最近の記事

2016年10月09日

2016年J2第35節 横浜FC-Vファーレン長崎 「雨降って地固まりすぎた」

「ここ侵入されたらどうすんの?」後半野崎がベンチに叫ぶ。前半リードで終えた横浜は、後半長崎の攻勢を受け止める時間が長くなった。監督や選手が口々に言うように、チーム全体が「はっきりしない」戦いになっていた。2点を奪うまでの躍動感はなかった。後半日が差したのは長崎だった。

IMG_0526.JPG

前半から良くない傾向はあった。相手ボールが低い位置にある時に野崎はロングドライブでサイドバックもサイドMFにもプレスに行っている。潰れるまで飛ばすのはやり方としてありだが、根本的にそこが閉まってないのはなぜだろうと。前線と後ろが開いてしまっていた。前半からこの傾向があるのは2点差の余裕をどうするかが明確でないからだと考えていた。

それが現実のものとなったのが後半。長崎のパスワークで横浜はバイタルエリアを切り崩される。ここでボールを奪っても前線に走りこむ選手も少ない。守備では野村、野崎が引っ張られてギャップを作られてと厳しい展開が続く。

IMG_0629.JPG

「セットポジションをしっかり取って守り、そこから攻撃に」と中田監督が話したことが逆に選手たちの足を重くしてしまった。ブロックやポジションを意識しすぎる余り、裏に蹴る事も少ないし、押し上げもないからセカンドボールも奪えなくなった。

続きを読む
posted by おかき at 02:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする