最近の記事

2020年11月05日

2020年J1第26節 横浜FC-大分トリニータ「おそまつ」

お粗末な結果だった。2点を先行しながら最終的には、後半アディショナルタイムの失点で2-3の逆転負け。ただの逆転負けというよりも、そこまでの過程も最悪なものだった。

前半横浜は非常に良い立ち上がりを見せる。前節の湘南戦から齋藤功の立ち位置に修正がかかり、彼は縦関係を意識するよりも、3ボランチの一つを意識してゲームを作りつつ、フィニッシュまで顔を出すことを意識した結果、横浜はスムースにボールを動かし続ける事が出来た。湘南戦では、縦でボールを受けて捌こうとしすぎた結果、低い位置からボールが回らなくなり、苦し紛れで左右の裏にボールを蹴り込むばかりになってしまった。
横浜の調子の一つのバロメーターは手塚の状態。彼がボールをどれだけエレガントに触れていられるか。スペースに顔を出してボールを捌いて動いてを繰り返しながらギャップを作っては、自分達の形を作ろうとする。ボールを保持するという自分達のコンセプトを体現している。



大分もボールポゼッションしたいチームだが、この日の前半は横浜のボール回しにプレスが掛からない。横浜は4-4-2の戦いから4-5-1に近い形にしたことで、中盤でのボール争いで優位に立った。

前半29分、右サイドから手塚の入れたボールを田代が懸命に足を伸ばしてゴールに転がした。その直前にも同じ様な形でチャンスを迎えており、狙った形通りにゴールを奪えた。続けて、前半32分、瀬古のクロスを2列目から飛び出してきた齋藤がヘディングでゴールネットを揺らす。
これで2-0。前節やその前の札幌戦の内容と比較して、テンポよくボールが回っている。横浜は良いフィーリングでゲームを進められていたはずだ。



ところが2点目を取った後から次第に大分の攻撃を受け始めてしまう。そういう不穏な空気の中で、コーナーキックから失点。前半終了間際の43分。横浜の流れに冷や水を浴びせることになるお粗末な失点だった。

続きを読む
posted by おかき at 18:25| Comment(0) | 横浜FC2020観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする