最近の記事

2013年11月15日

七尾城に登ってきた

七尾城と言ってもピンと来ない人がほとんどだろうなぁ。行くと言っても「どこ?」「へ〜(知らんけど)」みたいな事を何度も言われる。戦国時代においてこの城は地味だ。一般的には上杉謙信が能登に攻め込みこの城で畠山氏と戦った位しか知られていないだろうし、それすら知らない人の方が多いかも。またこの畠山氏がマニアック。信長の野望でもやってないと知らないほどマイナー。歴史を遡ると名家であるが、悲しいかな戦国時代では勝者しか認知されない。

DSC03189_20131109.jpg

そんな畠山氏の居城が七尾城。当主は地味な存在ではあるが、城は日本五大山城に数えられるほどの城で、無数の尾根に砦が築かれた大規模な山城は、侵攻した上杉謙信ですら美しさ、壮大さに詩吟を読んだと言われている。七尾というのは七つの尾根という意味であり、城自体はその中の松尾に築かれた。

DSC03187_20131109.jpg

また当時は山麓に千門万戸が広がり、単純な城というよりも居住区兼城郭だったと思われる。八王子城なども山城で武家屋敷などは麓にあるが、七尾城では上級武将の屋敷は二の丸、本丸付近にあるという部分で城郭都市に近いものだったのかも知れない。

DSC03197_20131109.jpg

DSC03222_20131109.jpg

この城も上杉謙信が接収した後は、織田信長の手に渡ったが、山城の時代は過ぎており前田利家は七尾城の麓に小丸山城を築いてそこで執政をした。利家の嫡男・利政が入るも江戸時代を前に廃城に。逆にそうなったから、今でも非常に保存状態が良いまま残っている。城が現代までどういう姿で生き残るかも紆余曲折がある。

山城だけあって登りは急峻。それでも八王子城のように見上げる程ではなく、ピクニックの様に快適。1時間程度あれば車がなくても登り切れるだろう。七曲がりは急な角度をジグザグ登らされる。こういう部分をとって見ても、上杉軍の侵攻に200日以上耐えた七尾城の堅固さが伝わってくる。

DSC03243_20131109.jpg

DSC03238_20131109.jpg

本丸近くの調度丸から見上げると素晴らしい風景が目に入ってくる。石垣は高くないが、野面積みを重ねて乱立している杉?が時代を感じさせる。森林浴ではないが、山城の素晴らしさはこの辺り。自然の中に残っている戦いの跡を見るために、山城に登っている。

DSC03250_20131109.jpg

そして、本丸。遠くに日本海を臨む景色。隣の山に展望台があるからそこから一望出来るだろう日本海は素晴らしいだろうなぁ。本丸は神社と石碑しかないが、気にならない。天守閣を登るだけが城巡りではないからね。

DSC03223_20131109.jpg

七尾城は、七尾駅からバスで15分程度乗り、城史資料館前で下車。そこから1時間程度歩くと本丸に到着する。思ったよりも時間はかからなかった。行ったこの日能登地方は穏やかだった。畠山氏が滅亡する前の50年近く平和だった時の空気ってこんな感じだったのかなぁなんて思いながら城を下って、七尾を後にした。
posted by おかき at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポートありがとう。謙信ファンだから行ってみたいと思いつつ、まだ行ったことがない。当時の地形がよく残っているようだね。都市化せず開発されていないようだし。
Posted by kalbirex at 2013年11月25日 19:18
久しぶり。

行った事ないのか。
車で行くなら駐車場も中腹にあるけど、
下から尾根沿いに歩く方がやっぱ山城って感じする。

廃城が早かったから、放置状態で残っていたのが幸運だね。
Posted by おかき at 2013年11月27日 12:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック