最近の記事

2020年11月28日

2020年J1第29節 横浜FC-清水エスパルス「新しいトライの前に」

この試合は、累積警告で出場停止となった手塚不在の中で、横浜はどうやって自分達でボールを保持するのかという点にフォーカスしてスタジアムに向かった。先の広島戦では、3-4-2-1のミラーゲームに持ち込み相手の長所を消しながら、攻撃時には4-3-3の様な形でボランチがスペースを作りながら、あるいは埋めながら前進するスタイルで今季2敗している広島相手に互角の戦いとなった。

ところがスタートから驚いたのは私だけではないはずだ。試合開始5分に失点すると、直後の6分にも失点。秋のナイトゲームというだけでも寒いのに、それに輪をかけて体温を下げる様な重い重い2失点でゲームは幕を開けたのだった。



横浜は4バックでボランチが落ちないでゲームを組み立てようとしている。これまでは、センターに佐藤謙介や手塚が落ちてリズムを作りながら組み立てていたのだが、この試合ではそれをせず一枚前に残したままでトライしている。2枚のセンターバックと1ボランチの関係でどうビルドアップするか。枚数が足りないからここで踏ん張って2枚で出来るとという思いは理解できるが、その思いは開始早々打ち砕かれた。

特に2点目。南から安永への縦パスを清水の2人の選手のプレスで奪われてそのままミドルシュートを決められた。シュートを止められたのではという部分よりも、奪われ方がこのシステムがまるでなじんでいない事を示すと同時にまだ安永一人では厳しいという見方をせざるを得なかった。左利きの選手であれば、自分の左から来るボールに対してはダイレクトで自分の前方に捌く、あるいは左足のアウトサイドでトラップして収める事が出来る。右利きの選手が、内側でトラップしてしまうと右に運ぶにはスキルが必要で、足元で収めようとした瞬間を狙われプレスバックで奪われてしまった。



続きを読む
posted by おかき at 14:41| Comment(0) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

2020年J1第27節 サンフレッチェ広島-横浜FC「鏡を割れ」

神戸戦の勝利から1週間、正確には中5日で迎えたアウェイ広島戦、キックオフの笛と同時に驚きがあった。3バックを採用。今シーズン広島に2戦2敗を喫したチームに変化を求めた結果なのか、あるいはそれとは関係なく用意してきたものなのか。
広島も3バックで3-4-2-1を敷いている事からこれはいわゆるミラーゲームとなった。

ミラーゲームにする意図は何か。一般的にミラーゲームにすると、同じシステムなので短所も長所も出にくくなり戦術上の優位性が下がる。ただし、同じシステムということは選手個々の力の差が出るシステムでもあると言える。そこで横浜は単純に3バックをそのままという訳ではなく、守備時は3バックに2人のウィングバックを加えた5バックで受け止め、攻撃時は袴田を左サイドバックに見立てて4バックでゲームを展開した。

先制点は幸先よく横浜にこぼれた。コーナーキックの跳ね返りを手塚がクロスを入れると、ファーサイドでマーカーを外した小林がヘディングでゴールに叩き込む。前半10分に先制した横浜はそこからやや優位にゲームを進める。相手のプレスを剥がして、前進。決定機までは中々持ち込めないものの、中盤を支配していた。



ところが、横浜の弱点、飲水タイム明けに失点してしまう。前半28分中盤からのロングボールで裏に飛び出した広島・エゼキエウを捕まえる事が出来ずにそのままゴールを許してしまう。緊張感が切れた終盤で失点を重ねる事が多いが、飲水タイム明けの失点も横浜は多い。中盤から蹴ってくると想定していなかったのか、ラインコントロールの隙を衝かれてしまった。

失点してもそれ以上慌てる部分がなくなってきた印象。むしろ、淡々と広島のプレスを剥がして前進し、手塚を中心にボールを回してギャップを作って相手の隙を伺う。




続きを読む
posted by おかき at 00:09| Comment(0) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

2020年J1第28節 横浜FC-ヴィッセル神戸「自分たちに転がった」

後半アディショナルタイム4分、神戸のコーナーキックを詰めていた山口蛍のミドルシュートは田代の足に当たり枠から逸れていった。ロシアワールドカップ最終予選のイラク戦に似たシチュエーションで、山口が右足でプッシュ気味にフリーでシュートを放った時は失点を覚悟した。こういう混戦の時のミドルシュートは得てしてゴールにこぼれやすい。でもそうはならなかった。横浜は2-1で神戸を破った。

「自分たちに転がった」下平監督はこのゲームの交代策をそう表現した。交代は良くなる場合もあれば、意図せず悪くなる場合もある。第26節の大分戦ではリードしつつも押し込まれている状況で守備的な策を敷いて、後半アディショナルタイムに逆転を許してしまった。その反省からだろうか、中盤や守備のラインで人数を増やすことをせず、4-3-3から4-4-2というシステム変更と、レアンドロ・ドミンゲスの起用で勢いを継続させた。
もう一つ、この試合でシステムが柔軟に稼働させられたのは、右サイドに中山とマギーニョが揃い、瀬古を本来の中盤で使う事が出来た事。前半は3ボランチというよりもインサイドハーフ的に、後半はダブルボランチの一人としてプレーし、最後は左MFとしての起用だった。前半イニエスタに交わされるシーンもあったが、守備意識の高さで決定的なプレーは許さず、後半は自分で持ち上がりチャンスも演出した。



前半横浜のプレスが嵌らなかったのは、4-3-3のシステムが機能せずボランチの脇のサイドをずっと突かれていたからだ。神戸と同じようなシステムだったが、このエリアの整理が出来ていなかった。開始9分の失点は、神戸の右サイドバックを誰が捕まえに行くのか判断が遅くなったところで裏を衝かれ、その折り返しを走り込んできた神戸・郷家にダイレクトボレーのシュートを決められてしまう。その直前にも同じ様な形で決定機を作られていたが、修正できなかった。無論、イニエスタの存在もあり複数でケアにいくとギャップを作られてしまう。

先制を許して流れが神戸にいきそうなところで、その2分後一美と齋藤でワンツーは出来なかったが、神戸・山川のクリアが一美の足元に転がって結果的にワンツーとなり、難なく一美は神戸ゴールを陥れた。



後半4-4-2にして中盤を組みなおして役割を整理した事で神戸の攻撃を遮断できた。前半はここで引きずられてしまい、攻撃らしい攻撃はなかった。ボールを奪う位置が低いので持ち上がっても、味方との距離感に苦労した。後半神戸の郷家はボールに絡む回数が減り、イニエスタもボールを持った時こそ緊張感あるが、低い位置でパスを捌かれるのは怖くなかった。神戸は、ACLを見据えている部分や、負傷で古橋を欠き攻撃陣は鋭さがなかった。

続きを読む
posted by おかき at 15:12| Comment(0) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

2020年J1第26節 横浜FC-大分トリニータ「おそまつ」

お粗末な結果だった。2点を先行しながら最終的には、後半アディショナルタイムの失点で2-3の逆転負け。ただの逆転負けというよりも、そこまでの過程も最悪なものだった。

前半横浜は非常に良い立ち上がりを見せる。前節の湘南戦から齋藤功の立ち位置に修正がかかり、彼は縦関係を意識するよりも、3ボランチの一つを意識してゲームを作りつつ、フィニッシュまで顔を出すことを意識した結果、横浜はスムースにボールを動かし続ける事が出来た。湘南戦では、縦でボールを受けて捌こうとしすぎた結果、低い位置からボールが回らなくなり、苦し紛れで左右の裏にボールを蹴り込むばかりになってしまった。
横浜の調子の一つのバロメーターは手塚の状態。彼がボールをどれだけエレガントに触れていられるか。スペースに顔を出してボールを捌いて動いてを繰り返しながらギャップを作っては、自分達の形を作ろうとする。ボールを保持するという自分達のコンセプトを体現している。



大分もボールポゼッションしたいチームだが、この日の前半は横浜のボール回しにプレスが掛からない。横浜は4-4-2の戦いから4-5-1に近い形にしたことで、中盤でのボール争いで優位に立った。

前半29分、右サイドから手塚の入れたボールを田代が懸命に足を伸ばしてゴールに転がした。その直前にも同じ様な形でチャンスを迎えており、狙った形通りにゴールを奪えた。続けて、前半32分、瀬古のクロスを2列目から飛び出してきた齋藤がヘディングでゴールネットを揺らす。
これで2-0。前節やその前の札幌戦の内容と比較して、テンポよくボールが回っている。横浜は良いフィーリングでゲームを進められていたはずだ。



ところが2点目を取った後から次第に大分の攻撃を受け始めてしまう。そういう不穏な空気の中で、コーナーキックから失点。前半終了間際の43分。横浜の流れに冷や水を浴びせることになるお粗末な失点だった。

続きを読む
posted by おかき at 18:25| Comment(0) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

2020年J1第25節 湘南ベルマーレ-横浜FC「勝難乃風」

前半が終わった段階での感想は「ポジショニングミスがなければ、負けはない」だった。湘南のサッカーは、前線の指宿に当てるところから始まるのだが、彼を小林が食らいついて自由にさせない。右サイドは瀬古がほぼパーフェクトに抑えている。タリクは、ヨーロッパにいがちなセカンドトップだが、横浜に以前所属していたロク・シュトラウスとも似て前を向いてボールを持たせた時には可能性はあったが、オフザボールではスペースに走り込むでもなく機能しているとは感じなかった。むしろ岡本の攻撃参加の方が断然迫力があった。如何に指宿に仕事をさせないか、ほぼその1点だけだった。



横浜は、負傷者続出。公式に発表されているだけでも武田、松尾、佐藤。札幌戦も欠場した松浦も引き続き欠場。状況は不明ながら袴田、マギーニョも欠場と満身創痍。俊足の杉本、中山の2人が入った事で、後ろでボールを回しつつ、タイミングを見て長いボールを入れるサッカーを展開した。松尾、松浦の場合は彼らの足元に付けてというところがベースにあるが、この日のサッカーだと両翼の2人を活かしてチャンスを作るにはこの方法が適切なのだろうが、全体的にショートカウンターぽくなってしまい、横浜はその後の有効な手を欠いた。裏に抜け出すことは出来ても距離感が悪く敵陣深くでチャンスを作れなかった。
後ろでつなぐ意識もあるのだが、両翼の裏のスペースもあるとなった時に、チームが全体的に規律を欠き、ボールを動かして相手を動かしてそこに自分達が入ってボールを繋ぐのか、裏のスペース目掛けて蹴るのかが曖昧でどっち付かずの印象だった。齊藤もセカンドトップの様なポジショニングをしつつも降りてきてボールを捌こうとするが、中盤の人数が多くなりバタバタしてしまうだけだった。スタメンクラスの選手を何人も欠いて戦い方の変更を余儀なくされた中で、横浜は我慢を強いられた。



それでも、前半31分クロスに飛び込んだ杉本のヘディングは、ポストを叩いた。ゴールにはならなかったが、クロスに対して逆サイドの選手が入っていけるのは調子が良い証拠でもある。ただ、中々サイドから折り返してという形にならない。それ以外は両チームとも殆ど決定機はなく、時間は流れていく。お互いに下位にいるチーム同士だというのが、きっと初めてスタジアムに来た方でもわかってしまう様な低調な試合になった。

後半少しずつオープンな展開が増える。横浜はサイドの攻撃を良しとして戦いを進め、中山の飛び出しからのシュートも湘南・谷に弾かれてしまう。その谷のビルドアップのミスを突いて、ボールを奪った齋藤がループシュートを放つが枠を捉えられない。チャンスを決められないと徐々に流れが悪くなるのはサッカーの常。横浜も瀬沼、草野とフレッシュな選手を入れて終盤に勢いを出しにいった直後だった。



後半39分、湘南は裏に抜けた指宿にロングボールが渡ると右足を振り抜きボールはゴールネットを揺らした。小林はマークしていたものの、ロングボールを蹴る瞬間に前に出て、指宿を完全に放してしまいフリーでシュートを許してしまった。小林は前にいた選手にボールを付けると予測して身体を当てにいったのだが、裏を突かれてしまった。ロングボールのミスは柏戦でも川崎戦でもあって、ボールの落下点と相手の位置や意図との関係性を先読み出来ずにいるケースがある。
もう一つは、彼が湘南の前の選手をなぜ捕まえに行ってしまったのかも考えなければならないだろう。札幌戦で最初の失点、ジェイが最前線から降りた時にマークが一瞬外れ、そこを使われて失点した。それが蘇ったのか、彼がそこをケアした結果今度は裏で自由にしてしまった。では、ここのマークは誰が面倒見るのか。整理されていないのか、整理されているが出来なかったのか、なんだかんだJ1も25節まで進んでいる中で、縦に付けるボールを整理できていないとは思えないのだが。尤もそこに入れさせてもOKにしていると言えなくもないが、中盤の選手達の動きを見ていると敢えて開けている風でもないし、それだと小林がケアをしようとしたことと整合性が取れない。



ボールを保持するというコンセプトに基づいて筋の通った戦いを構築するのは賛成だが、守備において失点が多いのは否めない。不運とか、ちょっとどうしようもない失点はともかく、こうしたミスからの失点が止まらないのが現実。




失点してから横浜は皆川を入れて大柄な2トップにしてサイドを斉藤、草野とスピードのある選手にしシンプルにゴールに向かったが、決定的なシュートも、またしても湘南のゴールポストに嫌われて同点にならず。そのままタイムアップ。ミスがなければと感じていた唯一のミスで失点し、横浜はそのまま敗戦となり連敗。

負傷している選手を多く抱え、理想のサッカーが出来ない点もあるが、それはチームとして層が厚くない事の裏返しでもある。そういう中で活路を切り開いていくしかない。ボールを保持する意識は出来ている。課題は相手の勝負を仕掛けてきた時のペース。相手は湘南ではなく勝難乃風。物事を達成するのに困難な風が吹いている。その風の中でも私たちは進んでいく。残り9試合となった2020年のJ1リーグ、今年は降格はない。そういう意味で、こういうゲームを来年の糧にする。来年は糧ではなく、勝てにする。続きを読む
posted by おかき at 13:19| Comment(0) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする