとそれが答えだとよくわかる。想像以上の暑さで、ゲートの脇の日陰に隠れ、パーカーのフードを被り、プログラムなのか指示だからなのか90分そのスタンドにいなければならないからそこにいた。そんな風に思えた。彼らが唯一沸いたのは前半佐藤謙介の目の覚めるようなボレーシュートが栃木GKレオーニに弾かれた時だけだった。

IMG_1494.JPG

バックラインに負傷者が出て、このゲームは3バックで臨むことになった横浜。守備になると北爪が下りてきて4バック状態になるという約束事もあったが、急造策でこの辺りは前半次第に破綻するも、渡邊の献身的な守備で、栃木のキーマンの一人ペチュニクを封殺し、大黒を孤立させて決定機は僅かに抑え込んだ。守備の破綻はないが、攻撃はどうも噛み合わない。

IMG_1554.JPG

イバも栃木・服部の丁寧な守備で思うように前を向かせてもらえない。さらに、彼をサポートする選手がそばにいない。昨年なら野村が彼の周りを献身的にサポートすることで、イバからのパスも回りそれがチームに好循環を生んでいたが、今年は、イバからのボールをレアンドロ・ドミンゲスが受けても、また決める選手を探してしまっている。守備的に下がっている相手のディフェンスラインの前でボールを回してしまう理由はどこにあるのか。

IMG_1716.JPG

続きを読む
posted by おかき at 02:42| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

2018年J2第8節 横浜FC-アビスパ福岡「三ッ沢に棲む魔物」

後半4分カルフィン・ヨン・ア・ピンが下がっていく。前半クロスに飛び込んで接触した影響で右肩付近を痛めていた。後半もそのままプレーを続けたがやはりプレーできる状況ではなかったようで、退くことになった。
昨年10月の三ッ沢で行われた福岡戦がオーバーラップする。あの試合も試合中の負傷で、イバとカルフィン・ヨン・ア・ピンを途中交代せざるを得なかった横浜は、先制していたにも関わらずそこから3失点して敗戦。昇格レースに向けて大失速を招いた一つの要因となったゲームでもあった。この三ッ沢には魔物が棲んでいるのだろうか。



レアンドロ・ドミンゲスの悪魔の右足が火を噴いたのが前半12分、トラップして落としたボールの上り際を叩いたシュートはゴール右隅に向かっていく。福岡GK杉山も懸命に腕を伸ばすも、どうやっても届かないピンポイントなコースを衝いたボールはネットを揺らし横浜が先制。
福岡もそれで怯むことはなくゲームは進んだがペースは横浜にあった。3ボランチながら佐藤謙介が復帰してボールを縦につける選手がいるので、水戸戦の様に7人で守って3人で攻めるというようなことはなく、多くの選手がボールに絡みゴールに迫った。



ところが好事魔多し。前半30分、縦につけたボールのクリアが福岡・森本に出ると、武田・渡邊は置き去りにされ、ドリブルで持ち込まれて左足から放たれたシュートは横浜のゴールを捉えゲームは振り出しに。
一進一退ながら前節の大敗から考えると調子を持ち直して非常に良いバランスで戦っている横浜だったが、後半カルフィン・ヨン・ア・ピンが下がるとゲームはバタつきだす。
続きを読む
posted by おかき at 02:59| Comment(0) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

2018年J2第7節 横浜FC-ツエーゲン金沢「う、嘘だろ?」

まず、このゲームが行われる週で信じられないニュースが飛び込んできた。高丘の鳥栖への移籍である。ユースから横浜が手塩にかけて育ててきた選手が、シーズン開幕後に移籍。昨年守護神でありながら、今年はベンチにも入れない。GK山本はミスが目立つがその序列が変わることはなさそうだと判断したのだろうか。水戸戦ではベンチに入ったが、これは南の負傷の影響だろう。さらにユースには大内という世代別代表がいる事もクラブと高丘を後押ししたとも考えてしまう。

そんな信じられない嘘のようなニュースだったが、この試合もまるで嘘だろ?と言いたくなってしまうような無様なゲームをすることになった。前半あれだけ攻めてゴールを奪えないでいると、前半アディショナルタイムに金沢のコーナーキックから作田にゴールを許し、ハーフタイムを終えたばかりの後半4分にはまたしても金沢のコーナーキックから垣田にゴールを割られてしまった。



崩されたものではないだけに、まだ取り返す余地はあったが、この2失点はチームの何かを壊してしまった。2失点して最初に動いたのは、ボランチの中里を下げて松井を投入し、そのままボランチに。サイドやセカンドアタッカーでどんどん前に行くプレーを知っている身としては、全く合っていない。指示としては、渡邊の1ボランチをジャスチャーから読み取ったのだが、それでも前に顔を出したのはミドルシュートの時だった。

IMG_0807.JPG

そこから、さらに佐藤謙介を2トップの様な位置に入れ、カズを入れて野村を下げたことで前線は停滞するだけでなく、狭いところに人数をかけるだけでダイナミズムも何もない状況となってしまった。唯一北爪の突破だけが三ツ沢を沸かせたのだった。

IMG_0820.JPG

続きを読む
posted by おかき at 04:22| Comment(2) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

2018年J2第6節 水戸ホーリーホック-横浜FC「この路線の先には」

この試合の路線が、水戸戦だけにデザインされたものなのか、それともタヴァレス監督のやりたい路線なのかで、今後の印象は異なるものになる。



前者だった場合、新潟や水戸の様に前からプレッシャーに来るような運動量豊富なチームには現実的に3ボランチで対応して、失点しないゲームを狙っていくのがベースにあり、その中で相手チームを見ながら選手を組み替えていくことになるのだろう。
後者だった場合、今シーズンはこれから前線3人のカウンターだけに今年のシーズンの命運を賭ける様なサッカーになる事だろう。その位、水戸戦の内容にはインパクトがあった。



前者にしろ後者にしろこれらのシステムの鍵を握るのは、中盤の3のサイドの選手で、彼らは守備では相手のスペースを摘みつつ、攻撃時にはスイッチを入れる選手になる。タヴァレス監督は、この3人に守備的な選手を並べて守備の期待をしたが、サイドの守備は曖昧で、ボランチが埋めにいくが距離があり、サイドバックが出るには裏にスペースを大きく開けてしまうため、水戸のサイドの選手が比較的自由だった。また、右サイドバックの川崎もパフォーマンスは良くなく、後半相手の息切れがなければ炎上していただろう。



続きを読む
posted by おかき at 20:45| Comment(2) | 横浜FC2018観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする