最近の記事

2016年10月17日

2016年J2第36節 水戸ホーリーホック-横浜FC 「二段ロケット」

J1昇格プレーオフ圏内まで残り6試合で勝ち点差を10としてしまう絶望的な引き分けとなった。

横浜は天皇杯・長野パルセイロ戦の後の讃岐戦から勝利を奪えないでいる。内容も芳しくない。もっと言えば今までずっと修正されてこなかったミスでそのまま失点につながっている状況だ。中田監督も毎試合の様に修正を口にしているが改善される気配はない。
夏場はそれでもまだ監督交代直後で対戦相手もスカウティングできていない部分もあって勝利を重ねることができたと思う。また9月以降はけが人も増えて選手のやりくりも難しくなった。
その中で讃岐、愛媛と四国の連戦で勝ち点1すら挙げることができないまま京都、町田に置き去りにされてしまった。

IMG_0812.JPG

前節の長崎戦も追いつかれてのドローと下降気流に如何に抗うか。そういう意味では、この試合は順位も下で比較的組みやすい水戸のはずだったが、積極的にプレッシャーをかけてくる水戸の前に前にボール運ぶことも難しく、押し込まれる展開を続けてしまう。
前半26分には水戸・兵働のFKに水戸・細川が合わせて先制。横浜は大崎がマークを放してしまいフリーでゴールを許した。大崎のこうしたミスは今に始まったことではないが、野上を移籍で放出し、デニスは怪我の影響もあり日本のサッカーに順応できず夏前に退団。代わりになるべきセンターバックの層が薄いから仕方ないのだろう。

IMG_0899.JPG

横浜は4-4-2のシステムなのだが、野崎がどうしても内に絞って守備を始めるおかげでいつも右サイドが空いてしまう。前半こそ彼の走力で大きな破たんは生まれにくいが、後半になるとここの電池が切れる。かと言って、彼が内にいないとセカンドボールを拾えないという難しい状態。
つまり津田が機能していないだが、ここに大久保を起用すると後半のパワープレー要員がいなくなり、カズでは運動量やスピードに欠ける。駒が揃っていない。

IMG_0945.JPG

その中でも野村が見せた。前半42分、野崎とのパス交換から右足を振りぬくと左に曲げたシュートがゴールに突き刺さって横浜が同点に追いついた。

続きを読む
posted by おかき at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC2016観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする